仕事終わりのアフターファイブに野池へ出撃!

こんにちは、梅田です。

晩夏の雨上がり、仕事終わりに野池へ出撃してきました。

 

フィールドに着くなりインレット付近から微かに聞こえる流れの音。今日は釣れる!と期待しながらそのポイントへ。

 

まずは1投目、流れの中へチャターベイトを早巻きし、いきなりナイスサイズゲット!

 

 

 

 

しかし釣ったバスのファイトで場が荒れたのかチャターベイトに反応があったのは最初だけ。


次にフォローでアクティブ・MSトーナメント1/16ozをセットしたロングワームのネコリグを流れに乗せて、ボトムをとりながらドリフト。

 

 

 

 

すると「コッ!」と押さえ込むアタリを感じてフッキング!

 

少し痩せていたが良型をゲット!

 

 

 


さすがにそれ以降アタリが遠く、インレットのカレントがかすかに当たるオーバーハングへ今度はノーシンカーのロングワームワッキーをスローフォールさせるとラインが走りだしフッキング!

 

 

 

 

浅場を横方向に泳ぎ、暴れる強烈な引きに耐え50cm弱のナイスサイズをゲット!

 

アフターファイブのほいちょいフィッシングですが、良型数匹に遊んでもらえてラッキーでした♪

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメントで5位!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。


晩夏に差し掛かる時期で、ここ数年では水位が1番下がった兵庫県・東条湖。1週間前に数日間降った雨の影響が残り、珍しく本湖全体にも濁りが残り、少しずつ水位が増していました。

 

前日プラクティスでは、前評判通り巻物でも簡単にポロポロ釣れてしまう状況。特にインレット付近は魚が集まっている感じでした。


また、そろそろサマーディープパターンもあるだろうと広範囲・水深を確認して大会本番に備えました。

 

 

そして大会当日、第2フライトとなり、先行者の大半は上流を目指しており、最上流部インレットはパスして中流域の大型インレット導水管(放水口)を目指しました。

 

 

 

 

先行者が居たものの快くポイントをシェアさせていただき釣り開始。その1投目、1ozスピナーベイトを流れの当たる岩盤に擦り付けるように引いていると、いきなりバイト!

 

 

幸先良く良型をゲット!

 

 

滝になった導水管インレット周りに張り付き、スピナべ、スイムベイト、ジャークベイト、ブレードジグなどをローテーションしてひたすらバイトを待ちました。

 

しかし、強すぎる流れに魚が上手くフィーディングできず、バラシやショートバイトに苦戦。ようやくスイムベイトを喰ったと思ってネットに収まったのはルアー丸飲みの巨大ナマズ…、なんか疲れただけ(笑)

 

なかなか2匹目が遠く、ややリアクションぎみの強い釣りからライトリグにシフトチェンジ。


アクティブ・RSトーナメント1/8ozにストレートワームをセットしたワッキーダウンショットを流れに乗せてドリフトさせたり、滝壺にある岩にステイさせたりしてバイトを待ちました。

 

すると小さいアタリが出だし、ハスやノンキーがポロポロ。そしてようやくマシなアタリがあり、正午前にようやく2匹目となるキーパーサイズをゲット!

 

 

そして滝の落ち込みで強烈なバイト!

 

 

ライトラインだったので慎重にやり取り。何回ものされながらもようやく揚げたのは、またもや巨大ナマズ…、えぇ加減にしろ!(怒)

 

その後は何も起こらず、時間だけが過ぎ、帰着へ向かいました。

 

 

 

 

 

以外とタフな状況だったようで、2本・1,170gで何とかお立ち台滑り込みの5位入賞でした。
 

 

 

 

 

※この日の正解は最上流部のようでした。

 

 

 

≪メインタックル(その1)≫
ロッド:B70-MH 自作フルカスタム
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 16lb
ルアー:スピナーベイト 1oz

 

≪メインタックル(その2)≫
ロッド:S64-UL 自作フルカスタム
リール:スピニングリール 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/8oz
ルアー:ストレートワーム

 

 



アクティブ・ホームページへ


春のアフター5フィッシング!

こんにちは、梅田です。

を迎えて陽も長くなり、今年もアフターファイブフィッシング始動となりました。

 

まだ寒さと暖かさが交錯する初春、水深の浅い野池で早目に動き出す個体を狙いました。スピーナーベイトでスピーディーに探り、1本目はミニマムプリスポーンがヒット!

 

 

 

 

 

 

ポイントを移動し、オーバーフロー近くのバンクに沿ってアクティブ・MSトーナメント1/32ozをインサートしたシャッドテールをスイミングさせ中層でバイト!

 

 

 

 

 

 

元気な40アップゲット!

 


ラストは藪こぎして夕陽の当たる小さなインレット手前のドシャローへ。

 

そこでビッグクローラーベイトを巻いていると水面を割るような豪快なバイトで、痩せたランカーゲット!

 

 

 

 

 

 

仕事終わりの短時間釣行ですが、やっぱり釣れると疲れが癒されます。まぁ、反対にボウズくらって余計に疲れる時もありますがっ (笑)

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター兵庫・第1戦で準優勝!

こんにちは梅田です。

春にNBCチャプター兵庫・第1戦に参戦してきました。

 

会場はいつものハイプレッシャーレイク、兵庫県・東条湖。

 

毎年のことながら、開幕戦直前プラプラクティス=その年の初東条湖釣行という練習不足っぷり!(笑)

 

まずは、フィールドの季節感(進行具合)とバスの状態(行動とポジション)を把握することに重点を置き、湖全体の状況を見て回りました。

 

やはりこの時期!といった感じで、スポーニングにからむ個体をサイトで狙うことをメインにしないといけないが、リスクもあるのでスポーニングステージへ上がろうとする個体が差しやすいエリアとカバーなどのスポットを探し、前プラを終えました。

 

 

そして迎えた本番

 

 

真っ先に最有力エリアとみた上流域へ向かったが、スタート順がファーストフライト後半で上流に着いた時には入りたいポイントは全て先行者がロックオン。

 

諦めて折り返そうとした時、ふと下を見ると前プラでは強風の影響で見落としていたペアリングを発見!

 

 

まずは少し距離を取って観察開始。

 

 

そして、軽めのアクティブ・DSトーナメント1/20ozとシャッドテールワーム2インチをセットしたダウンショットで♀への繊細なアプローチを開始。しかし数投目にまさかのすっぽ抜け…。

 

リズムを変えるべくウエイトを重めの1/11ozに替えた同リグのリアクションで♂をゲット。その直後、ワームのカラーローテーションで♀に口を使わせ2本目をゲット!

 

早い段階(8時半)でウエイトを稼げたが、この時期では4kg近く釣らないと勝てないと考え、勝負のランガンに出ました。

 

そして本湖真ん中に浮くマンメイド(通称:花火桟橋)へアクティブ・MSトーナメント1/32ozをベリー部へインサートしたシャッドテールワーム4インチをキャストし、浮き桟橋際をスイミングさせていると大きな白い口が開いてルアーを丸飲み!

 

 

一気に引き寄せネットインしたのは50アップのキッカー!

 

 

思わずガッツポーズ!

 

 

良型でリミットメイクでき、後は更なるキッカーを求めて本湖をランガン。

 

そして帰着直前に入り直した花火桟橋の隙間にアクティブ・WTトーナメント6mmを装着したロングワームのノーシンカーワッキーを落とし込み、フォーリングで誘い軽くアクションさせながらピックアップしていると下から真っ黒な巨体がバイト!

 

 

しかし喰いミス(泣)…。そしてタイムアップ。

 

 

 

 

 

 

3本・3,675gをウェイインし、少し勝ちを意識したが、結果は悔しい準優勝。

 

 

 

 

 

 

まぁ、開幕戦としては上々のスタートが切れたので良しとしましょう。

 

 

 

≪タックルデータ(その1)≫
ロッド:S62-UL  自作フルカスタム
リール:スピニングリール 2500番
ライン:フロロカーボン 4lb
フック:マス針 #6
シンカー:アクティブ・DSトーナメント 1/20oz、1/11oz
ルアー:シャッドテールワーム 2インチ

 

≪タックルデータ(その2)≫
ロッド:B64-L  ベイトフィネス
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 8lb
フック:オフセット 2/0
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz
ルアー:シャッドテールワーム 4インチ

 

 



アクティブ・ホームページへ


2018年初バス!

こんにちは、梅田です。

1月に初バスを求めてリザーバー型野池へ出撃してきました。

 

寒さに身を振るわせながらジョンボートのセッティングを済ませ、まずは越冬場となる定番のディープエリアからスタート。

 

水温は6℃台、例年の同時期よりも3℃以上も低い。

 

魚探にはベイトの反応が薄かったが、ハードボトムと地形変化が複合するトップ4mのハンプにアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットを落とし込み、半ドラッキングで探っていきました。

 

 

そしてハンプのショルダー6m辺りで生命感を捉えてフッキング!

 

小さいながらも幸先良く2018年初バスをゲット!

 

 

 


同ポイント付近で立て続けに数匹追加したが、アタリがピタリと無くなったので、隣接する水深9mのフラットへ移動し、少しベイトの反応があったのでリアクション狙いのメタルゲームへシフト。

 

魚は居るはずなのに全く釣れず、フォローのダウンショットを投入するとバイトがあり、フッキングするもスッポ抜けが多く、粘って釣り上げたのはギル数匹と複数の小バス。

 

 

 

 

昼前に風が強くなってきたタイミングでディープを見切り、一旦陸に上がりランチタイム。温かいカップラーメンで腹を満たし、ホットコーヒーで更に体を温め、午後からは大型の個体を狙いシャロー勝負。

 

ビッグベイト、スイムベイト、アラバマリグをメインに、立ち木などのカバーにはラバージグをタイトにねじ込み、インパクトの強い攻めで探るもバイトどころかチェイスすらなし。

 

日中さらに風が強くなり水温もほとんど上がらない状況で、シャローへ魚が差しにくいと判断し、夕方に再度ディープエリアへ移動。

 

午前中には探ってなかった陽当たりの良いワンドの沖7mラインで30cmクラスを数匹追加して終了としました。

 

 

 

 

この日は、メタルでのリアクションよりもライトリグによる繊細な喰わせが正解だったようで、底ベタに居るバスをショートリーダーのダウンショットで丁寧に誘うのが正解だったようでした。

 

シンカーはすり抜け&感度抜群のアクティブ・RSトーナメントを使用。 基本は1/11ozで、風が強くなった午後からは1/8ozを多用しました。

 

 



アクティブ・ホームページへ


RSトーナメントで2度目の年間優勝!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫の最終戦となる第6戦に参戦してきました。

 

水の動きが乏しく、少しの濁りとアオコが発生し、更にタフさを増した東条湖。

 

前日プラクティスでは、中流域のディープ13mラインを攻めて53cm・2kgオーバーと本湖ディープ9mのピンスポットでナイスキーパーが釣れただけで、全体的にパッとしない感じでした。

 

 

 

 

 

そして大会本番。

 

 

まずは本湖ディープを攻めるもノーバイト。人のいない本湖のマンメイド(浮き物)や岬周りも攻めましたが、これまた不発。

 

そして中流域まで移動し、前日ビッグを釣ったカレントの当たるディープフラットアクティブ・RSトーナメント1/11oz3.8インチストレートワームをセットしたワッキーダウンショットを落とし込んで、半ドラッキング状態でバイトを探りました。しかし、アタリすらなし…(焦)

 

 

仕方なく本命場所を諦め、水の流入となる導水管へ移動。

 

 

滝の落ち込みへチャター、スピナベ、ロングミノー、ビッグベイト、ビッグスプーンなど強めのアピールで手返しよくルアーをプレゼンテーションするも全く反応がなく、攻め方をフィネスに変え、アクティブ・RSトーナメント1/11oz3.5インチストレートワームをセットしたワッキーダウンショット流れに乗せてドリフト&ステイ。

 

 

するとコンッとアタリを感じフッキング!

 

 

ようやくキーパーを1匹ゲット!

 

 

そして立て続けにバイトがあり、今度はこましなキーパーをゲット!

 

 

その後、すぐにオンザラインをゲットしたが、年間優勝がかかったこの試合、同ポイントで暫定首位に並んでいた他の2選手はいずれも強者。

 

こんなんじゃ勝負にならん!とオンザラインをキープせず、次のバイトを待ちましたが、何故か続いていたバイトは急に途絶えてしまいました…(泣) 


その後も集中力を切らさずバスを求め攻め抜きましたが、とうとうタイムアップで帰着に向かいました。

 

 

 

 

 

最終戦の結果は7位… 。

 

 

そして、年間成績の表彰式。

 

 

タフな状況下にライバル達は結果を残せず、最後に自分の名前がコールされ、

 

 

2度目の年間優勝を獲得することが出来ました!

 

 

 

 

 

なかなか厳しい状況でしたが、前日プラクティスでの当たりリグアクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットが大活躍してくれました!

 


«タックルデータ»
ロッド:S64-UL(自作フルカスタム)
リール:スピニングリール 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針 #6
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/11oz
ルアー:ストレートワーム 3.5インチ

 

 



アクティブ・ホームページへ


久々の野池釣行!

こんにちは、梅田です。

春以降、行けてなかった仕事終わりの野池釣行。

 

 

初秋に再開し、久しぶりに野池へ出撃してきました。

 


地元陸っぱりアングラーに聞くと、夏の間は水量が少なかったようで、減水が進みタフな状況だったようですが、今回は、まとまった雨が降った数日後だったので活性高く、短時間に良型を複数ゲットできました。

 

 

 

 

 

 

ヒットルアーはアクティブ・ワッキーチューブ(レッド)をセットしたボリューム&長さのあるストレートワームのワッキーノーシンカー!

 

 

 

 

 

 

このリグをカレントのあるシャローへキャストし放置するだけ。するとそれに気づいた食いしん坊バスがガッツリバイトしてくれました。

 

 

 

 

 

これからだんたん陽が短くなりますが、またアフターファイブフィッシングに出撃し、レポートしたいと思います。

 

 



アクティブ・ホームページへ


岡山県・吉井川へ釣行!

こんにちは、梅田です。

久しぶりに岡山県・吉井川へ釣行してきました。

 

初秋に2回釣行したのですが、タフなフィールドコンディションで、結果から言うとかなり厳しかったです。晴天の日が続いており、少しでもカレントがあるエリアをメインに攻めましたが、なかなかバイトを得られず大苦戦。

 

 

1回目の釣行では、スピナーベイトで数回バイトを得たものの、ショートバイトやバラシが多発。

 

ようやく釣れたは、カレントの当たるロックエリアアクティブ・MSトーナメント1/11ozをインサートした8インチストレートワームをセットしたベイトネコ。

 

 

 

 

ロックの隙間に潜んで補食ターゲットを待ち伏せしてた感じでした。

 

 

 

2回目の釣行では、「ほんまに魚居るの?」と疑うほど更に厳しい状況で、何をやっても反応なし。

 

夕まずめラストの場所に選んだ通称・水中島ビッグクローラーベイトを水面でバシャバシャしていると、下からバスが浮いてきてバイト!

 

 

 

 

 

バスはそんなにデカくなかったですが、フィーディングタイムに出た痺れる1本でした。

 

 

 

 

 

2回とも、なかなか厳しかったですが、バスのコンディション自体はまずまずでした。

 

マッスルなリバーバスにもっと遊んでもらいたかったなぁ〜。

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・RSトーナメントが活躍!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。会場はいつもの兵庫県・東条湖。

 

前日プラクティスでは、アクティブ・RSトーナメント1/11ozに3インチストレートワーム(グリパン)をセットしたワッキーDSをメインにシャローを攻めればキーパーサイズがポロポロ釣れ、デカイのはバックウォーターか本湖マンメイド(浮き物)にいることを確認できました。

 

 

迎えた大会当日、フライトはケツから2番目。仕方なく先行者のいない本湖の張り出した岬へ向かいました。

 

 

前日に反応の良かったDSシステムを投じて岬の周辺をダウンヒルに探っていきました。早い段階でキーパーを揃えるつもりが、全く反応がない…(汗)

 

 

さすがはタフレイク!そう簡単に前日の再現とはいかない。

 

 

アオコ混じりの悪い水質だったので、ライトリグにアピール感をプラスしようとワームを少し長くてファットな3.5インチのミミズカラーにチェンジ。そして風が吹き始めたタイミングでブレイク下水深6m付近で待望のアタリが!

 

 

まずは推定600gをゲット!しかし後が続かずダムサイトの岩盤へ移動。

 

 

例年よく釣れるポイントに入ったがアタリすらない。仕方なくダムサイトのブイを巻物で流し、折り返した時に小さなブルーギルが確認でき、その下の水深3m前後をDSのスイミングで通すとバイトがありキーパーサイズをゲット。


それから上流へ向かいながら要所要所を打っていくも3本目が遠く、他の選手の動きから推測して朝イチからかなりのプレッシャーにやられているであろうバックウォーターへ移動し、勝負に出ました。

 

ガラ空き状態のそのエリアに差し掛かった時、数匹の黒い魚体が流れてきた草木の浮きゴミ下に入るのが見えました。

 

そこで、アクティブ・MSトーナメント1/32ozをベリー部へインサートした4インチシャッドテールを浮きゴミ上やその際へ通して隠れたバスを誘いましたが反応なし。

 

さらに侵入ギリギリの最奥までボートを進ませ、時にオイカワらしきベイトがエレキの水流で散った瞬間バス達の捕食スイッチが入り、ワームを喰っていたのだが、底にヒットしそうなエレキを片手で引き上げてたタイミングで両手がクロスしておりフッキングがしっかり決まらず、目の前で50アップがフックアウト…(T0T)

 

その後も帰着時間ギリギリまで上流部で粘りましたが何も起こらずタイムアップ。

 

 

 

 

そして表彰式。

 

状況は予想以上にタフだったようで、結果的に4位となり、年間賞レースを見据えて最低条件としていたお立ち台に上がれました。

 

 

 

 

なかなか厳しい状況でしたが、前日の当たりリグのアクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットが大活躍してくれました!

 

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:S64-UL(自作フルカスタム)
リール:スピニング 2500番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/11oz
ルアー:3インチストレートワーム

 

 



アクティブ・ホームページへ


アクティブ・シンカーシリーズが大活躍!

こんにちは、梅田です。

5月中旬に大阪・淀川へ釣行してきました。

 

ジョンボートのセッティングを済ませて9時過ぎにスタート。まずは下流エリアのテトラ帯へ向かいました。

 

ポイントに到着し、アクティブ・RSトーナメント3/8ozとシャッドテールワーム3インチをセットしたヘビダン水中テトラの隙間に打っていきました。

 

 

しかし、時間が経つだけで全く反応無し…。

 

 

長いテトラ帯を一通り流し、折り返し半分ぐらいのところでリグを少し長めにステイさせていると、ようやくバイトがあり、元気な30cm半ばのバスをゲット。

 

 

 

※帰り際、淀川の常連さんに聞くと下流域のテトラ帯は昨年からポテンシャルがあまり良くないとのことでした。

 

 

ランチ休憩をとって、午後からは上流側へ大幅に移動しました。移動途中から風が強くなりボートが大きく揺れてかなり釣りがしにくい状況…。

 

そんな中、カレントが当たるバンクのブレイクにアクティブ・MSトーナメント1/11ozをインサートしたストレートワーム6インチのネコリグを落とし込み、シェイクしながら点在する岩やテトラをなめるようにトレースしていきました。

 

 

 

 

そして、緩やかに落ちるブレイクで待望のバイト発生!

 

 

強烈な突っ込みと強風でボート上で立つこともできず焦りましたが、ゆっくりと沖へ誘導してから慎重にやり取りし、ネットインしたの50cm弱のマッスルリバーバスでした!

 

 

 

 

 

その後、強風が止まないので安全を考慮して16時に終了としました。

 

 

バスの活性が低く風も強い中での厳しい釣行でしたが、操作性を重視してやや重めのシンカーを使用したお陰で、何とかアタリを感知してバスを捕ることができました。

 

バリエーション、ウエイト設定が豊富なアクティブ・シンカーシリーズは、いつも大活躍です!

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode