<< JBトップ50・第1戦! | main | JBマスターズ・第2戦に参戦してきました! >>

今年初バスが2kg超!

3月下旬に加古川の野池に行ってきました。当日は、ものすごくいい天気でTシャツでも汗ばむ陽気。都合により、夕方5時頃からの釣行となりました。

到着してから、ビッグミノー、スイムベイト、バイブレーションやスピナーベイトを投げ倒すも、全く反応ナシ…。バスの姿もほとんど見ず、ベイトも見当たりません…。

「遅ればせながらの今日が初釣りやのに…。なんとか釣りたいなぁ」と思いつつもテンションは激下がり…。

このルアーを最後に帰ろうと、買ったばかりのディープクランクをラインに結びました。まずは1投目、大遠投。よく飛ぶ。そして手前に寄ってきたので、どんな動きか楽しみに見ようと思った瞬間、

「ゴキッ」

「…?」

気を付けていたのですが、見事に岩と岩の間に引っかかってしまいました…。まだ動きも見てないし、まだ1投目やのに…。

それから約1分、ルアーを外す努力をしたのですが、ガッチリと引っかかっているようで、外れる気配がありません。仕方なくあきらめようとした瞬間、かすかにラインが動き、ルアーがジワリと動いた気がしました。

「…? 何か動いてる…。 ゴミ? 鯉スレ? サカナ?」

生命感のある重さはサカナを確信しましたが、バスかどうかはわかりません。

「重いなぁ〜、鯉スレやったらメンドーやなぁ。バスやったら嬉しいけどw」

と思いながら、やりとりしているとサカナが浮上してきました。

「あっ、バスや!しかもデカいw」

あまりファイトせず、あっさりと寄ってきたので、さっさとランディング。キズ一つないキレイな魚体は、ラグビーボールのように丸々とした見事なプリでした。
引っかかったルアーにバスが喰いついてルアーが外れた、ウソのような本当の、ラッキーな出来事でしたw


▲今年初バスです

早速、アクティブ・フィッシュスケール3kgバカリで量ると2,350g、サイズは53cmでした。初釣りの初バスがいいサイズだったのでテンションが上がりまくりで帰宅となりました。


それから、約10日後に同じ野池に行くと、なにやら岸際をプカプカと横になって浮いてる50cm弱位のプリバスを発見。そのバスはなんと、口からサカナのシッポが飛び出てる!


▲瀕死の状態でした

どうやら手のひらサイズのギルを喰ったようで、ノドに詰まらせてる様子…。

「って、デカすぎるやろ!こんなサイズ喰うなよ!アゴ外れかけてるしw」

「プリバスやし、なんとかしたろー」と思って捕まえてから、ギルを取り除き、弱っていたので蘇生処置をすることにしました。

…で、約15分後、やっと胸ビレを前後に動かし、尾ビレも微妙に動き、エラも少し動き、持ってる指にもアマ噛みするまでに回復したので、静かに離してやると、ゆっくりと水中に消えていきました。

不思議と手にはいつものバスのニオイがしなかった。なぜ?
まぁ、元気に泳いでいったのでヨカッタです。

≪タックルデータ(ディープクランク用)≫
ロッド:6.6f(グラス)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ディープクランク
その他:アクティブ・フィッシュスケール 3kg

ホームページへ

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode