琵琶湖で親子バスフィッシング!

こんにちは、徳井です。

滋賀県・琵琶湖で開催されたバスフィッシングの大会に親子で参加してきました。

 

≪前日プラクティス≫

今回の大会では『子供にバスフィッシングの楽しさをわかってもらうこと』を目標に掲げていたので、まずは子供も釣りやすいところを中心にプラクティス開始。

 

ここ最近好調な3〜3.5mラインのウイードの新芽が出てきているエリアをカーリーテールのライトキャロ(アクティブ・CSトーナメント1/8oz使用)でズル引きしてウイードに当てながら流していくと、さっそくアタリが!!

 

 

上がってきたのは52cmのビッグバス!

 

 

 

 

翌日の魚を釣ってしまった…(笑)

 

 

その後も各ポイントをチェックするも、なかなか難しい上、爆風(大会当日も爆風予報だった)という悪条件になってきたので、翌日の予報を想定して会場近くのポイントをチェック。

 

数本釣れましたが不安材料たくさんのままプラクティス終了。。。

 

 

≪大会当日≫

参加者101名という、なかなかの参加人数でしたが、子供からは「ジュニア部門でトロフィーが欲しい!」と難しい注文を受けてのスタート!

 

ファーストポイントはプラクティスでビッグバスが獲れた本命エリアを選択。まずは1本釣って父ちゃんの威厳と見本を見せつけてやろうと思ってましたが、船内初フィッシュは…、、、

 

 

…なんとでした(笑)

 

 

「なんかきてる〜〜!!!!」と同時にドラグが「ジィ――――!」

 

子供と自分を落ち着かせ、なんとかネットイン!!

 

上がってきたのは43cm・約1,300gとジュニアとしてはキッカーサイズ!!

 

 

ストレートワームにダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/11oz使用)をセットしてズル引きでの魚。しかも私がオススメしたライトキャロではなく、娘が自分で選んだタックルで…、恐れ入りました…。。。

 

その後は負けじと私もカーリーテールのライトキャロ(アクティブ・CSトーナメント1/8oz使用)で400gぐらいの魚をゲット!

 

 

娘は安心したのか、のんびりモード。その間、私は集中力マックスで頑張りました。

 

 

そして1本目と同じカーリーテールのライトキャロ(アクティブ・CSトーナメント1/8oz使用)でウイードをほぐしながらズル引きしていると重くなるアタリ!

 

 

しっかりとフッキングし、ドラグが「ジィ―――!!」

 

慎重に、慎重に、ランディングしてネットイン!!

 

上がってきたのは、54cm・約2,500gのキッカーサイズ!!

 

久しぶりに手が震えました(笑)

 

 

その後はアタリが止まったので同じようなエリアを探し、移動を繰り返して私がなんとか500gぐらいのを1本追加してリミットメイク達成!

 

 

そしてその直後から予報通りの大爆風で湖面は大荒れ。。。

 

 

安全第一で会場近くまで戻り、帰着時間ギリギリまで頑張りました。そして最後まで諦めずに頑張っていた娘に待望のバイト!!

 

ストレートワームにダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/8oz使用)で釣った200gぐらいの魚!

 

でも立派な魚でした!

 

 

そして帰着。

 

結果は…

 

 

 

 

 

娘…2本・1,550g

 

私…3本・3,450g

 

 

娘、惜しくもお立ち台には立てず。

 

私は27位。

 

 

残念な結果でしたが、次回は絶対トロフィーをもらう!と早くもバスフィッシングにハマってくれたみたいです!

 

それに何より、1日楽しかったと言ってもらえてホッと父ちゃんでした。これからも子供達に釣りの楽しさを伝えていこうと思います!

 

 

≪タックルデータ(ライトキャロ用)≫

シンカー:アクティブ・CSトーナメント 1/8oz

その他:アクティブ・キャロスイベル Sサイズ、アクティブ・SSトーナメント Sサイズ

 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/11oz(風が強い時はアクティブ・RSトーナメント1/8oz

 

 



アクティブ・ホームページへ


久しぶりに琵琶湖の大会に出場!

こんにちは!徳井です!
滋賀県・琵琶湖で開催された大会に参戦してきました。

 

自分自身、久しぶりの大会ということで気合いを入れて、前日からプラクティスに入って各ポイントをチェックしました。

 

しかしそんなに簡単ではなく、キーパーサイズ(30cm)に満たないバスしか釣ることができず、私には厳しい状況。。。

 

でも一つだけバスが好反応を示す方法を発見し、前日プラを終了。

 

 

そして迎えた当日。大会参加者は76艇・180名!! と、かなりの参加人数。スタートしてすぐに天候が悪化し、予報通りの終始超爆風。。。

 

 

 

 

私が選択したエリアは、チャンネルが絡む3m〜3.5mのウィードフラット。

 

爆風ということでクランクベイトからスタートしてスピナーベイトとのローテーションで1時間程やり続けるもノーバイト…。

 

攻め方を変えようと前日に好反応だった、アクティブ・RSトーナメント1/8ozをセットしたカーリーテールのダウンショットで勝負しました。

 

 

大きくリフトさせた後、垂直にフォール。

 

 

このフォール中にアタリが集中することが前日プラクティスから分かっていたので、爆風に耐えながらボートポジションを維持して丁寧に探っていくと待望のバイトが!!

 

 

フッキングもうまく決まり、冷静にネットイン!

 

 

上がってきたのは1,500gのグッドバス!!

 

 

その後も同じ狙い方でアプローチしていくとファーストフィッシュから約1時間後、900gのナイスバスをキャッチ!

 

もうこの釣り方でやり通そうと決意し、同じエリア内で何度も流して探っていくと600gのバスをキャッチ!!

 

 

これでリミットを達成し、ホッとひと安心。

 

 

その後は入れ替えを狙ってやり続けましたが、タイムアップ。。。

 

帰着・検量をして、ウェイトは3本・3,040gでした!

 

 


 

 

そして表彰式では5位からコール。「第5位〜〜、○○選手〜。ウェイトは〜、、、3,050g!

 

 

えぇ〜〜〜!?

 

 

な、なんと、、、10g差で表彰台に立つことができないという、持ってなさ…(泣)

 

 

でもこれもトーナメントの面白いところですよね…。久しぶりに緊張感持った楽しい大会でした。

 

次こそは、お立ち狙います!!

 

 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/8oz
その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 



アクティブ・ホームページへ


琵琶湖で陸っぱり!

こんにちは!徳井です。
久しぶりに琵琶湖の陸っぱりに行ってきました。今回は湖西を中心に回ってきました。

朝イチは、岬が絡むシャローにウィードとゴロタ石が所々存在するポイントを選択。トップで出そうな雰囲気ムンムンだったのでトップから探るも反応なし。。。

トップがダメだったので、次はボトムのチェックを兼ねてアクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットでチェック。RSトーナメントはスリムな形状なので、このようなゴロタ石でもスリ抜けてくれるので安心!


そして、ちょうどゴロタ石を抜けたところでしばらくステイすると、猛烈なバイト!


ドラグが 『ジィーーー!!!』 っとなった後、すぐに『プンッ』となり、まさかのラインブレイク…。気を取り直し、再度同じセッティングでキャスト。するとすぐにバイトが!あきらかに先ほどのバイトと違うと思ったら、上がってきたのは20cmにも満たない子バスちゃん…(笑)

その後も岬回りを攻めると同じような魚が釣れ続けましたが、ポツポツと琵琶湖らしいナイスなバスも混ざります。今回の釣行ではビッグバスこそ出なかったものの、数もたくさん釣れて一日楽しめました。




だんだんと冷え込んできましたが、まだまだ楽しめるバスフィッシング。次回もアクティブ製品を武器に、ビッグバスを求めて釣行してきます!

 

NBCチャプター近畿ブロックチャンピオンシップで3位入賞!

こんにちは!徳井です!
10月14日(水)に兵庫県・東条湖で開催されたNBCチャプター近畿ブロックチャンピオンシップに参戦してきました。

■直前プラクティス
この大会はオフリミット期間制限なしということで、2日前の金曜日に入りました。さすがは近畿ブロック!平日にもかかわらず、たくさんのボートが浮いていました。

この日のプラクティスで掴んだエリアは、この時期最も好きなエリアの1つ “サーフィンワンド”。ここはブレイクラインのショルダー沿いに所々小さなオダやゴロタが絡み、秋の東条湖では定番のエリア。

このショルダー沿いに、アクティブ・CSトーナメント3/16ozをセットしたライトキャロライナリグで探るとすぐに生命感のあるアタリがあり、フッキング!

上がってきたのは48cmのグッドバス!

続けて同じポイントへキャストすると、またバイト!

2投連続で今度は50cmのビッグバス!

さらにプラ終了前に同じエリアに入り、魚探をかけると10mラインにベイトがキレイに映っていたので、アクティブ・MSトーナメント1/20ozをセットしたネコリグをベイトめがけてシューティングで落とし込むと “コンコン” と生命感のあるアタリが明確に伝わりフッキング!

最後に上がってきたのは52cmのビッグバス!!

この日は3本で約4,500gと出来すぎのウエイトで終わりました。今回のプラクティスで掴んだことは、良いエリアを確認出来たことですが、やはり一番のキーとなるのが『風』でした。風が吹くことでベイトが動き、バスも入ってきます。「当日はこの風によって釣果も左右されるかもなぁ〜〜〜」と思いつつ、プラを終了しました。

■近畿ブロック当日
近畿一円から各チャプターの年間上位成績を納めた117名が東条湖に集まり、開催されたNBCチャプター近畿ブロックチャンピオンシップ。



東条湖は、私のホームレイクなだけにかなり気合いを入れて臨みました。しかし、これだけの人数が東条湖の各ポイントに広がるのでフライト順は極めて重要。しかも私がメインに考えているエリアは定番中の定番。

フライトは5つに分かれて抽選。もちろん第1フライトであることを祈っていましたが、決まったフライトは…、、、

   …第5フライト。

   …(泣)

完全に運に見放されたと思いましたが、意外と上流方向へ向かう選手が多く、奇跡的に本命エリアの “サーフィンワンド” へ入れました。

しかし開始1時間がたってもプラクティスの釣果がウソのようにノーバイト…。でも風が吹いて水が動き出すタイミングで釣れることがプラクティスでわかっていたので、我慢して釣り込んでいくと待望の風が!やはりこのタイミングで魚探にもベイトが映るようなってきました。

そして魚探にイイ感じのベイトが10mラインに映った所で、プラクティスと同じくアクティブ・MSトーナメント1/20ozをセットしたネコリグをベイトめがけてシューティングで落とし込み、アクションさせると “コンッ” と待ちに待ったバイトが!しかし、ショートバイトですぐに離しました。

が、小刻みにアクションをすると “コンコン” とまたバイト!

フッキングもきまり、慎重に、慎重にランディング!無事にネットに入ったのは、狙い通りの約1,500gのキッカーフィッシュ!

さぁ!これから!!…と思った矢先、この魚の状態があまり良くないため、魚のケアに集中するために桟橋付近へ。あのエリアのポテンシャルを知っていただけに残念でしたが、この貴重な魚を生かすことが最優先。その後は帰着時間まで魚をケアし、帰着時間が始まったと同時に1番手としてウェイイン。



結果は1本・1,685g!
このキッカーフィッシュが効き、3位とお立ち台に上がることができました!



ホームレイクで結果を出すことが出来て嬉しく思います。
来年はテッペンに立てるよう頑張ります!

≪タックルデータ(ライトキャロライナ用)≫
シンカー:アクティブ・CSトーナメント 3/16oz
その他:アクティブ・キャロスイベル Sサイズ、アクティブ・SSトーナメント Sサイズ

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/20oz


アクティブ・ホームページへ


チャプター兵庫・第5戦で第4位入賞!

こんにちは、徳井です! 先日NBCチャプター兵庫・第5戦に参加してきました!

前日プラに入り、掴んだことは “水中に沈むブッシュ”“岩盤で形成された水中島” などの変化+ “ベイトフィッシュ” が入ってくるエリアからバスの反応があることでした。大事なのは、風が吹いて水が動くタイミングでした。このことを掴んで前日プラは終了。

そして、トーナメント当日。フライト順が珍しく良かったので、みんなから叩かれるであろう水中に沈むブッシュのエリアに先に入ることにしました。前日プラではすぐに反応がありましたが、当日はギルのアタリのみでバスからの反応はナシ…。少し粘りましたが、一向にバスからの反応がなかったので移動…。

次に上流へ行き、岩盤で形成された水中島へ行きましたが、すでに3艇ほど入っており、魚も何匹か上がっている雰囲気。船団に入って粘ることも考えましたが、自分のリズムが崩れそうだったので切り替えて下ることに。

前日プラから自分が持っていたエリアはあと一つ。句碑岬と呼ばれる東条湖では一級のエリア。この場所は本湖から中流に入る入口にあり、トップが6mで、そこから12mに落ちる岩盤で形成されたブレイクで、このトップに回遊の魚が入ってきます。

ココでアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットで丁寧に探ると、すぐに反応がありました。上がってきたのは24cmの惜しいノンキーパー…。

思っていたよりも小さなバスでしたが、風も良い感じに吹いていてベイトフィッシュも入ってきていたので、“必ず魚は回ってくる” と信じて粘ることに…。

このバスでヒントを掴んだことがありました。それはアクションさせるより、ステイさせておく方が反応が良かったということ。

このことから、シンカーをアクティブ・RSトーナメント1/8ozにチェンジし、少しウエイトを上げて探ることに。岩盤のトップにシンカーを引っ掛け、ロングステイ。そして、ほぐすように岩盤から外した時に “グゥ〜〜〜” と重たくなり、生命感のある動きが!しっかりフッキングし慎重にランディング。

上がってきたのは余裕のキロアップのキッカーフィッシュ!

RSトーナメントの形状が岩盤のエグレからスリ抜け、根がかりをしっかり回避できることがこの魚を獲れたことに繋がりました。

その後も、魚が回ってくることを信じて粘りましたが、タイムアップでウェイイン。
気になるウェイトは、1本・1,440g!



このサカナのおかげで4位になり、お立ち台に上がることが出来ました。



年間順位も今回の入賞で4位に!最終戦もアクティブ・トーナメントシリーズを武器に、少しでも上の順位を目指して頑張ります!

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/11oz、1/8oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ


アクティブ・ホームページへ


SWに琵琶湖へ行ってきました!

シルバーウィークに滋賀県・琵琶湖に2日間行ってきました。

9月19日(土)≪レンタルボート≫
この日は、のんびりとレンタルボートにエレキを付けて出船し、ポイントは唐崎周辺から始めました。朝イチはトップやビッグベイトで反応のある魚を狙いましたが、全く反応無し。

まずは1匹釣りたかったのでシャッドに変更すると、さっそく小さいサイズをキャッチ。ここで何本か小さいサイズを楽しんだので、“デカいのを狙おう”と、沖の水深4〜4.5mのウィードエッジへ移動。

タックルも6インチワームのテキサス(アクティブ・BSトーナメント5g+SSトーナメントM使用)をセットし、エッジ沿いを探ると1投目から“グンっ”とアタリがあり、すかさずフッキング!魚もナイスファイトを魅せてくれて、ウイードに潜られながらも無事にランディング!



上がってきたのは48cmのブリブリのバスでした。その後、気を良くして同じラインを狙いましたが、反応無し。“さぁ、これから”という時に強烈な風が吹いてきて、湖は大荒れ…。しばらく避難することに。

夕方近くになり、やっと風が弱くなってきたので、朝と同じウイードエッジを狙うことにしました。タックルも午前中と同じく6インチワームのテキサス(アクティブ・BSトーナメント5g+SSトーナメントM使用)アクティブ・ピンテールシャッドダウンショット(アクティブ・DSトーナメント1/11oz使用)をローテーションさせながら狙いました。アクティブ・ピンテールシャッドでバスを何本かキャッチしましたが、その後デカいバスは反応無く、この日は終了。

9月20日(日)≪岸釣り≫
この日は、浜大津周辺で岸釣りを楽しみました。
狙ったポイントはウイードジャングルの場所でしたが、ウイードの質はとても良く、岸にベイトもいたため、期待しながら始めました。

タックルは、4インチストレートワームに1/16ozジグヘッドをセットし、ウイードのポケットにキャスト。しばらくアタリもなく、“ココはダメかな〜”と思いつつも、あと少し粘ろうと頑張りました。

するとその直後、キャスト後の着水と同時にラインが沖に向けて走りました。

「ヨッシャ!キターーーーー!」とフッキング!

4ポンドラインだったので慎重にやりとり。
途中、何度もウイードに絡まれましたが、無事ランディング成功。



上がってきたのは、昨日と同じ48cmのナイスプロポーションのバスでした。

「昨日のバスか??(笑)」とボヤキながら、その後も同じ狙い方で粘りましたが反応も無く、瀬田川周辺へ移動。

ここではアクティブ・ピンテールシャッドダウンショット(アクティブ・DSトーナメント1/16oz使用)をセットすると、1投目からヒット!

その後も流れ込みのポイントを見つけ、そこで数釣りを楽しみました。
数釣りも楽しんだので、最後は“やっぱりデカいのが釣りたい”と朝の浜大津周辺で粘ることに。

朝と同じく4インチストレートワームに1/16ozジグヘッドをセットしポケットにキャスト。すると朝と同じく、キャスト後に着水と同時にラインが沖に走り、フッキング!

“ジィーーーーー”と、朝とは明らかに違うドラグの走り方!
“これはデカイっ!”
と確信し、慎重に寄せてきました。しかし、ドラグが鳴り止む気配もなく、少し強引に寄せようと思った瞬間に“プンッ!”とラインブレイク…。

 …。

かなり凹みましたが、2日間のんびりと息抜きもできたので、楽しい時間を過ごせました。


アクティブ・ホームページへ

6月上旬の東条湖にて!

フィールドテスターの徳井です。東条湖の釣果をレポートします。
6月上旬は農業用水使用のため、日々20cmほど減水している状態で、この日も減水真っ只中でした。

まず湖に出て状況を調べようと思い、ビッグベイトやクランクベイトで本湖から上流に向けて流していきました。本湖では全く反応が無く、上流までずっと流していき、イマカツフラットの岩盤でクランクベイトでバスからチェイスがありました。

チェイス後、すぐにライトリグでフォローを入れましたが無反応だったので、対岸を流すことに…。クランクベイトで流すとシャローからバスが飛び出してきて、ルアーをひったくるようにバイト!“よしっ!”と思い、フッキングしましたが上がってきたのは30cmのバスでした。

その後は続かず、上流全体が濁っていたので、上流をあきらめて中流から本湖に向けて流すことに…。しかし、ココでもバスからの反応は無く、“アフターから回復している魚がまだまだ少ないのかなぁ〜?”と思いながら本湖のシャローを見ると、まだネストがありました。

自分自身はネストの釣りをあまりしたことがなく、いい機会なのでヘビダンで狙ってみることにしました。しかし、30分以上粘っても口を使う気配も無く、シャッドやテキサスも試しましたが全く口を使わず、“まだまだ練習が足りないなぁ〜、次の課題やなぁ〜”と思いながら、あきらめて普通の釣りをすることにしました。

ダムサイトに行き、いかにも魚が付いてそうな中央に浮いているブイに向けてクランクを流すと、ブイの下を通ったぐらいに“ゴツンっ”と当たるようなアタリがあり、すかさずフッキング!思いっきりディープへ潜られましたが、慎重にランディングして上がって来たのは49cmのグッドサイズのバスでした。

久しぶりの東条湖でのビッグバスに“ヨッシャーーー!!!”と思わず叫んでしまいました(笑)。


▲クランクで釣れたグッドサイズの東条湖バス

その後、気を良くしてクランクで流しましたが反応が無く、池跡ワンドに入ると3ヵ所ネストを発見。今度はアクティブ・ピンテールシャッドヘビダン(アクティブ・RSトーナメント1/4oz使用)で狙ってみました。すると、だんだんと口を使うようになり、甘噛みする所まできました。その後は一進一退となったので、ルアーをシャッドに切り替えるとすぐに口を使ってくれました。

やっと喰ったと思い、フッキングして上がってきたのは30cmぐらいの小さいバスでしたが、結果が出たことに喜びが増しました。

その後、もう1ヶ所のネストを同じピンテールシャッドヘビダンで狙うと、すぐに勢いよく口を使ってきたので、あわててフッキング!“ヨッシャ〜、コイツは40upや!”と思いながら、やりとりしているとランディング直前でフックが外れ、バラしてしまいました…。

“ガク〜〜〜”と肩を落とし、最後の1ヶ所を狙いましたが、全く口を使う気配が無く、時計を見ると終了時間ギリギリだったので帰着することにしました。今日は、苦手だったことを少し克服?できたような感じだったので、満足した1日になりました。

≪タックルデータ(クランク用)≫
ロッド:6.2f(ML)
ライン:フロロカーボン 10lb
ルアー:クランクベイト

≪タックルデータ(ヘビダン用)≫
ロッド:6.6f(MH)
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:アクティブ・ピンテールシャッド 2.2inch
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/4oz


アクティブ・ホームページへ

東条湖にて4位入賞!

1月25日(日)に『東条湖・ウインターリーグ2008−2009・第3戦』に参加してきました。

朝の気温は氷点下、水温は7℃と真冬らしい湖の状況の中、開催されました。私自身も今年初釣りだったので、初バスを釣るために気合いを入れました。

スタートしてまず、冬の定番ポイントである句碑岬に入りたかったのですが、先行者がいたため、ポイントが空くのを待つ間、管理事務所前を流すことにしました。

まずは、18gのメタルジグから攻めましたが反応がなく、ラバージグ、サスペンドミノーなど試しましたが、さらに全く反応がなく、ポイントをダムサイトへ変えました。

すると岩盤から土に変わる、ちょうど境目の沖の9mラインにベイトの反応があったので、ベイトのラインに合わせて18gのメタルジグを投下し、何度かシャクったところで、「グンッ!」という何かが乗っかったようなアタリがロッドに伝わりました。

「ヨッシャ〜〜〜!」と思ったものの、今まで冬の東条湖ではナマズやニゴイ等の外道ばかりだったので、「また外道かな〜〜〜?」と思いながら魚とのやりとりをしていると、水面に上がってきたのはバスの魚影でした!

慎重にランディングし、ネットに収めました。
そして「ヨッシャ〜〜〜!!」とガッツポーズ!


▲なんとか1匹釣りました!

エア抜き(アクティブ・エア抜き針L使用)も成功して気持ちも楽になり、2匹目を狙いに行きました。句碑岬、不動岩の滝、池跡ワンドをメタルジグ、ダウンショット(アクティブ・ピンテールシャッド2.2インチ+DSトーナメント1/8oz使用)をローテーションさせながら、攻めましたが反応なく、1匹でウェイイン。


▲アクティブ・エア抜き針L

ウエイトは980g(41cm)で4位入賞!なんとかお立ち台に立てました。


▲4位でした!

そして、今年最高のスタートを切ることができました。

≪タックルデータ(メタルジグ用≫
ロッド:6.2f
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 10lb
ルアー:メタルジグ 18g

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
ロッド:6.0f
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:アクティブ・ピンテールシャッド 2.2inch
フック:マス針
シンカー:アクティブ・DSトーナメント 1/8oz

その他:アクティブ・エア抜き針L

ホームページへ

リミットメイク、入れ替え、そして4位入賞!

8月31日(日)に、兵庫県・東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。

前日プラでは、朝に導水路上のガレ場の水深1〜2mぐらいの所で1匹、日が昇ってから句碑岬周辺岩盤で2匹キャッチすることができ、本番は日が昇るまではシャローを中心に、それから日が昇ればディープに切り替えていく作戦に決め、当日を向かえました。

試合当日の朝イチ、前日プラで調子の良かった導水路上のガレ場を目指し、スタート。導水路には何人か入っていましたが、自分が入りたかったガレ場には普通に入ることができました。

最初にストレートワーム(3.8インチ)のネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/64oz使用)をセットし、探っていくことに。岸ギリギリにキャストし、アプローチを繰り返していくと20分位過ぎた頃に小さなアタリがっ!すぐにフッキングし、慎重にランディング。上がってきたのは、25cm(約200g)のキーパーでした。

幸先良く1本とることができ、気持ちも楽になりました。“この調子で釣れたらいいなぁ〜”と思いながら周辺を攻めていきましが、2時間ほどバイトがなく、気温も上がってきたので、“もう少し深めを狙おう”と水深4〜5mぐらいのラインを探ることにしました。

たかふ岩上流の岩盤に居ついてるバスを狙おうとストレートワーム(3.8インチ)のネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz使用)をセットし、岩盤へキャスト。すると、ステイ中に「コツッ」というバイトがっ!フッキングも決まり、27cm(約300g)のナイスキーパー。“よしっ!リミットメイクまであと1本!”と思い、日もだいぶ昇り、気温もかなり上がってきたので、残りの時間を本湖ディープで勝負することにしました。

水天宮岬、ダムサイトを攻めましたが反応がなく、赤坂沖へ行き魚探を見ると、ハンプの周辺にベイトフィッシュが写り、もしかしたら思い、ストレートワーム(4インチ)のヘビダン(アクティブ・RSトーナメント1/4oz使用)をセットし、キャスト。底をズル引きしていると、“コンッ!コンッ!”というアタリが!充分に食い込ませてからフッキング。25cm(約200g)キーパーギリギリの貴重な魚でした。

これでリミットメイク達成!!さらに入れ替えを目指し、ハンプ周辺をズル引きで探ると、またアタリがありフッキング!なかなかの重みを感じ、慎重にランディング。今度は30cm(約500g)のナイスキーパー!今度は入れ替えに成功!

まだいけると思い、粘りましたが反応も無くなり、タイムアップ。ウェイインに向かい、結果は3匹で1,095g!しかし、他のアングラーもたくさんバスを持ち帰ってきており、“上位入賞は厳しいかなぁ〜”と思いながら、表彰式を待ちました。


▲リミットメイク達成

そして表彰式で、「4位」とアナウンスされ、ビックリのお立ち台!大会を振り返り、3匹揃える大切さ、最後まであきらめない気持ちの大切さを改めて感じました。


▲佐々木プロとダブル入賞でした

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 4lb
ルアー:ストレートワーム(3.8インチ)
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz、1/32oz
フック:マス針

≪タックルデータ(ヘビダン用)≫
ロッド:6.6f
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム(4インチ)
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/4oz
フック:マス針

キャップ:フレックスフィット・カモフラ
シャツ:オリジナル・トーナメントシャツ

ホームページへ

1年振りの琵琶湖!

7月19日(土)に昨年春以来、1年ぶりの琵琶湖へ友人3人と釣行してきました。

当日は、朝から気温が高くてムシムシしていました。去年も50cmUPを何本か釣ったので、今日も50cmUPを目標に湖へ出発しました。

まず最初に木ノ浜沖に向かい、水深4〜5mのウイードエッジを狙うことにしました。最初は全体的に探りたかったので、S字系のルアーから始めましたがノーバイト。1時間後、ジグヘッドにストレートワームをセットしキャスト。

なんと、その1投目のフォール中にラインが走り、上がってきたのは35cm位のバスでした。“小っさいなぁ〜〜〜”と思いつつ、2投目をキャスト。すると、その2投目のフォール中に、またまたラインが走りました。フッキングした瞬間にドラグが走り、慎重にランディング!上がってきたのは、49cmのバスでした。“あと1cm足りないっ!”と悔しかったけど、“魚は、浮いてるな〜〜〜”と確信しました。

フォールを中心に、ジグヘッドネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz)をローテーションしながら探っていくと、小さいながらも何匹かバスが釣れました。その後も周辺を探っていきましたが、日が昇るにつれてバイトが遠のき、集中力も切れてきたので、少し休憩…。

休憩後にアクティバ沖、下物沖、自衛隊沖を攻めていきましたが、小バスが釣れるだけで、なかなか大きいバスは釣れませんでした。そして、タイムリミットまで残り時間あと少し。朝イチに良かった木ノ浜沖に勝負をかけることに決めました。

風もイイ感じに吹いてきて、イイ感じのウイードの固まりを見つけ、釣れそうな雰囲気が漂う中、水の流れなどを考え、固まりのウイードエッジにストレートワームのジグヘッドをキャスト!

すると、またその1投目にバイト! フッキングした瞬間にドラグが走り、止りませんでした!そして、水面で暴れたバスを見て、

“ヨッシャ〜〜〜〜〜!楽勝50cmUPや〜〜〜!!!”

と、思った瞬間にウィードに潜られ、ラインを擦られ、“ヤバイッ!”と感じた時には“プンッ”という音とともに軽くなり、ラインブレイク…。

…痛恨のバラシにショックを受けましたが、“まだ、バスはいる!”と確信し、キャストを繰り返していく中、同じウィードエッジで45cmのバス、43cmのバスを立て続けにゲットし、タイムアップ。


▲1年振りの琵琶湖は、楽しかった!

50cmUPは釣れずに残念でしたが、久しぶりの琵琶湖は“やっぱり、いいフィールドだなぁ〜〜〜”と感じた一日でした。

≪タックルデータ(ジグヘッド用)≫
ロッド:6.0f(L)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 4lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
リグ:ジグヘッド 1/16oz

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
フック:マス針
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz

キャップ:フレックスフィット

ホームページへ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode