<< ヒューマンチャプターに参戦! | main | チャプター西三重・第4戦で優勝! >>

6月上旬の東条湖にて!

フィールドテスターの徳井です。東条湖の釣果をレポートします。
6月上旬は農業用水使用のため、日々20cmほど減水している状態で、この日も減水真っ只中でした。

まず湖に出て状況を調べようと思い、ビッグベイトやクランクベイトで本湖から上流に向けて流していきました。本湖では全く反応が無く、上流までずっと流していき、イマカツフラットの岩盤でクランクベイトでバスからチェイスがありました。

チェイス後、すぐにライトリグでフォローを入れましたが無反応だったので、対岸を流すことに…。クランクベイトで流すとシャローからバスが飛び出してきて、ルアーをひったくるようにバイト!“よしっ!”と思い、フッキングしましたが上がってきたのは30cmのバスでした。

その後は続かず、上流全体が濁っていたので、上流をあきらめて中流から本湖に向けて流すことに…。しかし、ココでもバスからの反応は無く、“アフターから回復している魚がまだまだ少ないのかなぁ〜?”と思いながら本湖のシャローを見ると、まだネストがありました。

自分自身はネストの釣りをあまりしたことがなく、いい機会なのでヘビダンで狙ってみることにしました。しかし、30分以上粘っても口を使う気配も無く、シャッドやテキサスも試しましたが全く口を使わず、“まだまだ練習が足りないなぁ〜、次の課題やなぁ〜”と思いながら、あきらめて普通の釣りをすることにしました。

ダムサイトに行き、いかにも魚が付いてそうな中央に浮いているブイに向けてクランクを流すと、ブイの下を通ったぐらいに“ゴツンっ”と当たるようなアタリがあり、すかさずフッキング!思いっきりディープへ潜られましたが、慎重にランディングして上がって来たのは49cmのグッドサイズのバスでした。

久しぶりの東条湖でのビッグバスに“ヨッシャーーー!!!”と思わず叫んでしまいました(笑)。


▲クランクで釣れたグッドサイズの東条湖バス

その後、気を良くしてクランクで流しましたが反応が無く、池跡ワンドに入ると3ヵ所ネストを発見。今度はアクティブ・ピンテールシャッドヘビダン(アクティブ・RSトーナメント1/4oz使用)で狙ってみました。すると、だんだんと口を使うようになり、甘噛みする所まできました。その後は一進一退となったので、ルアーをシャッドに切り替えるとすぐに口を使ってくれました。

やっと喰ったと思い、フッキングして上がってきたのは30cmぐらいの小さいバスでしたが、結果が出たことに喜びが増しました。

その後、もう1ヶ所のネストを同じピンテールシャッドヘビダンで狙うと、すぐに勢いよく口を使ってきたので、あわててフッキング!“ヨッシャ〜、コイツは40upや!”と思いながら、やりとりしているとランディング直前でフックが外れ、バラしてしまいました…。

“ガク〜〜〜”と肩を落とし、最後の1ヶ所を狙いましたが、全く口を使う気配が無く、時計を見ると終了時間ギリギリだったので帰着することにしました。今日は、苦手だったことを少し克服?できたような感じだったので、満足した1日になりました。

≪タックルデータ(クランク用)≫
ロッド:6.2f(ML)
ライン:フロロカーボン 10lb
ルアー:クランクベイト

≪タックルデータ(ヘビダン用)≫
ロッド:6.6f(MH)
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:アクティブ・ピンテールシャッド 2.2inch
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/4oz


アクティブ・ホームページへ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode