<< アクティブ・MSトーナメントで3位入賞! | main |

アクティブ・MSトーナメントで準優勝!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・第6戦に参戦してきました。


会場となる兵庫県・東条湖は、季節の変わり目となる初秋を迎え、簡単には釣れないし、釣れても再現性が極めて低いと感じる厳しい状況でした。

 

それでも前日プラクティスでは、50アップを2本釣ってしまい、「本番で釣れてよ〜〜〜」と思いながら明日に備えました。

 

 

そして大会当日。

 

前日の状況から普通に釣りしてても釣果を望めないと判断し、ギャンブルではあるがキッカー狙いメインの戦略を組みました。

 

フライト順は後番でしたが、先行者の大半は上流を目指しており、本湖に残った先行者はディープ狙いが多く、エリア全体に散った感じで、ラッキーにも狙いの浮き物が空いており、すんなり大場所の花火桟橋へ入れました。そして、前日50アップを釣った一つ目の攻めを開始!

 

アクティブ・MSトーナメント1/32ozをベリー部にインサートしたシャッドテールワームをストラクチャー周りへタイトにキャストしスローに巻いて誘いました。

 

 

 

 

モーニングバイトがあるだろうと期待していたが全く反応がなく、フォローにアクティブ・MSトーナメント1/64ozを頭刺しした小型ワームを桟橋の隙間にスキッピングで忍ばせて水面下30cm位をミドストぎみに泳がせていると、後ろからデカイ魚体が現れワームをパクりっ!

 

 

「やったぁ〜〜〜!」と思い、即フッキング!

 

 

しかしバスが首を振った瞬間、大きな口からワームがポロリ…、嘘でしょ〜 (T0T)

 


その後、各浮き桟橋をランガンするもチェイスすらなく、もう一つのキッカーパターンを試しに最上流部まで移動。この時点で10時を過ぎており、朝から先行者達のプレッシャーにやられたのか反応はイマイチ。

 

エレキが擦らないギリギリの水深まで上がり、朝イチのタックルを選択し、シャッドテールワームをボート侵入不可能な更なる上流へフルキャストするとついばむようなバイトを捉えるもフックアップできず。

 

しかし、そのバイトの相手であろう2匹のバスが上流から下ってきてやや深くなったスポットに差し掛かった時、その下に待ち構えていたのか黒い魚影が微かに見え、アクティブ・MSトーナメント1/96ozを頭部にインサートしたワームを流れに乗せてナチュラルドリフト。

 

 

するとラインが走り出し、スウィープフッキング!

 

 

浅い水深を横に走る強烈な引き!

 

 

絶対に捕る!

 

 

と思いながら慎重にやり取りし、ネットインしたのはキッカーサイズ!

 

 

その後も最上流部でサイトフィッシングをメインに粘るも追加ならずでタイムアップ。

 

 

 

 

 

やはり状況は厳しく、1本・1,560gで準優勝することができました。

 

 

 

 

 

前日プラクティス時に最上流部で50アップを釣ったのはクリアカラーのワーム × アクティブ・MSトーナメント1/64ozで、本番当日は、前日よりカレントが弱くなっていたのと底にへばりつくゴリみたいな魚が釣れたのを思い出し、シナモン/BFカラーのワーム × アクティブ・MSトーナメント1/96ozにチェンジして喰わせることに成功。

 

 

 

 

状況に合わせてのカラーとシンカーウエイトのセレクトが上手くいった感じでした。

 

 

≪タックルデータ(その1)≫
ロッド:ベイトフィネス

リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 8lb
ルアー:シャッドテールワーム 4inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz

 

≪タックルデータ(その2)≫
ロッド:自作カスタムロッド
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
フック:マス針
ルアー:ベイトフィッシュライクなワーム 2.8inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz 、1/96oz

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode