淀川で人生初のボートフィッシング!

こんにちは、谷口です。

大阪府・淀川でボートフィッシングを楽しんできました!

 

ボートからは初めての淀川釣行という事で友人に情報を教えて貰いながらワクワク気分で準備をし、友人のボートに同船させて頂いてスタート!

 

 

まずはスロープ近くの橋脚から。

 

 

沈み物がたくさんあるとの事だったので、すり抜け抜群のアクティブ・RSトーナメントを使用したダウンショットをチョイス。橋脚へタイトにフォールさせるも前日の雨の影響で、普段より流れが早くて一瞬で下流へ流されてしまいます(汗)

 

シンカーを1/11ozから3/16ozに変えて、流れのヨレのあるポイントへキャストしていきましたが、残念ながらこのポイントは不発。

 

当日の川の流れの強さからライトリグは扱い難いと判断し、クランクベイトやスピナーベイトの巻物でサーチしながら上流へポイント移動しました。

 

 

そして中洲になっているポイントで友人のクランクに遂にヒット! …が、ボート際で痛恨のフックオフ(泣)

 

 

しかしこのポイントはベイトも多く、反転流もあり期待大。

 

 

巻物、ジグ、表層系といつ出てもおかしくない状況でしたが、何故かバスからの反応を得られず、仕方なく大きくポイントを移動し下流域へ。

 

ここで狙うポイントは杭やテトラのマンメイドストラクチャー。そしてその狙いが的中してスピナーベイトが沈黙を破ってくれました!

 

 

 

 

 

1時間の間に40アップ、50アップ、40アップとナイスバスを3本!

 

 

 

 

 

 

特に50アップはテトラの影からスピナーベイトをひったくるようなバイトで、川バスらしい強烈な引きを楽しませてくれました。

 

 

 

 

 

 

ウエイトもアクティブ・フィッシュスケール2kg “カシャーン” と振り切る 2kgオーバー で大満足の釣行になりました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメント兇6位入賞!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター池原・第3戦に参戦してきました。


久し振りの奈良県・池原ダムへの釣行ということで気分はアゲアゲ!なのでタックルもアゲアゲで表層系をメインに組んで前日プラクティスに入りました。

 

まずは大場所である前鬼橋の橋脚をクローラーベイトでタイトに通すと早速ガバッとハデなバイト!

 

 

ウエイトは800gと少し期待外れでしたが幸先は良し!

 

 

しかし、クローラーベイトや表層系のルアーに反応があったのはこの1本のみ。猛暑でバスも元気がないのかもですね。次は少しレンジを落として探ろう前鬼筋・上流の赤土バンクの7m前後をラバージグで探ると700g前後のバスがポロポロ。

 

次は備後筋の立木に狙いを絞りダウンショットやネコリグのフォールで探るとまたも700g前後がポロポロ。この時期のアベレージサイズは比較的イージーに釣れるみたいで、唯一のキロフィッシュはたまたま出会った回遊バスのみでした。

 

 

 

 

バスは夏のポジションに移行しつつある感じではありましたが、試合に勝つにはやはりサイトでの回遊狙いは必須と予想通りの雰囲気でプラクティスを終えました。

 

その後は近くの温泉で汗を流して、冷たいビールを飲んで体力回復のために早目に就寝。

 

 

そして大会当日。

 

朝イチに向かったポイントは備後筋・中流域。ここは垂直岩盤と立木の複合ポイントでバスの回遊ルートにもなっており、プラクティスで得た情報から自分の中では一級ポイントの1つでした。

 

まずは立木に付いてるバスに対してゆっくりルアーをフォールさせるためにアクティブ・RSトーナメント1/20ozのワッキーダウンショットを使用。

 

ゆっくりフォールさせるためには本当は1/32ozが有効でしたが、立木との距離が近いとバスに気付かれてしまうため、飛距離を稼ぐために1/20ozを使いました。

 

 

このあたりの微妙なウエイトのバリエーションがあるので有り難いですよねー!

 

 

そして数本ある立木から前日同様に700g前後のバスを釣ることが出来て、早々にリミットメイクに成功!

 

 

ここからはキッカー狙いにシフトして岩盤沿いをサイト開始!

 

 

そして単体で泳ぐナイスなバスを発見し、アクティブ・DSトーナメント1/32ozのダウンショットをバスが泳ぐ先の岩盤の小さな張り出しにキャスト…。運良く一撃で反応してくれてキッカーとなる1,400gをキャッチ!

 

しかしここからが苦しい時間帯で、少ないチャンスで出会う回遊がほぼ700〜800gとキャッチに成功しても数十gの入れ替え…。


新しい手も時間も無くなってきたことから、大会会場までの間で、岩盤・シェード・水通しの3つをキーにポイントをランガンすることに。

 

 

この狙いは回遊バスもしくはシェードにコンタクトしているバス。

 

 

余計なプレッシャーをかけないために岸から距離を取り、半サイトでアクティブ・RSトーナメント1/20ozのダウンショットをキャストしていくと、狙い通りにバスからの反応が!

 

何とか全てをキロフィッシュに入れ替えることに成功し、ウェイインすることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

結果は、3本・3,523gでお立ちには一歩届かず、6位入賞。

 

 

ウエイトがもう少し伸びてくれたら良かったのですが、狙い通りにバスをキャッチ出来たので順位は残念でしたが満足いく試合展開でした。

 

そして今回使用したアクティブ・RSトーナメントですが、昨年発売されたアクティブ・DSトーナメント同様にリニューアルして販売されます。

 

 

 

 

 

価格も1/32〜3/16ozまでは450円と財布に優しい価格となっており、入り数もしっかり入ってますよ!

 

 

 

 

 

是非皆さんもアクティブシンカーを持ってリザーバーの釣りを楽しんでください!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第1戦で5位入賞!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター布目・開幕戦に参戦してきました。

 

大会前は非常に暖かい日が続き、会場である奈良県・布目ダムの水温も例年と比較して15℃前後とかなり高い状況でした。しかし前日からは気温も下がり、風も非常に強くて防寒対策が必要なほどの天候に逆戻り。

 

そんな状況の中、水の中の季節の進み具合を考えながらプラクティスに入りました。

 

季節の進行とともに越冬場所からシャローに上がってきているだろうバスをイメージしてポイントをある程度絞り込み、その付近を重点的にチェックしていくとことに。

 

すると狙いのポイントでテキサスリグ(アクティブ・BSトーナメント 12g使用)にバイト!

 

イメージ通り越冬場所の近くのカバーから反応があり、狙いはまずまずと思いながら重点的にカバー撃ちを続けたのですが、後が続かなかったので狙いをカバーの手前に変えミドストでチェック。

 

そしてまたまた狙い通りショートリーダーダウンショット(アクティブ・DSトーナメント 1/3oz2使用)のミドストにナイスフィッシュが反応してくれました。

 

 

 

 

これで自分がイメージしたポイントは間違ってないかな、と少し手応えを感じることが出来ました。

 

残り時間はバックアップとして冬を引きずっているバスを探しましたが、それらしいポイントでも反応は得る事が出来ないままプラクティスは終了。

 

これで大会当日は自分のイメージしているポイントのカバー付近をランガンすることで決定!

 

 

そして大会当日。まずは前日にミドストで釣れたストレッチへ。

 

ショートリーダーダウンショット(アクティブ・DSトーナメント 1/32oz使用)カバー手前をミドストで探るも前日の再現にはならず。

 

 

 

 

同じストレッチのカバー奥をテキサスリグ(アクティブ・BSトーナメント12g使用)で丁寧に撃っていくとフォールとともにラインがスーッと水面に入っていき、巻き合わせでしっかりフッキングして無事にランディング成功!

 

比較的早い時間での1本だったので、これはイケる!と思ったのもこの時だけで、その後はランガンするも全く反応なし…。

 

また、風も強くて自分の狙いのポイントではない風裏のポイントへ移動したり、少しディープをしてみたりと、試合終盤は自分の釣りをやり切る事が出来ずにタイムアップ。

 

結果は、例年通りこの時期の布目ダムの状況は厳しかったみたいで、ウェイインしたのは10名の選手のみ。

 

 

 

 

 

1本・1,200gで5位に入賞する事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

また同じチームアクティブの生島選手が準優勝と一緒に入賞出来て嬉しかったです。

 

 

 

 

 

良いスタートが切れたので残りの試合も頑張ってまた良い報告をしたいと思います!

 

 

 

 

DS トーナメント2

1/32〜3/16oz

価格:486円
(2018/4/27 17:45時点)

 

RSトーナメント

価格:584円から
(2018/4/27 17:49時点)


フィッシュスケール

価格:3,742円
(2018/4/27 17:41時点)

 

 



アクティブ・ホームページへ


春を求めて奈良県・七色ダムへ!

こんにちは、谷口です。

春を求めて奈良県・七色ダムへ行ってきました。

 

一足早く動き出すデカイバスをサイトで仕留めたいなぁ〜〜〜と思い、朝イチに向かったのは大又川バックウォーター。

 

ワラワラと見えバスが居てると思いきや、見える魚はかなり少なく、居ても動きが早く、狙い難い状況でした。

 

しかしサイトの練習と思い、少ない個体を探しながら3時間ほど頑張ったのですが、チャンスもなく日が上がるとともに数少ないバスも姿を消してしまい断念。

 

少し下流に移動してしまったかな〜と思い、バックウォーター近くまで戻り、サンドバーをチェックするとバイトの嵐!

 

一瞬熱いポイントでは!?と思ったのですが、バイトに違和感を感じていると…、やはり違う魚種でした。

 

 

 

 

午後からはエリアを大きく移動して西ノ川へ。

 

人気エリアでプレッシャーは高いですが、ここもいち早く春を感じられるポイントです。そんな中で岩盤、立木、レイダウン、オーバーハングが絡む複合ポイントに数匹のバスを発見!

 

しかし超天才君で色んなリグを投入しましたが、反応はイマイチ…。

 

唯一ピクピクに反応があったのでアクティブ・MSトーナメント1/64ozのネコリグをオーバーハングに引っ掛けて提灯釣りでアピールすると1番デカイ奴がバイト!

 

ラインブレイクしないようにイメージはしていたのですが、一瞬のツッコミで対処出来ずにラインブレイク…。

 

その後は全く相手にされず、風も強くなってきたのでサイトフィッシングは諦めました。

 

このまま帰るのは寂しいので、春一歩手前のミドルレンジのバスに狙いをシフトし、アクティブ・DSトーナメント 1/16ozのダウンショットミドルサイズのバスを3本釣って終了。

 

 

 

 

今回は、狙いの見えバスを釣ることが出来ませんでしたが、次回はリベンジ報告したいと思います!

 

サイトフィッシングで少しルアーを沈めたい、アクションを抑えたいって時にお勧めなのがアクティブ・MSトーナメント1/96oz、1/64oz、ダウンショットではアクティブ・DSトーナメント 1/32oz、1/20ozです。

 

 

 

 

特にDSトーナメント兇蝋眸羹であることからシルエットも小さくなっているので余計なプレッシャーも軽減できますよ!

 

 

 

MSトーナメント 1/96oz

 

 

MSトーナメント 1/64oz

 

 

 

 



アクティブ・ホームページへ


RSトーナメントとDSトーナメント兇了箸なけ!

こんにちは、谷口です。

極寒の中、NBCチャプター池原・第1戦に参戦してきました。


前日プラクティスは午前中に用事があったので午後の数時間のみでした。

 

じっくりポイントを探る時間はないので、エリアをボート昇降場から近い前鬼筋と本流筋に絞ることに。それでも16時までのルール制限があるため気ばかり焦って、集中したプラクティスにはなりませんでした。

 

大会当日は、前日に辛うじてバスからの反応を得た前鬼筋の入り口の岬へ。先行者の選手に許しを得てポイントをシェアさせて頂きながら狙ったのは、岬の先端の水中立木とスタンプ。

 

 

水深は12〜14m。

 

 

アクティブ・RSトーナメント1/8ozのダウンショットでバーチカル気味に探っていると着水とほぼ同時にバイトが!

 

立木に巻かれないよう沖に誘導して無事にランディング。ディープの魚には必須アイテムのアクティブ・エア抜き針Lでエア抜きを施して1本目。

 

 

 

 

しかし極寒の厳しいこの季節、後が続かずポイント移動することに。移動したポイントは本流筋の立木群と沖のフラットエリア。

 

ここでは立木群ではすり抜け重視のアクティブ・RSトーナメント、フラットエリアでは感度重視のアクティブ・DSトーナメントとシンカーを使い分けてダウンショットで探っていきました。

 

 

 

 

しかし、ベイトが入ってきておらず反応のないまま時間が過ぎ、残り時間も僅かに。最後の悪あがきで再度、前鬼筋の岬へ。

 

朝と同じようにアクティブ・RSトーナメント1/8ozのダウンショットを立木に絡めて落とし込むと奇跡のバイトが!

 

サイズは奮いませんでしたが何とか2本のバスをウェイインする事が出来ました。

 

 

 

 

結果は10位。

 

 

次戦は池原らしいビッグバスをウェイインして良い報告をしたいと思います。

 

 

ダウンショットのシンカーですが、シチュエーションにより使い分けることで釣果に大きな差が出ると思いますので試してみてくださいね。

 

特に根掛かりはポイントを潰してしまうことになりすし、地形を体感できる事は集中力を高めることになりますので、すり抜け重視のアクティブ・RSトーナメント、感度重視のアクティブ・DSトーナメントの両方持ってフィールドへ!!

 

 

 

 

RSトーナメント 1/8oz

 

 

RSトーナメント 1/11oz

 

エア抜き針 L

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・DSトーナメント兇蚤塰召裡栄ぁ

こんにちは、谷口です。

日本一開催の早いNBCチャプター奈良に参戦してきました。

 

開催地は奈良県・七色ダムです。

 

気温はマイナス、水温はもちろん一桁と極寒の湖の状況ではありますが、水量が多いリザーバーであるため、急激な水温低下や変化等はなく比較的安定していることから他のフィールドよりはバスの反応があるリザーバーです。

 

前日プラクティスでは気になるポイントをランガンし、釣れたのは2ヵ所で1本づつ。確実にバスは居てるが、やはり簡単には口を使ってくれない状況でした。

 

そして大会当日。

 

向かった先は昨日釣れたポイントの1つの大会会場前。水深15mの沈み物や小さな立木周辺をすり抜け抜群のアクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットで探ると早々に小さなバイトが…、しかしフックアップならず。

 

その後、反応がなくなったので少し移動して水深16mのディープフラットへ。


ここではフラットの中でも小さな地形変化等を感じるためにアクティブ・DSトーナメントのダウンショットに。

 

 

 

 

このシンカーの特徴としては焼結タングステンでスイベルを使わずハリス止めを直接埋め込んでいるために感度がバツグンに良いところです。

 

リザーバーは地形の変化やストラクチャーが多いフィールドなのですり抜けが良いアクティブ・RSトーナメントが必須アイテムですが、フラットエリアを攻める場合にはこのアクティブ・DSトーナメントの出番かなっと!

 

そして魚探でベイト、バスの反応を見ながら探っているとバスらしき魚影が…素早くアクティブ・DSトーナメント 3/16ozのダウンショットを落とし込むとバイトがあり、慎重にやり取りし待望の1本。

 

ディープの魚であるためアクティブ・エア抜き針Lでエア抜きをしてライブウェルへ。

 

 

 

 

この調子でリミットメイクはいけるのでは!?と思ったのも束の間、その後はバイトすら無い状況。小移動を繰り返しながら頑張ったのですが思いに反して1本のみでタイムアップ。

 

 

 

 

結果は24位でした。

 

今回使用したアクティブ・DSトーナメントですが昨年末からリニューアル発売されております。ウエイトも1/32oz(0.9g)〜3/16oz(5.0g)とバリエーション豊富で、感度も抜群なので皆さんも是非お試しください!

 

価格もお財布に優しくなってますよー!

 

 

 

RSリザーバーシンカートーナメント 1/11oz

 

エア抜き針 L

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良で年間2位!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター奈良・第4戦に参戦してきました。今年は年間優勝を目指す!と公言して挑んできて、今回の第4戦が最終戦となる大会でした。

 

 

最終戦を迎えての年間順位は2位!

 

 

しかしトップとの差は10ポイント…。

 

 

逆転するには大きすぎるポイント差でしたが、やれる事をやり切ろうと前日から大会会場の七色ダムへ入りました。

 

狙いは良型の回遊バスをサイトフィッシングで!と考えていたのですが、自分が思うポイントでは回遊に出会うことが全く出来ず…。唯一確認出来たのが大又川上流のサンドバー。

 

サイズは700g前後でしたが、ここまでの湖のコンディションを考えると3本のリミットメイクで2kgを超えるポテンシャルはアリです!

 

ただ優勝を狙うにはウエイトは足りないので、その後も良型が回遊しているポイントを探して湖を奔走。

 

そしてサイトフィッシングではないのですが、北山川筋の旧発電所上流の流れ込み付近で待ち望んでいたバイトを得ることが出来ました。

 

 

それは推定60オーバー!!

 

 

慎重に沖に誘導したのですが、ジャンプでフックオフ…。しかしその後ろにも数本の良型バスを確認するが出来ました。

 

これで当日のプランは大又川上流で2kgのベースを作って、残り時間はこの良型に出会う事を信じてやり切るに決定!

 

 

そして迎えた大会当日。

 

 

フライトが早かったこともあり、狙い通り大又川上流サンドバーへ入るとこに成功。

 

水深3mまでを回遊しているバスをサイトで狙うので他の選手のプレッシャーを少しでも避けたいと思い、マイエリアの主張する意味で普段は使わないマーカーを投入。

 

リグはアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをメインに、アクティブ・MSトーナメント1/32ozをインサートしたネコリグ、ノーシンカーを用意。

 

しかし前日同様、バスは見える水深で確認出来るものの無反応…。リグもキャストするポイントも色々試したが反応はイマイチ。

 

何が違うのか考えてみると、前日より減水している事に気が付きました。おそらく水深が更に浅くなったことにより、バスへのプレッシャーが高くなってしまったみたいです(汗)

 

 

そこで少し水深のあるサンドバーのブレイク沿いに狙いをシフトしました。

 

 

更に沈んでいる岩や木の小さな変化を把握するためにダウンショットのシンカーをアクティブ・DSトーナメント1/16ozに変えて投入!

 

このアクティブ・DSトーナメントの感度は他のシンカーと比較してもピカイチで、現在は製造されておらず手持ちが少ないため、ここぞ!という時の必殺アイテムです。

 

 

そしてこの狙いが当たり、待望の1本目となる750gのバスをGET!

 

 

その後も反応は薄いですが、同じリグで何とかリミットメイクに成功しました。しかしウエイトは予想を下回る1,800gほど。

 

粘ってウエイトアップすべきかどうか悩みながらその場で釣り続けていたのですが、暫定1位の選手がこのポイントの近くでリミットメイクしたのを見てしまったので、このままでは絶対勝てないと移動を決断しました。

 

狙いのポイントは前日の60ポイントですが、移動しながら気になるポイントをランガン。しかし、入れ替え出来るバスに出会うことは出来ず、遂に最後の頼みの綱のポイントに到着。

 

 

そして、1投目にバイトが!

 

 

心の中でマヂかーーー!きたーーー!っと叫び、奇跡が起きたと思ったのですが…。奇跡はそんな簡単に起きるはずもなく、数10gの入れ替えフィッシュでした(泣)

 

 

そして敢えなくここでタイムアップ…。

 

 

 

 

結果は3本・1,849gで11位。

 


もちろん年間優勝には届かず、現状維持の年間2位で今年のNBCチャプター奈良は終了しました。

 

 

 

 

残念でしたがポイント差を考えるとまだまだ実力不足かなと納得。ただ、悔しさはあるので来年また年間優勝に挑みたいと思います!

 

 

 

 

そして今回ダウンショットに使ったシンカーのアクティブ・DSトーナメントですが、リニューアルして再販予定なので楽しみにしていてください!

 

使ったことない方も是非一度使ってみてくださいね!

 

 



アクティブ・ホームページへ


GWに池原ダムへ!

こんにちは、谷口です。

GWに奈良県・池原ダムへ行って来ました。

 

この時期の池原ダムでは多くの方が60cmを超えるビッグママを求めて来られています。

 

 

もちろん僕もその1人です。

 

 

当日は仲良しメンバーでロクマル目指してプチトーナメントも開催し、みんなでワイワイガヤガヤと楽しんで来ました。

 

メンバーが思い思いのポイントへ移動する中、僕は坂本筋の岩盤エリアへ。

 

しかし、坂本筋は1年通して人気の筋でこの日も沢山のアングラーが楽しんでおられたので、プレッシャーも高そうと判断し、早々に備後筋へ移動。

 

そして上流から下流へ流していくとポロポロとバスを見掛けるようになってきました。

 

 

しかし狙いのビッグママではないのでスルー。

 

 

更に下流へ流していくと小さな岩の張り出しとレイダウンが絡んだ少し深い場所に大きな影を発見!

 

 

一旦距離を取り、慎重にアプローチするも反応はイマイチ…。

 

 

それでもキャストを繰り返しているうちに、僅かですがバスが意識しているポジションを見つることができ、そのピンポイントへアクティブ・エアーリーチ(イエロー)6インチのテキサスリグ(アクティブ・BSトーナメント 3/8oz使用)を送り込み、ステイさせると遂にバイト!

 

 

残念ながらロクマルではなかったのですが50アップのナイスなバスでした。

 

 

 

 

アクティブ・エアーリーチはステイさせるとテールが立ってユラユラと自発的にアピールしてくれます。

 

 

 

 

ステイさせることでルアーの不自然な動きや糸切り音もないので、反応の悪いバスもエアーリーチの滑らかなテールの動きに思わずバイトしてしまうのだと思います。

 

是非、皆さんもエアーリーチのナチュラルアクションを体感してみてください!

 

 

その後は備後筋と坂本筋のインターセクションまで釣り下りましたが、このサイズを超えるバスとの出会いはなく、本流にある南ワンドと北ワンドへ移動。

 

 

南ワンドでは沢山のバスが浮いており、表層系のルアーで数釣りが楽しめました。

 

北ワンドではビッグワンとの巡り合わせがあったのですが、フッキングが甘くバラしてしまい、ここで終了。

 

 

結局、ロクマルを釣ることは出来ませんでしたが、GWのハイプレッシャーでメンバーも苦戦したみたいで、プチトーナメントの結果は50アップで優勝でした〜。

 

 

 

 

夜はみんなでBBQをして、美味しい肉と酒、バカ話で盛り上がり、楽しいGWになりました!

 

 



アクティブ・ホームページへ


津風呂湖でロクマル!

こんにちは、谷口です。

約1年ぶりとなる奈良県・津風呂湖に行ってきました。

 

夕方から予定があったので昼過ぎまでの釣行でしたが、とても楽しめました!

 

津風呂湖はプロ戦で年間優勝したこともあり、比較的相性の良い湖です。過去の経験から、気になるポイントを周っていくと早速ナイスなバスを発見!


ある程度の距離を取って、アクティブ・エアーリーチ6インチのテキサスリグを投入すると、エアーリーチのナチュラルなテールの動きがバスを誘発して一撃でバイト!

 

朝イチから56cmをGET!

 

 

 

 

「幸先いいなぁ〜〜〜♡」と思いながら上流に上がっていくと丸太のような影を発見!

 

 

しかし、反応はイマイチ…。

 

 

バスとの距離、ルアーを入れるポイント、アクション等、色々と試行錯誤すると僅かながら反応するアクションがあることがわかり、苦戦の末、遂にバイトさせることに成功!

 

 

強烈な突っ込みをうまくやり取りし、、、

 

 

 

 

61cmのビッグバスをGET!

 

 

 

 

心臓バクバクで手も足も震えるほどのビッグママでした。

 

 

その後も55cmの他、40UPを数本釣って、風が強くなってきたので予定より早く終了。

 

 

 

 

久し振りの津風呂湖でしたが、やはり相性が良く大満足の釣果となりました。今日の釣果のリグですが、全てエアーリーチのテキサスリグでした。

 

 

 

 

エアーリーチのナチュラルアクションは本当に皆さんにも体感して欲しいです。

 

 

テキサスリグのシンカーはアクティブ・BSトーナメントを使用していたのですが、このシンカーはホールエッジを滑らかに加工することによるチューブレス仕様となっています。


ラインホールにチューブが有る場合はチューブの劣化等により、ラインがシンカーと直に擦れることがあり、ラインを傷付けることがありますが、このシンカーにはその不安がありません。

 

実際に今日の釣果でも全くラインに傷はなく、1度もラインを結び直すことがありませんでした。是非、こちらのシンカーも皆さん使ってみてください!
 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第2戦で8位入賞!

こんにちは、谷口です。

NBCチャプター奈良・第2戦に参戦してきました。

 

大会会場である七色ダムの状況ですが、春と冬が混在しており、各川筋上流では春を意識したビッグバスがウロウロ、冬の定番のディープエリアでもサイズは期待できないがポロポロ釣れる状況です。

 

自分的には釣りのスタイルも春と冬のどっち付かずになり毎年苦手としている時期の大会です。シャローのデカイ1本を狙うか、小さくても手堅くディープを狙うのか…。


何とか絞り込みたい一心で今回は前週とオフリミットがないことから金曜、土曜とプラクティスを3日間敢行。しかし3日間のプラクティスで釣れたのはシャローで1本、ディープで2本のみ。

 

サイズはシャローではキロオーバー、ディープは300g前後でしたが予想以上にディープも難しい状況でした。結局、絞り込むことが出来ないまま大会当日を迎えることに。

 

シャローならあのエリアか…、こっちか…。ディープならこのエリアが堅いか…、とあれこれ悩んでいたのですが、肝心のフライトが中盤後方スタート。

 

これで人気エリアになるであろうシャローの大場所は諦めることができ、まずはディープ狙いでスタートすることに。

 

 

向かった先は北山川筋の旧発電所跡上流。

 

 

流れ込み、岩盤、ガレ場が複合しているポイントで冬場の実績も高いポイントです。しかしバイトもなく、魚探の反応もイマイチだったので1時間ほどで見切り、大会会場前のポイントへ移動。

 

このポイントはプラクティスではベイトが比較的濃く、期待のエリアです。ただ、バスからの反応が薄く内心は不安だったので朝イチはスルーしたのですが…。

 

 

狙いのポイントは沖のショルダー付近。

 

 

ダウンショット(アクティブ・RSトーナメント 1/8oz使用)スローにドラッキングしてしばらくすると待望のバイト!サイズは305g(アクティブ・フィッシュスケール 500g使用)と、やはり小さかったのですが、待望の1本。

 

水深16m付近で釣れたバスなのでエア抜き(アクティブ・エア抜き針S使用)を施してライブウェルに。不安だっただけに非常に嬉しい1本で、毎回のことですがバスがライブウェルに入ると気持ちが落ち着きます。

 

 

 

 

その後バイトが遠のくも、厳しい状況ですので生命感があるこのポイントでやり切ることにして、何とか2本目のバイト!上がって来たのは予想に反して、700g(アクティブ・フィッシュスケール 1kg使用)のナイスフィッシュ!

 

 

「このサイズがもう1本入ればお立ちもあり得る!」と終了ギリギリまで粘ったのですが、そこまで甘くはなく2本でフィニッシュ。参加選手の皆さんも厳しい状況だったみたいで66名中、ウェイインしたのは19名。

 

 

 

 

結果は8位で何とかシングル入賞出来ました。

 

 

もちろん上位に入りたかったですが、プラクティスの状況からすれば自分的には合格点です。そして気になる年間順位は3位とタイトルを狙える位置をキープ!

 

次戦は6月と少し期間が空きますが、今度は得意の季節なんで優勝目指して頑張ります!!

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode