<< 日本海(海峡さん)でイカメタル! | main | 東播野池へ行ってきました! >>

チャプター布目・第3戦で第2位!

こんにちは、谷口です。チャプター布目・第3戦に参戦してきました。

現在の布目ダムは減水傾向で水辺までかなり距離があり、ボート昇降も躊躇する状況。しかしそこは前日プラクティスに集まった選手の皆さんと協力して次々と降ろしていきます。



そしてボートを降ろし終えた頃には汗だくフラフラで、これからスタートというのにやり遂げた感満載でプラクティスも終った気になってしまいます。(笑)


そんなこんなで何とか準備を終えて、まずはダムサイト方面からチェックを開始。

水中に岬が伸びているポイントをダウンヒルにて探っていくと深いレンジで500g前後のアベレージサイズをGET。これをヒントにフラットエリアのブレイクの深い側をチェックするも反応はイマイチ…。

次はブレイクラインをライトキャロ(アクティブ・BSトーナメント3.5g使用)で流していくと、サイズは小さいもののコンスタントに反応があり、まだバスはディープには落ちていないと判断し、浅いレンジを中心にチェックすることにしました。

フラットエリアの水深は2〜3m。シャロークランクで素早く探っていくと、700〜800gのグットサイズが数本釣れ、“このパターンは有りやなっ” と内心ニヤリ…。

そこから徐々に上流エリアに向けてチェックしていき、この時期の定番で自分の中でも一番有望箇所と考えていた副ダムエリアの岬へ。しかし先行者の方が居たので、その沖のハンプから水中に沈む橋脚跡付近を探っていくと、ここでもアベレージ以上のバスが入れ食いに。

プラクティスを終えて本番の戦略は、朝イチは副ダムエリアでベースを作って、残り時間はシャロークランクでサイズアップ狙いとし、当日を迎えました。

そして試合当日。前夜から降り続いた雨の影響がどう響くのか不安を感じながらスタート。

前日の入れ食いを期待して副ダム沖のハンプエリアに入ったのですが、バスからの反応は渋く、リミットメイクするのに2時間程度費やし、しかもアベレージサイズのみ。

下流エリアへの移動を考えたのですが、下流から上流へ移動してくる選手も多かったため状況は良くないと判断し、このポイントでウエイトを上げることに。そして忍耐強く粘っていると、ダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/16oz使用)に待望のキッカー!!
アクティブ・フィッシュスケール1kgで計測すると950g。

これで一気にウエイトUPに成功しテンションもアゲアゲに!最後までこのエリアで粘り、何度も数g〜数10gの入れ替えを繰り返し、最終ウエイトは3本・2,360gでフィニッシュ。



結果、優勝には及びませんでしたが、混戦から一歩抜け出し、第2位



今回は数gの入れ替えがとても大事な試合で、そこで大活躍してくれたのが入替用天秤(アクティブ・Docchi Docchi)



簡単で確実に数g単位の入れ替えが出来るので、特にトーナメンターの皆さんにはオススメです!



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode