神戸・須磨沖でタチウオジギング!

ソルトスタッフの田村満朗です。
昨年12月中旬、神戸・須磨沖にタチウオジギングに行ってきました。

当日は朝から波が高く、港を出た途端に船が大きく揺れて不安がよぎりましたが、釣りを始めたらそんな事も忘れてしまいます。

水深70〜80mのエリアで、アクティブ・平打スプリントリング #6+150g前後のジグをカラーローテーションしながら、当たりカラーを探りました。



この日はゴールド系に反応が良く、シルバーやピンクなどはイマイチ…。

アクションは普通のワンピッチジャークで、スローよりもやや速めで巻き上げた方がバイトが多かったです。



体力的にも楽で簡単に釣れるタチウオジギングですが、なかなか奥が深くてハマりますよ♪

お土産に釣って帰っても美味しく食べられるのも魅力です。三枚におろして、天ぷらがオススメです。




以前にご近所さんから「今度、タチウオ釣ってきたら、少しわけて欲しい♥」と言われてたので、アクティブ・タチウオ袋に入れて、プレゼントしてきました。




≪タックルデータ≫
ロッド:6.2fベイトロッド(柔らかめ)
リール:小型ベイトリール
ライン:PE0.8号
リーダー:16lb+50lb
ジグ:150g前後の動きの少ないジグ
その他:アクティブ・平打スプリットリング #6、アクティブ・タチウオ袋

 

メタルバイブで…!

去年末、前回に続き、また同じ野池へ行ってきました。
現地に到着するとけっこうな強風…。

前回釣れたポイントに直行したもののノーバイト…。
向かい風で、すぐに風裏になる対岸へ。

そして、メタルバイブでそこら中をサーチ開始。
もちろん水中堰堤も。…って言うか、目に見える変化はコレしかないので。

ちなみに、減水で堰堤が露出してました。
前回釣った場所の反対側の先端を通過するようにキャスト。

アクションはリフト&フォール。3回目のフォール中にバイト!
即、アワセを入れて上がってきたのは、前回に続き、またまた45cm!!



…よかった〜♪ボウズは回避できました〜〜♪

このあと、他のエリアをラバージグやヘビキャロで探るも生命反応無し…。
1時間程してから、再び、さっきのポイントに入り、今度はラバージグをキャスト。

数投したけど反応なし。さすがにアカンか?
…と思いつつ、もう一度メタルバイブをキャスト。

…すると、またもバイトがあり、即合わせ!

ウソ〜〜〜ん!上げてみれば、またまた45cm!同じサカナ?
それは無いわな?全く同じスポットで?ココはそんなにいい場所なん?
…と頭の中に?マークがいっぱいに…。



そして、フックを外そうと口の中を覗いてみると、そこそこ大きな魚の尾びれが…。
当たり前やけど、冬でも、ちゃんとエサ食べてるんや…♪

それから、少し時間を空けて。もう一度キャスト!

…すると、またまたっ!!!





…ウソです。…無反応でしたw

いや〜〜〜、2匹だけやったけど、この時期の野池で、
短時間にこれだけコンディションの良いサカナが釣れて満足ですわ〜ww

≪タックルデータ≫
ロッド:6.5f(M)
リール:ベイト-右ハンドルリール
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:リトルマックス 3/8oz

ホームページへ

久々のブラック!

さてさて、エギングのシーズンも終わり、今回は久しぶりのバスフィッシングです。

『冬になり数はでないけど、型は出るだろう』と安易な考えで昼からフラリといつもの野池へ。

ココは、池の半分が水中堰堤で分れていて、片方は全体に浅く皿池状で、もう片方はブレイクが2段ぐらいに分れていて、バンクの角度も急で最深部にはスタンプもいくつかあり、

『釣れるならこっちやろ!』ってな感じで開始。

ディープを探るために遠投が出来るメタルバイブとヘビキャロをセット。少し離れた場所では、別の釣り人がメタルバイブを遠投してるけど、釣れていない様子。

じゃあ、こちらはヘビキャロをメインでやってみよ。


…しかし、こちらにもバイトは無し。


そして、浅い方のエリアへ移動。水中堰堤の先端部分へキャスト。先端部分には岸との間にスリットがあり、エッジからスリットにフォール。

着底直後に何やら生命感を感じ、フッキング!上がってきたのは45cmくらいのナイスバス!!


▲よく引きました!

釣れたポイントは、遠投しなくても届く距離。それもピッチングで十分届くし…w
でもでも、ジグやテキサスを打ってたけど釣れなかった…。理由はわからんが、バスにはコレが良かったんやなぁ〜と無理やり納得し、今日は終了にしましたw

≪タックルデータ≫
ロッド:7.0f(X)
リール:左ハンドル-ベイトリール
ルアー:3inch ホグ系
ライン:フロロカーボン 16lb
リーダー:フロロカーボン12lbを約50cm
シンカー:アクテイブ・ヘビキャロシンカー3/4oz
その他:アクティブ・キャロライナクッション、キャロスイベル、ビーズ

ホームページへ

淡路島でエギング!

12月初旬にエギングに行ってきました。場所は淡路島…。さて…。

12月になると、あれだけたくさんいたエギンガーが姿を消し、エサ師のおじさんだけになるのですが、往生際の悪いエギンガー(私)は頑張ってきました…。

いつもなら日中でもポロポロ釣れるのが、
2007年は釣れる時間がハッキリしてたような気がしました。

時合いが短いとでも言いましょうか…。

タイミングを外すとボーズになるので、出来るだけ長い時間釣りをしたいところですが、早朝は寒いし、眠いしw …なので、昼からの釣行です。

12月になるとアオリより甲ちゃんの方が釣れる割合が多くなりますが、
そんなのお構いなしに釣れるなら何でも来い!

…で、潮の速い時は3.5号のディープ、そうでない時はノーマルを使いボトム中心に探っていると“モサッ”としたあたりがっ!

アワセてからリールを巻いて寄せるも全然引かない。…?
こんな時は、ほとんど小さい甲ちゃんw

5分後にも同じようなアタリがあり、アワセる。
あまり引かないけど、時々“グイグイ”する。

おっ!ひょっとして!?


…さっきより大きめの甲ちゃん。OTL



…。


甲ちゃんを取り込む時はいつも緊張しますw
“ブシューッ!ブシューッ!”
クルクル回転しながらの乱れ撃ちには腰が引けますw

『 いったい何発墨吐くねん!』

そして少し横に移動して、可能な限りロングキャスト!着底後2回ほどのシャクリの後のフォール中、ラインが“スゥ〜〜〜っ”と張っていったので、すかさずアワセたら“グイーングイーン”って♪

『アオリや〜♪久しぶりや〜♪釣った時の感触はアオリの方がエエね〜♪』



…しかし、この後はアタリがピタリと無くなり、
暗くなってからも頑張りましたがウンともスンとも…。

次は春イカまで我慢かな?

≪タックルデータ≫
ロッド:ブリーデンSPICE86
リール:2500番スピニングリール
エギ:3.5号ディープ(あわびシール貼付)
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号
その他:アクティブ・ルアースナップ0番、リストサポーターM(右)

ホームページへ

淡路島釣行レポート

10月29日に淡路島へイカ釣りに行ってきました。

午前中は少し風が強く、少々釣りづらかったですが、午後からは絶好のエギング日和となりました。
…が、釣りやすいからといってボコボコ釣れるわけでもなく、ひたすらキャスト&しゃくりで、たまに釣れる程度。

夕方になり「このままではいかん…」と、前から気になっていた“エギのアワビ貼り”に初チャレンジ。
今回使用したアワビシールは、あわび本舗さんの“重見アワビ(パイロットブラック)”です。エギのチューニングでは定番ですが、実は今まで手を出したことがなかったのです。

これをエギの背中?腰?に貼り付けてキャスト!
なんとチューニングして2投目で、即釣れました!



「こんなにすぐにイカの反応が変わるもんか?!」と正直驚きました。
この後も釣れ続けて、自分の中で一気に“アワビチューン”の株が急騰した1日でした。

<タックルデータ>
ロッド:ブリーデン Squid wicked game SPICE 86
リール:シマノツインパワー2500S
ライン:PE 0.8号
リーダー:フロロ 2号
スナップ:アクティブ クロスロック #1
チューンパーツ:あわび本舗 “重見アワビ(パイロットブラック)”
エギ:3.5号(オレンジマーブル)

ホームページへ

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode