春を求めて奈良県・七色ダムへ!

こんにちは、谷口です。

春を求めて奈良県・七色ダムへ行ってきました。

 

一足早く動き出すデカイバスをサイトで仕留めたいなぁ〜〜〜と思い、朝イチに向かったのは大又川バックウォーター。

 

ワラワラと見えバスが居てると思いきや、見える魚はかなり少なく、居ても動きが早く、狙い難い状況でした。

 

しかしサイトの練習と思い、少ない個体を探しながら3時間ほど頑張ったのですが、チャンスもなく日が上がるとともに数少ないバスも姿を消してしまい断念。

 

少し下流に移動してしまったかな〜と思い、バックウォーター近くまで戻り、サンドバーをチェックするとバイトの嵐!

 

一瞬熱いポイントでは!?と思ったのですが、バイトに違和感を感じていると…、やはり違う魚種でした。

 

 

 

 

午後からはエリアを大きく移動して西ノ川へ。

 

人気エリアでプレッシャーは高いですが、ここもいち早く春を感じられるポイントです。そんな中で岩盤、立木、レイダウン、オーバーハングが絡む複合ポイントに数匹のバスを発見!

 

しかし超天才君で色んなリグを投入しましたが、反応はイマイチ…。

 

唯一ピクピクに反応があったのでアクティブ・MSトーナメント1/64ozのネコリグをオーバーハングに引っ掛けて提灯釣りでアピールすると1番デカイ奴がバイト!

 

ラインブレイクしないようにイメージはしていたのですが、一瞬のツッコミで対処出来ずにラインブレイク…。

 

その後は全く相手にされず、風も強くなってきたのでサイトフィッシングは諦めました。

 

このまま帰るのは寂しいので、春一歩手前のミドルレンジのバスに狙いをシフトし、アクティブ・DSトーナメント 1/16ozのダウンショットミドルサイズのバスを3本釣って終了。

 

 

 

 

今回は、狙いの見えバスを釣ることが出来ませんでしたが、次回はリベンジ報告したいと思います!

 

サイトフィッシングで少しルアーを沈めたい、アクションを抑えたいって時にお勧めなのがアクティブ・MSトーナメント1/96oz、1/64oz、ダウンショットではアクティブ・DSトーナメント 1/32oz、1/20ozです。

 

 

 

 

特にDSトーナメント兇蝋眸羹であることからシルエットも小さくなっているので余計なプレッシャーも軽減できますよ!

 

 

 

MSトーナメント 1/96oz

 

 

MSトーナメント 1/64oz

 

 

 

 



アクティブ・ホームページへ


RSトーナメントとDSトーナメント兇了箸なけ!

こんにちは、谷口です。

極寒の中、NBCチャプター池原・第1戦に参戦してきました。


前日プラクティスは午前中に用事があったので午後の数時間のみでした。

 

じっくりポイントを探る時間はないので、エリアをボート昇降場から近い前鬼筋と本流筋に絞ることに。それでも16時までのルール制限があるため気ばかり焦って、集中したプラクティスにはなりませんでした。

 

大会当日は、前日に辛うじてバスからの反応を得た前鬼筋の入り口の岬へ。先行者の選手に許しを得てポイントをシェアさせて頂きながら狙ったのは、岬の先端の水中立木とスタンプ。

 

 

水深は12〜14m。

 

 

アクティブ・RSトーナメント1/8ozのダウンショットでバーチカル気味に探っていると着水とほぼ同時にバイトが!

 

立木に巻かれないよう沖に誘導して無事にランディング。ディープの魚には必須アイテムのアクティブ・エア抜き針Lでエア抜きを施して1本目。

 

 

 

 

しかし極寒の厳しいこの季節、後が続かずポイント移動することに。移動したポイントは本流筋の立木群と沖のフラットエリア。

 

ここでは立木群ではすり抜け重視のアクティブ・RSトーナメント、フラットエリアでは感度重視のアクティブ・DSトーナメントとシンカーを使い分けてダウンショットで探っていきました。

 

 

 

 

しかし、ベイトが入ってきておらず反応のないまま時間が過ぎ、残り時間も僅かに。最後の悪あがきで再度、前鬼筋の岬へ。

 

朝と同じようにアクティブ・RSトーナメント1/8ozのダウンショットを立木に絡めて落とし込むと奇跡のバイトが!

 

サイズは奮いませんでしたが何とか2本のバスをウェイインする事が出来ました。

 

 

 

 

結果は10位。

 

 

次戦は池原らしいビッグバスをウェイインして良い報告をしたいと思います。

 

 

ダウンショットのシンカーですが、シチュエーションにより使い分けることで釣果に大きな差が出ると思いますので試してみてくださいね。

 

特に根掛かりはポイントを潰してしまうことになりすし、地形を体感できる事は集中力を高めることになりますので、すり抜け重視のアクティブ・RSトーナメント、感度重視のアクティブ・DSトーナメントの両方持ってフィールドへ!!

 

 

 

 

RSトーナメント 1/8oz

 

 

RSトーナメント 1/11oz

 

エア抜き針 L

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・DSトーナメント兇蚤塰召裡栄ぁ

こんにちは、谷口です。

日本一開催の早いNBCチャプター奈良に参戦してきました。

 

開催地は奈良県・七色ダムです。

 

気温はマイナス、水温はもちろん一桁と極寒の湖の状況ではありますが、水量が多いリザーバーであるため、急激な水温低下や変化等はなく比較的安定していることから他のフィールドよりはバスの反応があるリザーバーです。

 

前日プラクティスでは気になるポイントをランガンし、釣れたのは2ヵ所で1本づつ。確実にバスは居てるが、やはり簡単には口を使ってくれない状況でした。

 

そして大会当日。

 

向かった先は昨日釣れたポイントの1つの大会会場前。水深15mの沈み物や小さな立木周辺をすり抜け抜群のアクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットで探ると早々に小さなバイトが…、しかしフックアップならず。

 

その後、反応がなくなったので少し移動して水深16mのディープフラットへ。


ここではフラットの中でも小さな地形変化等を感じるためにアクティブ・DSトーナメントのダウンショットに。

 

 

 

 

このシンカーの特徴としては焼結タングステンでスイベルを使わずハリス止めを直接埋め込んでいるために感度がバツグンに良いところです。

 

リザーバーは地形の変化やストラクチャーが多いフィールドなのですり抜けが良いアクティブ・RSトーナメントが必須アイテムですが、フラットエリアを攻める場合にはこのアクティブ・DSトーナメントの出番かなっと!

 

そして魚探でベイト、バスの反応を見ながら探っているとバスらしき魚影が…素早くアクティブ・DSトーナメント 3/16ozのダウンショットを落とし込むとバイトがあり、慎重にやり取りし待望の1本。

 

ディープの魚であるためアクティブ・エア抜き針Lでエア抜きをしてライブウェルへ。

 

 

 

 

この調子でリミットメイクはいけるのでは!?と思ったのも束の間、その後はバイトすら無い状況。小移動を繰り返しながら頑張ったのですが思いに反して1本のみでタイムアップ。

 

 

 

 

結果は24位でした。

 

今回使用したアクティブ・DSトーナメントですが昨年末からリニューアル発売されております。ウエイトも1/32oz(0.9g)〜3/16oz(5.0g)とバリエーション豊富で、感度も抜群なので皆さんも是非お試しください!

 

価格もお財布に優しくなってますよー!

 

 

 

RSリザーバーシンカートーナメント 1/11oz

 

エア抜き針 L

 

 



アクティブ・ホームページへ


2018年初バス!

こんにちは、梅田です。

1月に初バスを求めてリザーバー型野池へ出撃してきました。

 

寒さに身を振るわせながらジョンボートのセッティングを済ませ、まずは越冬場となる定番のディープエリアからスタート。

 

水温は6℃台、例年の同時期よりも3℃以上も低い。

 

魚探にはベイトの反応が薄かったが、ハードボトムと地形変化が複合するトップ4mのハンプにアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットを落とし込み、半ドラッキングで探っていきました。

 

 

そしてハンプのショルダー6m辺りで生命感を捉えてフッキング!

 

小さいながらも幸先良く2018年初バスをゲット!

 

 

 


同ポイント付近で立て続けに数匹追加したが、アタリがピタリと無くなったので、隣接する水深9mのフラットへ移動し、少しベイトの反応があったのでリアクション狙いのメタルゲームへシフト。

 

魚は居るはずなのに全く釣れず、フォローのダウンショットを投入するとバイトがあり、フッキングするもスッポ抜けが多く、粘って釣り上げたのはギル数匹と複数の小バス。

 

 

 

 

昼前に風が強くなってきたタイミングでディープを見切り、一旦陸に上がりランチタイム。温かいカップラーメンで腹を満たし、ホットコーヒーで更に体を温め、午後からは大型の個体を狙いシャロー勝負。

 

ビッグベイト、スイムベイト、アラバマリグをメインに、立ち木などのカバーにはラバージグをタイトにねじ込み、インパクトの強い攻めで探るもバイトどころかチェイスすらなし。

 

日中さらに風が強くなり水温もほとんど上がらない状況で、シャローへ魚が差しにくいと判断し、夕方に再度ディープエリアへ移動。

 

午前中には探ってなかった陽当たりの良いワンドの沖7mラインで30cmクラスを数匹追加して終了としました。

 

 

 

 

この日は、メタルでのリアクションよりもライトリグによる繊細な喰わせが正解だったようで、底ベタに居るバスをショートリーダーのダウンショットで丁寧に誘うのが正解だったようでした。

 

シンカーはすり抜け&感度抜群のアクティブ・RSトーナメントを使用。 基本は1/11ozで、風が強くなった午後からは1/8ozを多用しました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


2018年の釣り初め!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

寒くても釣りに行きたいミラクル谷田です。

 

さて、1月初旬に近隣の港へ初釣りに出かけてきました。私の住んでいる日本海では、冬は大荒れで釣りが出来る日が限られてしまいます。

 

この日も西風による波を避けるため、西側に山がある港を狙って釣りに出かけました。気温は2℃。防寒具に身を包み、時折降る小雨にメゲずに準備をします。

 

初釣りボーズは免れたいので、リグは信頼のアクティブ・ZAGヘッド3gをセット。このジグはアイの位置が後方にあるため、藻にヘッドが突っ込む事なく、プルンプルンとかわすことが出来ます。

 

 

キャストを初めて数投、ゆっくり巻いていると足元で初バイトを捉えました。

 

 

今年の初フィッシュは、大きな瞳がかわいいメバルちゃん!!

 

 

 

 

 

続いて小刻みなボトムバンプで大物をかけましたが、しばらくファイトした後に残念ながらフックオフ…。気を取り直して、小刻みにバンプを流していると、ガッツリバイトで喰わしたガシラさん。

 

 

 

 

 

続いて、

 

 

続いて、

 

 

…。

 

 

なぜか、後が続かなくなっていまいました…。

 

 

ふと水面に目をやると、何やら大きく長い物体が見えたのでライトで照らしてみると、メーター超えのサメがウロウロしています!!!

 

 

 

あちゃーーーーー!!

 

 

 

サメが出ると魚さんたちは身を隠すため、この日の釣行はお開きとしました。

 

 

皆さんも、アクティブ商品を持って釣りに出かけてみてくださいね♪

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・エア抜き針が大活躍!

こんにちは、森本です。

NBCチャプター池原・第1戦『エバーグリーンCUP』に参加してきました。

プリプラは極寒で雪の積もった日でした。

 

 

 

 

この日は微風で晴、水温・8℃、気温−2〜10℃という状況。 

 

白川筋・上流から釣りを始めましたが、なかなか魚には触れず、アクティブ・RSトーナメント、DSトーナメントの1/16、1/11ozを使用したダウンショットで気になるところを探っていき、本流筋・岬廻り、前鬼筋も上流まで探り、昼からは白川筋に戻って終了にしました。

 

 

そして試合当日、フライト順は一番最後でした。この寒い時期は各選手がどう動くのかを見ることができるので、自分的には有利かなと思いました。

 

各選手の大半は本流筋方向を目指していましたが、私は1日やりきるつもりで白川筋へ向かいました。プラで最後にアタリのあったワンドに到着。釣り始めてから1時間ぐらいたった時に違和感が!

 

フッキングしたものの、魚かどうかよく分かりませんでしたが、重みを感じながら確認すると魚でした。暴れることもなく静かに上がってきて無事にネットイン!

 

15〜20mから引き上げた魚だったのでお腹は空気でパンパン。アクティブ・エア抜き針でエアーを抜いてやると元気よくライブウェルの中で泳いでくれました。

 

その後もダウンショット、ライトキャロ、バイブといろいろキャストしましたが、時間だけがむなしく過ぎていきました。


今度は岬に向かってライトキャロ(アクティブ・CSトーナメント1/8oz使用)をキャストし、底をゆっくり引いているとコツンとアタリがっ!

 

 

そしてフッキング!

 

 

立木の多い所だったので、沖へ誘導し、あっさりとネットイン!

 

 

少し大きい魚で、お腹も空気でパンパンだったのでアクティブ・エア抜き針でエアーを抜いてライブウェルへ。

 

時計を見ると12時30分、残り時間も少ないので会場まで流しながらキャストを続けましたが、タイムアップ。検量には多くの選手達が並んでいました。

 

 

 

 

結果、2本・1,653gで5位入賞!

 

 

 

 

 

次戦も頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


RSトーナメントで2度目の年間優勝!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫の最終戦となる第6戦に参戦してきました。

 

水の動きが乏しく、少しの濁りとアオコが発生し、更にタフさを増した東条湖。

 

前日プラクティスでは、中流域のディープ13mラインを攻めて53cm・2kgオーバーと本湖ディープ9mのピンスポットでナイスキーパーが釣れただけで、全体的にパッとしない感じでした。

 

 

 

 

 

そして大会本番。

 

 

まずは本湖ディープを攻めるもノーバイト。人のいない本湖のマンメイド(浮き物)や岬周りも攻めましたが、これまた不発。

 

そして中流域まで移動し、前日ビッグを釣ったカレントの当たるディープフラットアクティブ・RSトーナメント1/11oz3.8インチストレートワームをセットしたワッキーダウンショットを落とし込んで、半ドラッキング状態でバイトを探りました。しかし、アタリすらなし…(焦)

 

 

仕方なく本命場所を諦め、水の流入となる導水管へ移動。

 

 

滝の落ち込みへチャター、スピナベ、ロングミノー、ビッグベイト、ビッグスプーンなど強めのアピールで手返しよくルアーをプレゼンテーションするも全く反応がなく、攻め方をフィネスに変え、アクティブ・RSトーナメント1/11oz3.5インチストレートワームをセットしたワッキーダウンショット流れに乗せてドリフト&ステイ。

 

 

するとコンッとアタリを感じフッキング!

 

 

ようやくキーパーを1匹ゲット!

 

 

そして立て続けにバイトがあり、今度はこましなキーパーをゲット!

 

 

その後、すぐにオンザラインをゲットしたが、年間優勝がかかったこの試合、同ポイントで暫定首位に並んでいた他の2選手はいずれも強者。

 

こんなんじゃ勝負にならん!とオンザラインをキープせず、次のバイトを待ちましたが、何故か続いていたバイトは急に途絶えてしまいました…(泣) 


その後も集中力を切らさずバスを求め攻め抜きましたが、とうとうタイムアップで帰着に向かいました。

 

 

 

 

 

最終戦の結果は7位… 。

 

 

そして、年間成績の表彰式。

 

 

タフな状況下にライバル達は結果を残せず、最後に自分の名前がコールされ、

 

 

2度目の年間優勝を獲得することが出来ました!

 

 

 

 

 

なかなか厳しい状況でしたが、前日プラクティスでの当たりリグアクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットが大活躍してくれました!

 


«タックルデータ»
ロッド:S64-UL(自作フルカスタム)
リール:スピニングリール 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針 #6
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/11oz
ルアー:ストレートワーム 3.5インチ

 

 



アクティブ・ホームページへ


西日本ファイナルの出場権ゲット!

こんにちは、ミラクル谷田です。

10月15日(日)にNBCチャプター近畿Aブロックチャンピオンシップが兵庫県・生野銀山湖で開催されました。

 

 

 

 

この大会は近畿Aブロック内の各チャプター年間上位入賞者のみに出場権が与えられる門の狭い大会なのです。更にこのチャンピオンシップ上位入賞者には、西日本ファイナルへの出場権が与えられます。

 

 

ミラクルはこの西日本ファイナルへの切符がどうしても欲しかった。

 

 

ということで、生野銀山湖にはもちろん前日プラから現地入りしました。

 

前日プラは晴れ模様。浅いところから徐々に探りを入れていき、水深10m前後でベイトが絡むとキーパーがポロポロと釣れる感じでプラを終えました。

 

 

 

 

 

試合当日は、前日と打って変わって雨模様。

 

 

フライトは早い方だったため、まずは前日に反応の良かったインターセクションに入り、魚探の反応を見ます。が、ベイトが入っていない…。案の定、バスからの反応もありません…。

 

ベイトが入るまでの辛抱と、自分に言い聞かせてエリア周辺を探ってみますが、思うような反応が出てきません。時間だけが刻々と過ぎていき、12時が近づく頃にシビレを切らして移動をすることにしました。

 

ボートを走らせ、移動した次の瞬間、求めていた反応を魚探が捉えました。すぐさまボートを停止させ、アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットでアプローチします。

 

 

 

 

そして、10mのボトムにリグが着底する頃に重たくなるようなバイトを捉えました。

 

 

半信半疑で合わせてみると、グイグイとティップが絞り込まれていきます。そのまま巻き合わせて、ガッツリとフッキングに持ち込むと、今度はジリジリとドラグが出ていきます。

 

 

もしかして、ナイスサイズ??

 

 

緊張しながらも、水圧変化を考えながら、ゆっくりと上げてくると、

 

 

いきなり、ジャーーーンプ!?

 

 

しかし、このジャンプに耐えて、ネットに収めた魚は生野銀山湖ではキッカーとなる500gクラス!

 

心を落ち着かせながらリグを直していると風で少し流されてしまいました。そして、流された先で何気なく魚探を見ると、ベイトが追われて山が立っていました。

 

リグっていた手をとめ、すぐさまアクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットを投入。

 

 

 

 

着底を待たずに、ティップが重たくなり、聞き合わせてみましたが重たいまま何も起きません。

 

しばらくこの状態が続き、軽くなったので上げてみると、オフセットフックにセットしたワームのテールがフックポイントに絡んで残念な結果に…。

 

 

やはりバイトしていたいみたいですね、残念…。

 

 

結局この2バイトで終了し、ウェイインへ。

 

 

 

 

1本・528gとビミョーなウェイトでしたが、何とか7位に入賞することが出来ました。

 

そして、念願だった西日本ファイナルへの切符も手に入れる事ができました。次は兵庫県・東条湖で行われるファイナルの頂点目指して頑張ってきます!

 

 



アクティブ・ホームページへ


久々の野池釣行!

こんにちは、梅田です。

春以降、行けてなかった仕事終わりの野池釣行。

 

 

初秋に再開し、久しぶりに野池へ出撃してきました。

 


地元陸っぱりアングラーに聞くと、夏の間は水量が少なかったようで、減水が進みタフな状況だったようですが、今回は、まとまった雨が降った数日後だったので活性高く、短時間に良型を複数ゲットできました。

 

 

 

 

 

 

ヒットルアーはアクティブ・ワッキーチューブ(レッド)をセットしたボリューム&長さのあるストレートワームのワッキーノーシンカー!

 

 

 

 

 

 

このリグをカレントのあるシャローへキャストし放置するだけ。するとそれに気づいた食いしん坊バスがガッツリバイトしてくれました。

 

 

 

 

 

これからだんたん陽が短くなりますが、またアフターファイブフィッシングに出撃し、レポートしたいと思います。

 

 



アクティブ・ホームページへ


岡山県・吉井川へ釣行!

こんにちは、梅田です。

久しぶりに岡山県・吉井川へ釣行してきました。

 

初秋に2回釣行したのですが、タフなフィールドコンディションで、結果から言うとかなり厳しかったです。晴天の日が続いており、少しでもカレントがあるエリアをメインに攻めましたが、なかなかバイトを得られず大苦戦。

 

 

1回目の釣行では、スピナーベイトで数回バイトを得たものの、ショートバイトやバラシが多発。

 

ようやく釣れたは、カレントの当たるロックエリアアクティブ・MSトーナメント1/11ozをインサートした8インチストレートワームをセットしたベイトネコ。

 

 

 

 

ロックの隙間に潜んで補食ターゲットを待ち伏せしてた感じでした。

 

 

 

2回目の釣行では、「ほんまに魚居るの?」と疑うほど更に厳しい状況で、何をやっても反応なし。

 

夕まずめラストの場所に選んだ通称・水中島ビッグクローラーベイトを水面でバシャバシャしていると、下からバスが浮いてきてバイト!

 

 

 

 

 

バスはそんなにデカくなかったですが、フィーディングタイムに出た痺れる1本でした。

 

 

 

 

 

2回とも、なかなか厳しかったですが、バスのコンディション自体はまずまずでした。

 

マッスルなリバーバスにもっと遊んでもらいたかったなぁ〜。

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode