<< NBCチャプター布目・第3戦で4位入賞! | main | チャプター布目・第4戦に参戦! >>

JB生野銀山湖・第2戦で準優勝!!

皆さん良い釣りしていますか?最近は鯛釣りに行きたくてうずうずしているミラクルです。

7月5日(日)に開催された、JB生野銀山湖第・第2戦にて準優勝しました!

 

 

この試合は何とか都合をつけ、久しぶりに前日の朝イチからプラに入りました。


前プラの感じから湖の状況は、、、

 湖は満水

 キーパーは簡単に釣れない

 ビッグではないネストが2カ所ある

 デカバスは黒川に集結している


簡単に言うと、こんな感じでした。


普段ならネストに気がいきますが、この試合で優勝を狙うなら黒川筋のサイトが有力と考え、心中覚悟でサイト一本勝負に挑みました。

試合当日はスタートして黒川上流を目指しましたが、既に先行者が数艇入っているため、まずは全体の様子を見ながらバスの着いている場所の確認します。

すると、冠水ブッシュの陰を出入りしている個体と、シャローのオープンエリア流木に出入りしている個体が多いことに気が付きました。

そして、その個体はいずれも完全にベイトを追い回しています。

表層系、中層、ボトムと色々試して見ると、ボトムに反応が良かったので、迷わずアクティブ・MSトーナメント1/96ozを入れたワームで、流木の陰に身を潜めているバスにアプローチを開始。

キャスト後、ボトムにリグが落ち着くのを待って、バスが気づくか気づかないかのビミョ〜なラインでゆっくり岩陰にリグを誘導します。

すると、今まで完全無視だったビッグバスが、スーーーッと近づいてきてボトムに逆立ち状態に。



…数秒間の沈黙の後



バクっと口が動いた様に見えたので、ドキドキしながらスィープに巻き合わせてみると、、、。岩に引っかかった様にずっしりと重たい感覚と共に、バスの動きにゆっくりとラインが動き出しました。



デカイ!!!



次の瞬間、猛烈に走り出しドラグが鳴り響きます。2.5ポンドラインが悲鳴を上げ、ブレイクしそうなため、ドラグを緩めながら主導権を取られないように必死に耐えます。

今度はジャンプで抵抗してきましたが、これもかわして何とかボート縁まで寄せてきました。

ここからが正念場。往生際の悪いバスはボート際で反対側へと猛烈に走り出し、なかなかネットを出せません。心臓をバクバクさせながら、何とかバスの猛攻に耐え、浮いてきたバスを無事ネットイン!!


これが試合中、最初で最後の1本となりました。





結果は、59cm、アフターやせ気味の1,936gで、悔しい準優勝となりました。





この試合もアクティブ・MSトーナメント1/96ozに助けられましたよ。





皆さんもアクティブ・MSトーナメントを使って、色々なアプローチ方法を考えてみてはいかがでしょうか?





釣れますよぉ〜!!

 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode