<< 琵琶湖でネコリグ! | main | 日本海タイラバゲームで根魚5目! >>

布目チャプター・第1戦で5位入賞!

こんにちは、生島です。
4月26日(日)に開催されたチャプター布目・第1戦に参戦してきました。

4月中旬の布目ダムは魚を釣るのもまだまだ厳しく、冬のパターンを引きずった魚が多いのが特徴だが、今年は天候にも恵まれ、プリプラクティスでは数多くのプリスポーンバスをキャッチしていた。





前日プラでも、スポーニングエリアにあるカバー周りを攻めるとプリスポーンバスをキャッチすることが出来たが、バイトは少ない。

沖の深いラインではライトリグで丁寧に攻めるとバイトが集中。サイズも良く、600〜1kgとリミットメイクするのさえ簡単では?と思わせる状況だった。

しかし誤算はプラクティス終了間際、ネストがないかと探すと例年のこの時期にはあまり見ないネストがちらほらと見える。

焦る気持ちを落ち着かせながらプラを終えた。


そして大会当日。


スタート順も早かったため、手堅く沖の魚でリミットメイクを試み、残り時間をシャローカバーでキッカー狙いと戦略を立てた。

まず向かった先は、ヘラワンド。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで沖にある7mのピンスポットを攻める。

しかし、前日にあれだけあったバイトが全く無い…。魚がシャローに動いたのでは?と思い、シャローを攻める他のアングラーに目をやると次々と魚をキャッチしている状況を目の当たりにする。

前日の状況から中々ディープを捨てることができず、釣れればデカいと信じ、さらに丁寧に攻めると待望のバイト!

慎重なやり取りでランディングした魚は、昨日とは違った約350gのバスだった。

その後も、しばらくディープを攻めるもバイトが全く無い…。ようやく10時頃にディープを諦め、シャローにシフトチェンジすることにした。

手にしたルアーは、アクティブ・ダイレクトスティック type BアクティブBS・トーナメント12gを使った直リグ。

昨年よりカバーを釣る時に多様しているリグだが、キャストした際に先にシンカーが進行方向に向かい、リグが直線的になるため、カバーの奥にルアーを送り込む事が簡単にできるリグだ。
            
ネストが出来そうなシャローに有る浮ゴミを攻めるとすぐに約850gをキャッチ! やはり魚はシャローに居る! と確信し、更に細かくカバーを攻めると約600gキャッチ!


リミットメイクに成功!


今大会では2kgを釣ればお立ち台が見えると思っていたので、一番小さい魚を入れ替えるために残り時間をシャローで費やした。

12時頃に約600gの魚をキャッチし、入れ替え成功! その後も釣れ続いたが、入れ替えのできる魚はキャッチすることが出来なかった。





結果は、3本・1,980g。





5位入賞と好成績を収めることが出来た。





アクティブ・プロスタッフの谷口さんは3位入賞!





今回はアクティブ・ダイレクトスティック type Bを使った直リグでの結果だったため、非常に嬉しかった。

皆様もカバー攻略の際には是非お試しください!!


≪使用したアクティブ製品≫
シンカー:RSトーナメント1/11oz、BSトーナメント12g                                            
コンビニアイテム:ダイレクトスティック type B、平打スプリットリング #1
その他:フィッシュスケール 1kg、500g、オリジナルトーナメントシャツ

 

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode