<< 三重県・尾鷲でタイラバ! | main | 平日の夜に短時間調査! >>

アクティブ・RSトーナメント兇罵ゾ 

こんにちは、ミラクル谷田です。

台風の影響?で延期になり、10月14日(日)の開催となったNBCチャプター北兵庫・最終戦。

 



 

 

前日プラで400gサイズを仕留めたインターセクション周辺がキーになると感じていました。
 
試合当日は晴れ模様でしたが時折強めの風が吹き荒れ、ボートポジションの維持に気を使う事もしばしば。フライト順はブービーフライトと最悪のスタートとなり、各選手の後姿を見ながらゆっくりとスタート開始。
 
初めは様子見にスピナーベイトで岸際を流しながらメインエリアのインターセクションを目指しましたが、今日の魚はスピナーベイトではないみたいで反応がありません。
 
先行者に断りを入れて、快くインターセクションエリアに入らせていただきました。このエリアではすぐに釣れる様子はなく、回ってきた魚にいかに口を使わせるかがポイント。
 
アクティブ・RSトーナメント1/16ozを使用したダウンショットで中層を意識した釣りで反応を探ります。

 

 

 


そして、このエリアで釣り始めた2投目。

 

 

「何かおかしいなぁ〜?」と感じながら、中層スイミングをしていると魚がリグをくわえてこちらに走っていました。
 


ラインは2ポンド。

 

 
急いで巻き合わせ、バットまでしっかり曲げたところで、ドラグ調整をして魚の引きに耐えます。ボートの下に走る魚の突っ込みにドラグ調整で対応しながら、ゆっくりと上げてきた魚は500gはありそうなナイスサイズ!
 


その後は、気が遠くなるほど長い沈黙が続きます。

 

 
色々と試してみるも反応が無いため、今度はボトムを意識したアプローチで様子を見ます。アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットをフルキャスト。

 

 


 
 
着底後、湖底を感じながらゆっくりとズル引く感じです。
 

 

すると、ラインテンションを緩めた動作でバイトらしき重みを感じました。この魚もスイープに合わせて、なんとかフッキングに持ち込みます。
 
9mのディープでかけたので、魚の引きに合わせながらゆっくりと上げて姿を見せたのは、400gはありそうなナイスサイズ。
 


この魚を難なくネットインし2本目ゲット。

 

 
ディープで釣った魚なので、アクティブ・エア抜き針でエアを抜いてからライブウェルへ。

 

 

 

 

その後が続かないため別の展開を模索して中流域に移動しましたが、追加することなくタイムアップ。
 


結果は、2本・950g。


 

 

 

 

なんと、優勝することが出来ました。

 

 

 

 


この試合も厳しい状況の中、リザーバーには欠かせないアクティブ・RSトーナメントが大活躍してくれましたよ。
 
そして年間順位は、2位といつもの定位置?に落ち着きました。

 


 

 

来年は年間チャンピオンを獲れるように頑張りたいと思います!

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode