2016年度のトーナメント報告!

皆様、ご無沙汰しております、だいごろうです。

2016年度の1年間のトーナメントが終わりましたので、そのご報告です。

 

近年、良い成績が残せずもがき苦しんだ数年でしたが、昨年はプロトーナメントで2勝する事が出来ました。

 

 

 

 

まずは毎年出場している、岡山県で開催されるJB旭川シリーズ。

 

この旭川ダムは昔からのメジャーフィールドでもあり、トーナメントレイクでもあることから難易度は非常に高い。しかし難しいがゆえに魅力的でもあり、腕試しが出来るフィールドでもあります。

 

旭川ダムに通い始めて早や10年近く経ちますが、チャプターでの優勝はありましたが、JB戦ではお立ち台には上がっても「優勝」がありませんでした。

 

この「優勝」だけを意識し、もがき苦しみ、自分自身の釣りを見失いながらもやっと優勝することが出来ました!

 

 

 

 

アクティブ・MSトーナメントを用いたネコリグ、アクティブ・RSトーナメントを用いたダウンショットはボートデッキの上に乗ってない日はありませんでした。

 

 

 

 

JB旭川シリーズで優勝に導いてくれた魚もこの2つのリグです。

 

 

 

 

続いて今季2勝目を飾る事が出来た試合は、私のトーナメント人生において間違いなく「ベストゲーム」でした。

 

その試合は兵庫県・生野銀山湖で開催されました全日本バスプロ選手権・西日本大会。実は2012年度にもこの大会で優勝しており、通算2勝目。

 

 

しかも今回は初日、2日目ともトップウエイトの完全優勝!

 

 

釣り方が手に取るように分かり、エリアも不思議と体がそこに吸い寄せられた、まさにZONEに入り切った試合だったと思います。

 

初日に釣り上げた55cmのウルトラキッカーから優勝へのシナリオが始まりました。

 

 

 

 

ここからは周りの選手を寄せ付けない怒涛のラッシュが始まり、9時半の時点で2,400gを超える驚異のウエイト!

 

2日目も釣り方・エリアに自信があり、緊張もなく集中することができ、トップウエイト!

 

 

 

 

 

まさに最高の試合でした。

 

 

こういった最高のパフォーマンスが出来たのも日頃からアクティブ製品を愛用されている皆様のおかげかと思います。本当にありがとうございました!

 

 

 

 

また今季も昨年の成績を超えられるよう頑張りますので応援よろしくお願い致します!

 

 



アクティブ・ホームページへ


人生2本目となるロクマル!

こんにちは、だいごろうです。
琵琶湖にて、私の人生2本目となる60アップを仕留める事が出来ました!





ちなみにこの日は、ネコリグで10本ほどのバスを釣りましたがワームのロスなし、シンカーのすっぽ抜け無しです。





ギルバイトも多い琵琶湖ですので、この2つは必ずお持ちくださいね。


ちなみに釣れたエリアは、下物エリアの浚渫。5mから3mに上がるエッジです。この場所は、春先からずっと釣れ続いてます。


プリからアフターの通り道となるので、こういった場所を春先から見つけておくと、長く良い思いが出来ますので、ぜひ参考にしてください。

 

集中力の差が釣果の差!

こんにちは、アクティブ・プロスタッフの中谷です。

今年から新たにトーナメント登録を増やしたので、マザーレイク琵琶湖で釣りをすることがさらに減りましたが、アクティブのアイテムはどこのフィールドでも欠かす事が出来ません。





旧吉野川などでよくあるテトラ等ではアクティブ・ダイレクトスティックRSトーナメントリザーバーシンカーは必需品。










ネコリグを行う時はMSトーナメントミサイルシンカー、ワッキーチューブは欠かせません。小さな物ですが欠けると集中力に大きな差が出ます。









しっかりと集中できる事によって、バスに出会えるチャンスが広がります。皆様もアクティブ製品を使用して、良い集中を保って頂ければと思います。





ちなみに琵琶湖は厳しいながらもぼちぼち釣れていますよ!
やはり安定はネコリグです。

 

初秋の琵琶湖に行ってきました!

こんにちは、中谷です。休みがあれば琵琶湖へ釣りに行っていますので、ここ最近のご報告です。私個人の感想として今年の琵琶湖は、かなり “釣・り・に・く・い” です。

決して釣れない訳ではないのですが…、、、とにかく小さいバスが非常によく釣れます。



逆に40cmを超える、まともな琵琶湖らしい魚がすごく釣り難い状態でした。もうひとつ感じた事は、“いる所にはいる、いない所にはいない” というのがもの凄くはっきりしているように思えます。

例年なら、チャンネルラインを流していたら飽きない程度に釣れる事が多々ありましたが、今年は一度もありませんでした。

魚探の反応であったり、ウイードの変化だったりをしっかり狙う事が必要ですので、流し釣りをするにしてもエレキでどんどん移動し、スピーディーに釣って行くのがオススメです。

良いスポットには魚がどんどん入れ替わり入ってくるので、スポットを覚えておく必要もあります。

小さいバスがよく釣れると言いましたが、これからどんどん水温も下がり、体の小さな魚は段々と動けなくなるので、良いサイズのバスが釣れてくると思います。

今からのオススメの釣りは、南湖では “ディープクランク”、“スピナーベイト” などなど横方向のルアーでリアクションを意識してやることです。



北湖ではディープでの釣りがメインになってきます。

特に東岸エリアはロックエリアが多く、根掛りが非常に多いのでアクティブ・RSトーナメントを用いたヘビーダウンショットがオススメです。

そして、年がら年中、ボーズ逃れでオススメなのは、アクティブ・MSトーナメントを用いたストレートワームのネコリグです。これは北湖も南湖も使えますので、ぜひお守りとしてワンセット持っておくと良いと思います。




≪おまけ≫
少し前ですが、チャプター旭川・最終戦準優勝することが出来ました。



これからも応援よろしくお願い致します。

 

JB旭川・第2戦で第3位!

皆様、こんにちわ!中谷大智です。
6月3日(日)に、JB旭川・第2戦に出場してきました。

第1戦はスポーニングの時期ということもあり、苦手なネスト戦でした。しかし今回は6月に入ったこともあり、アフタースポーンのデカいバスを狙うと心に決め、試合に挑みました。

まずは、前日プラ。噂によると “まだネストが残っていて、しかも魚がデカいらしい” という事でしたが、戦略は迷うことなくアフターのバス。

この日、自分が掴んだヒントはワンド奥でフィーディングしているバスを見つけたのと、湖が日に日に減水していたので、水深のある縦のストラクチャー(立ち木、人工物、橋脚)でバスの反応があったことでした。なので試合もこのプランでいくことに決め、前プラを終えました。

そして試合当日。朝から雨。ローライトということもあり、朝イチにワンド奥でフィーディングに上がっていたバスを狙いにいきましたが…不発。バスが消えたのではなく、フィーディングスポットに上がってきてもスイッチが入らず、全く口を使わない…。

水温? 風? プレッシャー? 時間? …何が原因かは分かりませんが、長く粘っても無理と判断し、縦スト狙いへシフト。…が、しかし、ここでも不発。

前日とは明らかに異なり、魚っ気が全くない。岩盤、ゴロタエリアも不発…。仕方なく違うエリアの縦ストをランガンしようと走っている時、とあるフラットが目に入り、前日にチェックして無かったということもあり、凄く気になった。

まるで吸い込まれるようにそのフラットに入り、まずはシャローをサイトでチェック。するとベイトフィッシュ、バス(20cm位)がたくさんいました。これはもしかして?と思い、シャローフラットから1番最初のブレイクと小さな張り出しが絡むスポットへノーシンカーをキャスト。

なんと、その1投目に起死回生のスーパーキッカー!!

正直言いまして、サイズは予想外でした。3lbラインだったのでドキドキでしたが、難なくキャッチ。そこからキーパーを短時間で2本追加して、もう一発キッカーを獲るために上流勝負にいきましたが、タイムアップ。



ウエイトは2,557g(3本)でお立ちは無理かな?と思っていましたが、他の選手もかなり厳しかったようで、3位に入ることができました。



年間成績も現時点で3位上位陣は強敵ばかりですが、残りの試合も全力で攻めて、ぶつかっていこうと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ


アクティブ・ホームページへ


JBマスターズ・最終戦で初のお立ち台!

皆様、こんにちは!だいごろうです。2010年も“あっ”という間に過ぎていき、
早くもマスターズシリーズ・最終戦(野尻湖)を戦い終えました。
そして、プロ戦では初のお立ち台で、3位になることが出来ました。

…今でも不思議な気分です。
何故なら、最終戦を迎える10日程前に2日間のプリプラに入りました。
その時は、キーパーかつかつの魚を1日1本という絶望的な釣果で、頭の中は真っ白…。けど、そこは冷静に考えると、“プリプラでしてきたことは何かを間違っている”から釣れなかった。その何かを試合前日に修正出来れば、なんとかなると信じて試合を向かえました。

◆前日プラ…
もう一度、10日前にした釣りをやってみるが、やはり釣れない…。
正直、アセリと絶望感はありましたが、1本だけ違う狙い方で釣れたバスを信じて試合をやりきることを決意。そして、この1本のおかげで何やらイイ予感が…。

◆大会初日…
10日前から僕が間違っていたのは、狙うレンジ
プリプラから前日プラまで7〜8mを狙っていましたが、試合では10〜14m
今年は残暑がきつかったのと減水が原因で魚のレンジが一段深いところに落ちていて、しかも浅いレンジにいるノンキーの活性が高すぎたので、深いレンジを攻めました。


▲初日に釣れた魚は、2本(1,724g)で単日6位

初日は爆風で、超ライトリグを操るスモール戦ではかなりの致命傷でしたが、
周りの選手の方々が予想以上に釣れてなくて、自分でもびっくりの単日6位。
2日目は爆風でないことを祈りながら初日を終えました。

◆大会2日目…
この日は祈りが通じ、風は程よい感じで狙い方は初日と同じ。
風向きだけは変わっていたので、そこだけ注意して釣りをしました。


▲2日目は、3本(1,982g)で単日7位


▲総合成績3位でした

このレポート書きながらも、いまだに自分に魚が釣れたことが不思議です。
今回の試合は、体が勝手に動いてくれました。まるで何かに取り憑かれたかのように、頭で描いているポイントとは違う方向に体が行ったり…。

周りの方々によく“スモール上手いね”って言っていただけるのですが、僕が上手いのではなく、“スモールに愛されているのだ”と僕は思っています(笑)

いつも応援していただいている皆様、本当にありがとうございます。
やっと念願のマスターズのお立ち台に上がれて嬉しく思います。
しかし、自分が目指すのはもっともっと “上” です。
これからも一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。


アクティブ・ホームページへ

琵琶湖で自己記録更新!

皆様、こんにちわ中谷大智(だいごろう)です。
今回は、8月10日(火)に行ってきた琵琶湖釣行についてのご報告です。

連日炎天下続きの中、この日は台風の接近に伴い、曇り時々雨の予報で、
風もまだ穏やかでした。

とりあえず朝一は、自分の好きなエリアの烏丸半島沖に入り、5インチストレートワームのノーシンカーをキャスト。魚探の映像もベイトが映っていて、イイ感じ。

…するとさっそくギルのアタリがっ!アワセずラインを出して、フリーにする。そして、きいてみる…。バイトがバスに変わった!ココで渾身のフッキング!! 
             
……… 釣れました!


▲マリーナの桟橋にて撮影


はい!63センチw


自己最高記録が朝一、しかもこの日の1本目にあっさり釣れて、
ビックリでしたが嬉しかったです!

この後は気持ちに余裕も出来、色々な釣りを試していきました。スピナーベイト、クランク、アクティブ・MSシンカー1/11ozをセットしたベイトネコなど。

それぞれ好反応を得ることができ、楽しい釣りをする事が出来ました。
特に晴れ間が覗き始めて、タフになった時間帯でのベイトネコは、
いいバックアップになったと思います。

狙う水深も4〜6mと深めを狙いました。時間帯、天候の変化に応じてエリア、
釣り方を選ぶことが重要でした。

“はまれば天国、はずせば地獄”の琵琶湖にぜひ、
皆さんも釣りに行ってみてください!



ちなみに、私・中谷は地獄を見る率の方が高いですw
でも、ロマンがありますからね!

また、同じアクティブ・プロスタッフで、僕の先輩・藤井大介さんが琵琶湖ガイドをしておりますので、コチラの方もぜひよろしくお願い致します。


http://www.d-bass-style.com
 
≪タックルデータ(スピナーベイト用)≫
ロッド:7.0f(H)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:スピナーベイト 3/4oz

≪タックルデータ(クランク用)≫
ロッド:7.0f(M)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:3.5mダイバークランクベイト

≪タックルデータ(ノーシンカー用)≫
ロッド:6.7f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム 5inch
フック:4/0

≪タックルデータ(ベイトネコリグ用)≫
ロッド:6.6f(M)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム 6.5inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/11oz


アクティブ・ホームページへ

NBCチャプター旭川ダム・第3戦、優勝!

皆様、こんにちは中谷大智です。
6月13(日)にNBCチャプター旭川ダム・第3戦に参加してきました。

天気予報では、試合前日は晴れで当日は雨というだったので、前日はサクッと湖の雰囲気だけをチェック!あまりエリアや釣り方をしぼると痛い目にあうので、柔軟に対応できるように前プラは軽くで終了!

この日感じたことは…、
.丱垢呂泙瀬┘気鯆匹いけまわす程回復していない。
¬斉の雨で変わるか変わらないか?

この時、何となくですが…、おそらく変わらない気がしました…。

そして試合当日。雨ではあるが釣りはスローにやるのを意識して、アフターの魚が居そうなエリアをランガンして釣っていきました。

具体的には…、
ローライトで活性が上がるエビを意識して、ゴロタエリア。
もうひとつは、ベイトフィッシュを意識して、フラットエリア。


ゴロタエリアではアクティブ・MSトーナメント1/32ozをセットしたネコリグ
フラットエリアではスイムベイト5インチのノーシンカー。
両方の釣り方ともルアーを動かすのは、ゆっくり。

この作戦で旭川ダムでは特大級のバスを2本釣ることができ、自分でもびっくりウェイトで2本・4,113gでした。



ただ、釣ったのは2本のみで、上流のポテンシャルを知っているだけに、“優勝はないだろう”と思っていたのですが、2位と僅差で優勝することが出来ました!



今回優勝できたのは、本当に僕ひとりの力で勝ったのではなく、多くの方々に支えていただいて、このような結果を残すことが出来ました!
皆様、本当にありがとうございました!
これからも頑張りますのでよろしくお願いいたします。

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.4f(L)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 5lb
ルアー:ストレートワーム
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz

≪タックルデータ(スイムベイト用)≫
ロッド:7.0f(H)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:スイムベイト5インチ(ノーシンカー)


アクティブ・ホームページへ

NBCチャプター旭川ダム・第2戦!

皆様、こんにちは。中谷大智です。さて今回は、5月9日(日)にNBCチャプター旭川ダム・第2戦に出場してきました。

5月に入ってからは気温が25℃超の日々も続き、予定ではスポーンを終えていち早く回復したアフターのデカバス狙いにするつもりでした…が!いざ、現地に到着してみると、現在がスポーニングの真っ最中だそうで。なんとも気の毒な…。

と、いう訳でアフターの釣りは諦め、仕方なく前日プラは昼から出船してパパッとシャローをチェックしてプラは終了。ココで感じたのは、ネストの周りにうろついてるメスバスがとてつもなくデカい!ということ。明日の狙いは、難しいですがメスバスに定めました。

試合当日のフライトは、20番台で第3スタート。
僕が前日に見つけたエリアはノーマークだろうという勝手な?考えがあり、焦ることなくポイントに向かった。案の定ポイントはノーマークで、静かに近づく。さぁ〜メスを釣ろうと思ったのですが…、ネストにはオスしかいません…。

しばらく様子をみたものの、昨日のメスが全く現れない…。仕方なくスモラバでオスを釣り、次のエリアへ移動。しかし、ココもプレッシャーなのかオスしかおらず、申し訳ないと思いながらオスバスをフットボールの3/8oz(ホワイト)で釣りました。

この後も気になっていたエリアをランガンしましたが、プレッシャーがきつくて口を使ってくれません…。最後にアフターの魚をサイトで見つけ、いい反応をしていたのですが、時間がなくてバイトまで持ち込めず、2本でウェイインとなりました。



ウエイトは2,198gで53人中10位でした。
久しぶりの旭川ダムでの試合だったので、凄く楽しめました!
次回の試合も頑張ってきますので、応援よろしくお願いいたします!!


≪タックルデータ(ラバージグ用)≫
ロッド:6.5f(M)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ラバージグ(フットボール)3/8oz

≪タックルデータ(スモラバ用)≫
ロッド:6.1f(ULS)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:スモラバ 1/16oz

≪タックルデータ(テキサスリグ用)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ホグ系ワーム 3インチ
シンカー:アクティブ BSトーナメント 5g
フック:オフセット 4/0


アクティブ・ホームページへ

GW明けに琵琶湖へ!

皆様、こんにちは!中谷大智です。GWはいかがお過ごしでしたか?
私、中谷はGW明けの5月6日(木)に、日本最大のドリームレイク“琵琶湖”に行ってきました!

そこでの釣果を今回報告させていただきたいと思います。
まず、この日は朝から晴れで、ほぼ無風時々そよ風といった感じ。

巻き物はちょっと厳しいかな〜と思いつつも朝イチだったので、
3m〜3.5mラインをクランクベイトで流していきました。
エリアは草津川沖周辺。すると中谷には珍しいスタートダッシュに成功!

 

幸先よく40アップをゲット!さらに流していくと…



これまたグッドフィッシュ♪初めて琵琶湖が楽しいと感じた瞬間でしたw
しかし、無風ということもあってかフィーディングタイムは早めに終了。

次にエリアをさらに南に下り少しシャローレンジをサーチ。
ルアーは6インチストレートワームのノーシンカー。すると1投目に!!!



これぞ琵琶湖バス!目標のロクマルには届きませんでしたが、56cm、3kgオーバーのビッグバス!ポイントに到着して1投目だったので同船者と2人で大はしゃぎ!釣りは本当に大の大人を子供にさせてくれます。

ココでのルアーアクションはロングステイ。時折ウイードにからんだらはずして、またステイ。ステイの際は必ずラインをフリーにして、バスにラインの存在に気付かれないのが大切。

最初はラインを張りっぱなしだった同船者にはバイトはなく、私だけが釣れ続いた。途中でラインテンションのことに気付き、テンションをフリーにしたら同船者にも釣れたので、かなり重要だったと思います。

結果的には夕方まで釣れ続き、真剣にロクマルを狙いすぎて途中から写真を撮り忘れましたw 残念ながら最後まで60アップに出会うことはなかったですが、久しぶりに楽しい釣りが出来ました。

皆様もぜひ、琵琶湖へ足を運んでみてください!

また、同じACTIVEスタッフには僕の先輩・藤井大介さんが琵琶湖でガイドをしておりますので、コチラの方もぜひよろしくお願い致します。
 
≪タックルデータ(クランクベイト用)≫
ロッド:7.0f(H)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:3.5mダイバー

≪タックルデータ(ノーシンカー用)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム 6inch
フック:5/0

≪タックルデータ(ネコリグ)≫
ロッド:6.6f(L)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 10lb
ルアー:ストレートワーム 6.5inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz


アクティブ・ホームページへ

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode