<< JB津風呂湖・第1戦に参戦! | main | アクティブ・ボンバーヘッドTGが活躍! >>

2019年、生野銀山湖の初バスゲット!

こんにちは、ミラクル谷田です。
今年は降雪もほとんどなく、本当に暖冬になってしまいましたね。雪解け水が海に届かないため、海の恵みへの影響が心配です。
 
さて、3月10日(日)に今年の初バス釣りのため、兵庫県・生野銀山湖に出かけてきました。

 


 

 

生野銀山湖の水位、気温、大潮等を見ながらX-dayを予想して出かけました。
 

 

まずは様子見に法道谷ワンドに寄り道をしてみましたが、反応も気配も無いため早々と見切りました。続いてビッグベイトでサーチしながら、ゆっくりと上流を目指します。
 

 

立木、浮きゴミなどめぼしい箇所にアプローチしていきますが、無反応…。

 

 
中流域の立木まで流していくと、やっといましたデカバスが、、、。しかし、タイミングが合わずアプローチが出来ませんでした。
 

続いて、浮きゴミの下にバスの姿が見え隠れしていたので、ノーシンカーリグでアプローチ。魚からの反応が無いので、アクティブ・MSトーナメント1/96ozを入れて少し沈めてみることにしました。

 

 

 

 

すると、ゴミの中から出てきたバスが、“ハフッ!” っと、ひと飲みに!
 

 

ロッドをあおりながらラインを巻き取り、魚の重みを感じながらフッキングに持ち込みます。しばらく、魚の走りに耐えながら、ボートで追従し、落ち着いた頃に魚を浮かせます。
 

 

大きく曲がるロッド、ラインは3ポンド!
 

 

口をあけながらボートの下から出てきた魚は、確実に50UP。ボート際でエラ洗いする魚を、あわてて、ハンドランディング。ネットの存在を完全に忘れてました…。

 

 

場所を休めるために、少し時間をおいて再び同じカバーにアプローチしてみます。浮きゴミの際をゆっくりと通していくと、中からゆっくりとバスが出てきて、口を使いました。

 

 

これもナイスサイズ!
 

 

カバーに巻かれないように慎重にやり取りして、沖に誘導します。大きく曲がったロッドを支えながら、じっくりと寄せて無事にネットイン。今度はネットを使いました。


 
これも余裕の50UP!

 

 

 

 

こうなると3本目が欲しくなります。しかし、この釣りでは限界に来たのか、反応が無くなってしまいました。

 

続いて、別の釣りを模索するために、アクティブ・MSトーナメント1/11ozを入れたネコリグをフロロカーボン8ポンドのベイトフィネスタックルでアプローチ。
 
もちろん、アクティブ・WTトーナメントを使用して針持強化済みです。

 

 

 

 

岸際にキャストして、ロッドワークで徐々に落としていきます。
 

 

そして、数投目!
 

 

アクションさせたロッドティップに微かな重みがあり、すぐさまフッキングして魚を浮かせます。強烈な引きを強引にねじ伏せて上がってきたのは、ブリブリの40UPでした。
 


その後もしばらく調査しましたがノーバイト。雨足が強くなってきたので早めの納竿としました。

 

 

 

 

今年初の生野銀山湖は、とても良い結果が出て、大満足の釣行でした。

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode