<< GWに池原ダムへ! | main | 日吉ダムへ行ってきました〜♪ >>

5月の淡路島でグッドサイズ連発!

皆さんこんにちは、松村真樹です。

先日、ブラックバスの宝庫「兵庫県・淡路島」へ陸っぱり釣行へ行ってきました。

 

淡路島といえば皆さんご承知の通り野池がたくさんあり、その数2万個以上と言われています。その中でも今回は南あわじ市を中心にビッグバスを狙ってきました。

 

最初に訪れたフィールドは南あわじ市の数ある野池の中でも超有名な野池。アングラーがひっきりなしに訪れるポイントです。

 

その分プレッシャーが高く、グッドサイズはなかなか口を使ってくれませんが、30cmクラスはイージーに釣れ続け、楽しませてくれます。

 

 

 

 

ファーストポイントで結構な数を釣った後、グッドサイズを求めて過去に良い思いをした山間の小規模リザーバーへ移動することにしました。

 

 

 

 

まずストレートワームにアクティブ・MSトーナメント1/32ozを挿入したネコリグをセレクト。沖のブレイクめがけてロングキャストを開始しました。

 

 

そしてキャストを繰り返すこと数投目、微かな生命感があったのでフッキング!

 

どんどんラインが出ていくことから間違いなくデカいと確信!

 

立木に擦られながらも難なくキャッチすることに成功!

 

 

ファーストフィッシュは48cmのグッドサイズでした。

 

 

 

 

魚のポジションが分かったところで次に準備したのがアクティブ・RSトーナメント1/16ozを使用したダウンショット。シャッドテールワームをセットして同じポイントにキャスト開始。

 

ロングシェイクの後、再びバイトを感じたのでフッキング!

 

すると、先ほどよりも強烈なファイト!

 

上がってきたのは今回の釣行で最大サイズとなる52cmのビッグバスでした!

 

 

 

 

しかしこの日はこれで終わらず、更に同ポイントで50cm、48cmのビッグバスをキャッチ!

 

この日は数、サイズともに最高の釣行となりました。

 

 

 

 

今回の釣行では、ダウンショットリグでアクティブ・RSトーナメントを使用。ビッグバスが釣れたリザーバーでは立木、スタンプとストラクチャーが多いことから根掛かりが多発し、ストレスが掛かりがちなのですが、アクティブ・RSトーナメントを使用することによってストラクチャーからのすり抜けも抜群でストレスフリー。

 

ストラクチャーをタイトに攻めることが出来て好釣果に繋がります!

 

 

 

 

根掛かりの多いフィールドでは是非、アクティブ・RSトーナメントを使ってその違いを体感してみてください!

 

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫

ロッド:スピニング61UL

リール:スピニング2000番

ライン:フロロカーボン 4ポンド

フック:マス針

ルアー:ストレートワーム

シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/32oz

 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫

ロッド:スピニング62UL

リール:スピニング2000番

ライン:フロロカーボン 4ポンド

フック:オフセットフック

ルアー:シャッドテールワーム

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode