<< NBCチャプター兵庫・第3戦、後編(大会本番) | main | NBCチャプター布目・第3戦で優勝! >>

池原ダムへ行ってきました♪

みなさんこんにちは、アクティブ・プロスタッフの松村真樹です。

 

今回は7月25日(月)に奈良県・池原ダムへ行ってきました。当日は朝から曇り空、ボートで走ると肌寒いぐらいで非常に過ごしやすく好釣果が期待されました。

 

朝5時、本流筋からバスボートで出船、まずは毎年良い思いをしている前鬼筋のバックウォーターへ向かいました。

 

 

 

 

バックウォーター到着後にサイトで確認しましたが、降雨の影響からなのか少し濁りがあったため、バスの姿を見つけることが出来ませんでした。

 

しばらくバスが付いていそうなポイントにルアーをキャストしましたが全く反応がなく、早々にこのポイントを見切って前鬼筋入口にある橋脚エリアまで戻りました。

 

橋脚のエリアではストレートワーム+アクティブ・RSトーナメントをセットしたダウンショットリグに反応が良く、30cm後半までのバスが簡単に釣れてくれました。

 

 

 

 

池原ダムは立木やスタンプが非常に多く、根掛かりがとても多発し、ストレスが溜まるフィールドなのですが、アクティブ・RSトーナメントは形状がスリムで根掛かりがしにくく、簡単にストラクチャーからすり抜けてくれます。

 

 

 

 

次に向かったエリアは白川筋の奥、放水口手前のゴミ溜まりエリアです。

 

 

今回の釣行前に池原ダムに精通している親子から「最近イチ押しのポイント」として紹介されたため、期待してポイントに到着。そこは一面流木だらけでいかにも釣れそうな雰囲気が出ていました。

 

溜まっている流木沿いにアクティブ・MSトーナメント1/32ozを挿入したストレートワームをキャスト。

 

 

 

 

すると情報通り30cm台のバスが面白いように釣れ、数釣りが楽しめました。そしてこの日、もう1ヵ所数釣りが楽しめたポイントがダムサイトのブイ周りでした。

 

ストレートワーム+アクティブ・MSトーナメントの組み合わせ、スモールラバージグをブイの際にキャストしてフォールさせる度にバイトがあり、サイズこそ伸びなかったものの、ここでも30cm台のバスが連発して釣れてくれました。

 

 

この日の最大サイズとなる43cmのバスをキャッチしたポイントは、坂本筋と備後筋の合流部周辺の岩盤と立木が絡むエリアでした。

 

このエリアの立木を友人達と「バスのなる木」と呼んでおり、毎年、数・サイズとも納得の釣果が出ます。今回の釣行でもその立木沿いにストレートワームを7mぐらいまでフォールさせ、43cmのグッドサイズをキャッチすることに成功しました。

 

 

 

 

当日は15時でストップフィッシング。

 

池原ダムらしいビッグバスをキャッチすることは出来なかったものの、43cmを筆頭に30cm後半までのバスを26本キャッチして数釣りが楽しめ、日頃のストレスを大いに発散することが出来ました。

 

バスの聖地と言われる池原ダム、是非チャレンジしてみてください!もちろんその際はアクティブのシンカーを忘れずに♪

 

 

≪タックルデータ(ダウンショットリグ)≫
ロッド:62UL
リール:スピニング2000番
ライン:フロロ 3lb
フック:マスバリ
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/16oz、1/8oz
ルアー:ストレートワーム

 

≪タックルデータ(ストレートワーム)≫
ロッド:61UL
リール:スピニング2000番
ライン:フロロ 3lb
フック:オフセットフック
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz
ルアー:ストレートワーム

 

≪タックルデータ(スモールラバージグ)≫
ロッド:68L
リール:ベイトリール
ライン:フロロ 6lb
ルアー:スモールラバージグ 2.7g

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode