<< チャプター布目・第4戦に参戦! | main | 和歌山と神戸でイカメタル! >>

JB凝貍鮓弌β2戦、準優勝!

みなさんこんにちは!松村真樹です。

8月2日(日)に、私のホームグランドである兵庫県・東条湖で開催されましたJB凝貍鮓弌β2戦に参加し、準優勝することができました!

〜前日プラクティス〜
今大会のプラクティスでバスを確認出来たポイントは、最上流のバックウォーターと本湖の浮き物でした。

特に本湖の浮き物では50cmを超えるグッドサイズを複数匹確認することができ、また取水搭と呼ばれるポイントでは500〜600gのナイスキーパーをキャッチできることを確認、翌日の本戦では最上流のバックウォーターと本湖の浮き物の2パターンで挑むことにしました。







〜試合当日〜
スタート順に恵まれず、本命と考えていた最上流のバックウォーターと取水搭ポイントには入ることが出来なかったため、仕方なくもう一つのインレットである第一インレットへ入ることにしました。

このエリアは最上流のバックウォーターと同じく、数日前の雨の影響でゴミが溜まって良い雰囲気が出ていました。

ボートで進める限界のエリアまでゴミを掻き分けて上がり、アクティブ・BSトーナメント3/8ozを使用したクローワームのテキサスリグを丁寧にゴミの隙間にすべり込ませました。





すると流木と冠水植物が絡む、“いかにも” といったポイントでバイトを感じフッキング!しかし、ここでまさかのフックオフ…。グッドサイズだっただけにショックも大きかったです。

気を取り直し、再びルアーをゴミの隙間に向けて打ち続けましたが、その後このエリアからバスの反応は全く無く、早々と上流エリアに見切りをつけて、考えていたもう一つのパターンである本湖の浮き物パターンへ変更しました。

そして9時30分頃、スタートの桟橋から程近くにある「ヘリコプター」と言われるポイントに到着。前日もこのポイントでグッドサイズを確認していたので気合を入れてキャスト開始。





まず、ポイントの周りをアクティブ・MSトーナメント1/32ozを挿入したストレートワームのネコリグで狙いましたが反応はなく、次にアクティブ・BSトーナメント3/8ozを使用したクローワームのテキサスリグで浮き物のシェードをタイトに狙ったところ、ロッドに生命感を感じたのでフッキング!

今度は慎重にやり取りを行いランディング成功!突然やってきたグッドサイズにしばらくは足の震えが止まりませんでした(笑)

この後、帰着時間まで渾身のキャストを繰り返しましたが、この日はこの1本でタイムアップ。1本で検量に臨み、52cm・1,700gという結果となりました。







タフなコンディションにも助けられ、他の選手の釣果がイマイチだったため、表彰式では2位でコール、年間順位も暫定7位となりました。







残り1戦、悔いの残らないよう全力で戦いたいと思います!


≪タックルデータ(テキサスリグ用)≫
ロッド:610MH
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12ポンド
ルアー:クローワーム 3.75インチ
フック:オフセットフック #1/0
シンカー:アクティブ・BSトーナメント 3/8oz
その他:アクティブ・SSトーナメント Sサイズ

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:61UL
リール:スピニングリール2000番
ライン:フロロカーボン 3ポンド
ルアー:ストレートワーム 3.75インチ
フック:マスバリ #6
シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/32oz

 

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode