5月の淡路島でグッドサイズ連発!

皆さんこんにちは、松村真樹です。

先日、ブラックバスの宝庫「兵庫県・淡路島」へ陸っぱり釣行へ行ってきました。

 

淡路島といえば皆さんご承知の通り野池がたくさんあり、その数2万個以上と言われています。その中でも今回は南あわじ市を中心にビッグバスを狙ってきました。

 

最初に訪れたフィールドは南あわじ市の数ある野池の中でも超有名な野池。アングラーがひっきりなしに訪れるポイントです。

 

その分プレッシャーが高く、グッドサイズはなかなか口を使ってくれませんが、30cmクラスはイージーに釣れ続け、楽しませてくれます。

 

 

 

 

ファーストポイントで結構な数を釣った後、グッドサイズを求めて過去に良い思いをした山間の小規模リザーバーへ移動することにしました。

 

 

 

 

まずストレートワームにアクティブ・MSトーナメント1/32ozを挿入したネコリグをセレクト。沖のブレイクめがけてロングキャストを開始しました。

 

 

そしてキャストを繰り返すこと数投目、微かな生命感があったのでフッキング!

 

どんどんラインが出ていくことから間違いなくデカいと確信!

 

立木に擦られながらも難なくキャッチすることに成功!

 

 

ファーストフィッシュは48cmのグッドサイズでした。

 

 

 

 

魚のポジションが分かったところで次に準備したのがアクティブ・RSトーナメント1/16ozを使用したダウンショット。シャッドテールワームをセットして同じポイントにキャスト開始。

 

ロングシェイクの後、再びバイトを感じたのでフッキング!

 

すると、先ほどよりも強烈なファイト!

 

上がってきたのは今回の釣行で最大サイズとなる52cmのビッグバスでした!

 

 

 

 

しかしこの日はこれで終わらず、更に同ポイントで50cm、48cmのビッグバスをキャッチ!

 

この日は数、サイズともに最高の釣行となりました。

 

 

 

 

今回の釣行では、ダウンショットリグでアクティブ・RSトーナメントを使用。ビッグバスが釣れたリザーバーでは立木、スタンプとストラクチャーが多いことから根掛かりが多発し、ストレスが掛かりがちなのですが、アクティブ・RSトーナメントを使用することによってストラクチャーからのすり抜けも抜群でストレスフリー。

 

ストラクチャーをタイトに攻めることが出来て好釣果に繋がります!

 

 

 

 

根掛かりの多いフィールドでは是非、アクティブ・RSトーナメントを使ってその違いを体感してみてください!

 

 

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫

ロッド:スピニング61UL

リール:スピニング2000番

ライン:フロロカーボン 4ポンド

フック:マス針

ルアー:ストレートワーム

シンカー:アクティブ・MSトーナメント1/32oz

 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫

ロッド:スピニング62UL

リール:スピニング2000番

ライン:フロロカーボン 4ポンド

フック:オフセットフック

ルアー:シャッドテールワーム

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz

 

 



アクティブ・ホームページへ


GWに池原ダムへ!

こんにちは、谷口です。

GWに奈良県・池原ダムへ行って来ました。

 

この時期の池原ダムでは多くの方が60cmを超えるビッグママを求めて来られています。

 

 

もちろん僕もその1人です。

 

 

当日は仲良しメンバーでロクマル目指してプチトーナメントも開催し、みんなでワイワイガヤガヤと楽しんで来ました。

 

メンバーが思い思いのポイントへ移動する中、僕は坂本筋の岩盤エリアへ。

 

しかし、坂本筋は1年通して人気の筋でこの日も沢山のアングラーが楽しんでおられたので、プレッシャーも高そうと判断し、早々に備後筋へ移動。

 

そして上流から下流へ流していくとポロポロとバスを見掛けるようになってきました。

 

 

しかし狙いのビッグママではないのでスルー。

 

 

更に下流へ流していくと小さな岩の張り出しとレイダウンが絡んだ少し深い場所に大きな影を発見!

 

 

一旦距離を取り、慎重にアプローチするも反応はイマイチ…。

 

 

それでもキャストを繰り返しているうちに、僅かですがバスが意識しているポジションを見つることができ、そのピンポイントへアクティブ・エアーリーチ(イエロー)6インチのテキサスリグ(アクティブ・BSトーナメント 3/8oz使用)を送り込み、ステイさせると遂にバイト!

 

 

残念ながらロクマルではなかったのですが50アップのナイスなバスでした。

 

 

 

 

アクティブ・エアーリーチはステイさせるとテールが立ってユラユラと自発的にアピールしてくれます。

 

 

 

 

ステイさせることでルアーの不自然な動きや糸切り音もないので、反応の悪いバスもエアーリーチの滑らかなテールの動きに思わずバイトしてしまうのだと思います。

 

是非、皆さんもエアーリーチのナチュラルアクションを体感してみてください!

 

 

その後は備後筋と坂本筋のインターセクションまで釣り下りましたが、このサイズを超えるバスとの出会いはなく、本流にある南ワンドと北ワンドへ移動。

 

 

南ワンドでは沢山のバスが浮いており、表層系のルアーで数釣りが楽しめました。

 

北ワンドではビッグワンとの巡り合わせがあったのですが、フッキングが甘くバラしてしまい、ここで終了。

 

 

結局、ロクマルを釣ることは出来ませんでしたが、GWのハイプレッシャーでメンバーも苦戦したみたいで、プチトーナメントの結果は50アップで優勝でした〜。

 

 

 

 

夜はみんなでBBQをして、美味しい肉と酒、バカ話で盛り上がり、楽しいGWになりました!

 

 



アクティブ・ホームページへ


大阪・淀川へボートで出撃!

こんにちは、梅田です。

GW初日、大阪市・淀川へ小型ジョンボートで出撃してきました。

 

ボートセッティングを済ませて9時に出船。下流エリアへ向かいながら、アクティブ・RSトーナメント1/2ozをセットしたジカリグで、移動途中に点在する良さげなカバーを打っていきました。

 

そして、昨年に魚探を駆使して見付けていた水深5mにある沈み立木にキャストし、木の枝に乗った瞬間にリグが軽くなりラインが走りました!

 

 

フッキングを入れた瞬間、デカいと分かる重量感!

 

強烈な突っ込みとジャンプを数回いなし、ゲットしたのは狙っていたビッグママでした。

 

 

 

 

長さもさることながらでっぷりとした魚体に思わずニヤリ。

 

 

 

 

幸先よく良型のプリスポーナーをゲットし、本命と考えていた下流エリアのテトラ帯まで移動してきました。

 

ここでは、アクティブ・RSトーナメント3/8ozをセットしたヘビダンをショートピッチでテトラの隙間へ落とし込んでいきました。

 

しかし、このタイミングで気圧の谷の通過に伴う風が吹き荒れ、おまけにエレキトラブルまで発生…。

 

強風の中、1時間ほど粘りましたが危険と判断。風裏へ避難しエレキを応急修理。追い討ちをかけるようにトラブル発生でエンジンがかからなくなり、おまけにブ厚い黒い雲が現れたので、バッテリー切れを心配しながら水揚場へ戻り、14時過ぎには撤収しました。

 

ボートトラブルに関しては人的な整備ミスが原因なので、同行したボートオーナーの仲間には梅田の手厚い説教をかましておきました。(笑)

 

 おまけに、縦持ち写真のバスの尾びれ側がフレームアウトしとるしっ(>_<)

 

ともあれ、無理せずにトラブルや天候悪化に対処し、事故なく終われたのは幸いでした。

 

 



アクティブ・ホームページへ


2017年アフター5フィッシング始動!

こんにちは、梅田です。

 

日が長くなり、やっとこの時期がきました…。今年も出撃します、仕事終わりの野池釣行! 

 

久しぶりの野池は平日にも関わらず、仕事終わりの社会人、自転車部隊(中高生)、ゴムボートなどで賑わっていました。

 

ラッキーなことに私のお気に入りエリア、インレットがからむシャローフラットはガラ空きでした。

 

そこで、昨年から私の超一軍ルアーであるアクティブ・MSトーナメント1/32ozをベリー部にインサートした4インチ・シャッドテールワームを広範囲にキャストし様子をみました。

 

1投目からいきなりアタリがありましたが、どうやらサイズがいまいち…。ようやくフックアップしゲットしたのは子バスちゃん。

 

 

 

 

サイズアップを狙うため少し移動し、水深20cm程のインレット付近を攻めました。そして、やはり居ました、早春の食いしん坊バス!

 

 

 

 

しかもワームをカラーローテーションし、良型を2匹ゲットすることが出来ました!

 

 

 

 

仕事終わり、職場近くの野池でのホイチョイフィッシングですが、釣っても釣れなくてもストレス解消、癒やされますな!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター兵庫・2017年の開幕戦で準優勝!

こんにちは、梅田です。

NBCチャプター兵庫・2017年の開幕戦『スワンズCUP』に参戦してきました。

 

前日プラクティスでは開始早々、本湖の浮き桟橋で50cmクラスがヒット。

 

 

 

 

本流筋を上っていくと中流域はあまり反応がなく、上流域に差し掛かった辺りからバスがペアで回遊しているのがチラホラ見えました。

 

そしてその上流域の魚影を確認できた数ヶ所でグッドサイズがヒットし、3本で目測4,500gオーバーと、好感触でプラを終えました。

 

 

 

 

前プラで釣り上げたバスは全てアクティブ・MSトーナメント1/32ozをインサートした4インチ・シャッドテールワームのスイミング(デッドスローリトリーブ)に反応してくれました。

 

 

 

 

明日は、この釣りをやり切ろうと考え、少し早目に切り上げて大会本番に備えました。

 

そして大会当日、昨日の晴天から一変、夜中には冷たい雨が降り、日中もパラパラと雨が降り続いていました。

 

 

なんと無く不安のままスタート…。

 

 

天候の変化以上にフィールドの状況はかなり厳しくなっており、前プラのパターンを試すも全く反応なし。仕方なく攻め方を切り替え、魚影の濃かった上流域で勝負しようと考えました。

 

しかし大本命だったイマカツフラットエリアは先攻者だらけ、仕方なく第一インレットエリアに入りました。するとフラフラと泳ぐバスを数匹確認でき、このエリアのサイトフィッシングに徹することにしました。

 

いきなり出会った40アップを表層ワーミングで喰わすも、吸い込み弱くすっぽ抜け。その後も数回チャンスはあったが、バスの活性が低くバイトには至らず。

 

そして終了まで1時間を切った時点でミスバイトした40アップが少し見にくい水深でステイしているのを発見し、少し動いたタイミングでアクティブ・DSトーナメント1/16ozをセットした2インチ・シャッドテールワームを投入。

 

 

リグへ向かって動いたのだけが見え、喰う!と思った瞬間にバイト!

 

 

ランディング中は何故か釣ったバスを追ってる40アップが猛追…。物影に潜んでいたキーパーサイズが先にバイトしたようだ!(笑)

 

何とか1匹を絞り出すことができましたが、更に釣りを展開する時間は残っておらず、直ぐに帰着へ向かいました。

 

 

ウェイインに向かうも、検量する選手がほとんどいない。

 

 

そして迎えた表彰式、釣ってきたのは3人だけという厳しい結果。

 

 

 

 

運も味方してくれたようで、キーパーサイズ1匹で準優勝することが出来ました。 

 

 

 

 

 

この厳しい状況下でもしっかりキーパーをウェイインすることがいかに大切かを思い知らされる大会となりました。

 

 

≪タックルデータ≫
ロッド:S-62UL EXファーストテーパー自作フルカスタム
リール:スピニングリール2000番
ライン:フロロカーボン 3lb
フック: マスバリ #8
シンカー:アクティブ・DSトーナメント 1/16oz
ルアー:シャッドテールワーム 2インチ

 

 



アクティブ・ホームページへ


アジングのつもりが…。

こんにちは、ミラクル谷田です。

ライトゲームの経験が浅い釣り仲間とナイトゲームに出かけてきました。

 

この日は下げ潮の潮止まりとなる時間に重なり、海を見てガックシ。

 

白濁りが入っているうえに、下げ潮により海底が見えるという何とも釣れる気が全くしない、テンション下げ下げの釣行となりました。

 

 

気配がなくともそこは釣り人の性、やっぱり竿を出してしまいます。

 

 

まず初めは様子見にアクティブ・GAMヘッド0.7gにストレートワームのコンビで魚からの反応をみますが、魚っ気なしの無反応。

 

続いて、釣れないのならば飛距離だけでも伸ばしてキャストを楽しもうと、少し重めのアクティブ・ZAGヘッド2.0gに替えてみます。

 

 

同行者に「アジはこうして釣るんだよ〜♪♪」

 

 

っと、アクションの仕方や、ストレート巻などを実演してアジの釣り方のプチ講習をしながらキャストを繰り返します。すると、魚の気配すらなかった海から突然生命反応を捉えました。

 

海底付近をゆっくりと底に着かないようにストレートリトリーブしている時、ひったくるようなバイト!!

 

すぐさまフッキングを入れて、「ほら、アジが喰った〜〜♪」なんて言いながら、そこそこ抵抗する魚を慎重に寄せて魚影を確認すると、、、

 

 

アジ…???

 

 

…じゃ、ないよねぇ??

 

 

まさかのヒラメが現れました。

 

 

ネットを用意してなかったので、そのまま抜きあげて写真をパチリ!

 

 

 

 

30cm程のやんちゃなヒラメをゲット!

 

 

 

 

「次は座布団になって帰ってくるんだよ〜〜〜♪」と、勝手に再開を約束してリリースしました。色んな魚種が狙えるアクティブのライトゲームアイテムは大活躍ですね。

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター和歌山・第1戦で第5位!

こんにちは、ジャイアン和田です。

先日、NBCチャプター和歌山・第1戦に参加してきました。

 

5年ぶりの和歌山県・七川ダムの水温は15℃でほぼ満水。少し釣りし辛い感じがしました。

 

朝イチから平井上流でのサイトオンリーを考えてたのですが、濁りがあるためカバー撃ちに変更し、アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットの3投目でナイスキーパー!

 

その後、水面を良く見ると黒いサカナが泳いでるのを見つけてサイトにチェンジし、何度も撃ちましたが口を使ってくれませんでした。

 

しかし軽めのアクティブ・DSトーナメントをセットしたダウンショットにチェンジすると一発で口を使ってくれましたが、うまくノラず…。

 

続けてキャストすると再び口を使ったので、今度はラインが走るまで待ち、ロッドに重みが出てからスイープで合わす感じで仕留めました。

 

 

 

 

結果は、3本・2,356gで第5位入賞でした。

 

 

 

 

次戦も頑張りたいと思います!

 

 



アクティブ・ホームページへ


隠岐の島でスロージギング!

こんにちは、大下です。

 

4月23日(日)に、島根県の「海峡」さんにお邪魔してきました。

 

前日は潮通しが悪く今一つの釣果だったみたいなので、今日は島根県・隠岐の島の北西の深場に行くとの事で、午前6時出船です。

 

2時間半かけてポイントに到着。

 

 

 

 

景色は最高です!

 

 

ここは水深140m。

 

早々に狸メバルがヒット。

 

しかし、この海域も潮が悪くその後が続きません。

 

 

ボトムから少し上げた所で、強烈な引き!

 

やっとの事で上げてくると、、、メーターオーバーのサメ!

 

 

 

 

引きは、楽しめました!

 

 

そして、この海域を諦め、大移動し漁礁のポイントへ。

 

 

すると、ベタ底でヒット!

 

グットサイズのクロソイ!

 

アクティブ・シリコンネクタイ点発光(カーリーテール)が効きました!

 

 

 

 

 

根魚は反応が悪いので、青物狙いに変更し、ハマチをポツポツ釣り。

 

最後の流しでヒラマサがヒット〜!

 

よく引きました!

 

 

 

 

釣果はイマイチでしたが、1日楽しく遊べました。

 

これから水温もあがり、状況も良くなるので、スロージギングに出掛けてみてください!

 

 

≪釣果≫

狸メバル 2尾

ガシラ 2尾

クロソイ 1尾

ハマチ 2尾

ヒラマサ 1尾

 

≪タックルデータ≫

スロージギング:ベイト #2、3

ジギング:スピニング 6.3f

ライン:ベイト #1.5、スピニング #2.5

リーダー:6号、8号

その他:アクティブ・シリコンネクタイ点発光(カーリー、赤)、アクティブ・BBスイベル溶接#3、アクティブ・平打スプリットリング#5、6

 

 

 



アクティブ・ホームページへ


津風呂湖でロクマル!

こんにちは、谷口です。

約1年ぶりとなる奈良県・津風呂湖に行ってきました。

 

夕方から予定があったので昼過ぎまでの釣行でしたが、とても楽しめました!

 

津風呂湖はプロ戦で年間優勝したこともあり、比較的相性の良い湖です。過去の経験から、気になるポイントを周っていくと早速ナイスなバスを発見!


ある程度の距離を取って、アクティブ・エアーリーチ6インチのテキサスリグを投入すると、エアーリーチのナチュラルなテールの動きがバスを誘発して一撃でバイト!

 

朝イチから56cmをGET!

 

 

 

 

「幸先いいなぁ〜〜〜♡」と思いながら上流に上がっていくと丸太のような影を発見!

 

 

しかし、反応はイマイチ…。

 

 

バスとの距離、ルアーを入れるポイント、アクション等、色々と試行錯誤すると僅かながら反応するアクションがあることがわかり、苦戦の末、遂にバイトさせることに成功!

 

 

強烈な突っ込みをうまくやり取りし、、、

 

 

 

 

61cmのビッグバスをGET!

 

 

 

 

心臓バクバクで手も足も震えるほどのビッグママでした。

 

 

その後も55cmの他、40UPを数本釣って、風が強くなってきたので予定より早く終了。

 

 

 

 

久し振りの津風呂湖でしたが、やはり相性が良く大満足の釣果となりました。今日の釣果のリグですが、全てエアーリーチのテキサスリグでした。

 

 

 

 

エアーリーチのナチュラルアクションは本当に皆さんにも体感して欲しいです。

 

 

テキサスリグのシンカーはアクティブ・BSトーナメントを使用していたのですが、このシンカーはホールエッジを滑らかに加工することによるチューブレス仕様となっています。


ラインホールにチューブが有る場合はチューブの劣化等により、ラインがシンカーと直に擦れることがあり、ラインを傷付けることがありますが、このシンカーにはその不安がありません。

 

実際に今日の釣果でも全くラインに傷はなく、1度もラインを結び直すことがありませんでした。是非、こちらのシンカーも皆さん使ってみてください!
 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・開幕戦で優勝!

こんにちは!生島です。                                                                    
NBCチャプター布目・第1戦に参加してきました。
                                                                    
例年、布目ダムは春の訪れが遅く、4月になってもディープに魚が多く残り、口を使わない為にあまり釣果には恵まれない季節。1匹の魚が大きく鍵を握る重要な開幕戦になる為、気合を入れてプリプラに入りました。

 

今年初めての布目ダムということもあり、全エリアを回り水温をチェックしました。


すると例年に比べて水温が高いかな? 一番水温が高い場所でも13℃もあり、今年は春の訪れが早いのでは?と思える状況でした。気になるカバー周りを探るとキロアップの魚をキャッチ。

 

 

 

 

釣れたバスのコンディションを見ると白い固体で、ディープから上がってきた様子でしたが、浅い場所に移動しだしたことを気付かせてくれる魚でした。


 

…前日プラクティス。

 

プリプラ時の水温と比較しながら全エリアをチェックすると朝から13℃。大きな寒波も無かったのでスポーニングを意識した魚が多いのでは?と思い、シャローを中心にチェックしました。

 

ディープに隣接する岬にミドストでルアーを通すとキロアップのプリスポーンバスをキャッチ!

 


 

 

やはり魚はスポーニングを意識していると思い、次にカバーをチェックしました。するとまたまたプリスポーンバスをキャッチ!

 

絶対、魚はシャローに差し始めてる!

 

と確信し、シャローで勝負と決めてプラクティスを終えました。

 

 

…試合当日。37名の選手で争われました。

 

スタートは真ん中でしたが一番に入りたかったヘラワンドに向かい釣りを開始しました。実績ポイントでもあるので多くの選手が集まり、更に岸には多くの釣り人で攻める場所が無い状況でした。

 

実は、朝一番にヘラワンドに向かったのは戦略から消去する為に周りの状況を確認し、早々に見切りをつけて移動しました。

 

 

本命ポイントは、副ダムエリア。

 

 

下流エリアより水温も高く、プリスポーンが差してくるコンタクトポイントを前日に掴んでいました。ポイントに到着し、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで狙いました。

 

 

開始30分、待望のバイト!

 

 

慎重なやり取りで貴重な1匹目をバスをキャッチしました!

 

 

アクティブ・フィッシュスケール1kgで量ると約850g。狙い通りにバスをキャッチ出来たので足が震えました。

 

それから約1時間後、重たくなるようなバイトを感じスイープフッキングを決めると強烈に竿が引き込まれました。が、無事にキッカーフィッシュとなる1,340gのバスをキャッチ!

 

バイトが遠くなったのでシンカーを軽めのアクティブ・RSトーナメント1/16ozに変更して、スタンプにスタックさせながら丁寧に狙うと3匹目となる1,100gのバスをキャッチ!

 

 

なんとリミットメイクに成功しました!

 

 

あまりにも思い通りの展開にしばらく放心状態でしたが、気を取り戻してカバー周りをアクティブ・ダイレクトスティック type Bアクティブ・BSトーナメント10gをセットしたリグで攻めました。                                                                    

 

                                                                    
  

 

                                                                    
直付シンカーリグの進化形。好きなフックやシンカーを自由に選べ、使用できます。また、シンカーが下部に集中するのでマットカバーでは貫通能力がアップします。

 

これも狙いが的中して950gのバスをキャッチし、入れ替えに成功させて帰着しました。

 


今大会の状況は厳しかった様子で、ウェイインしたのは5名。検量の結果、3本・3,400g。

 

 

 

 

複数本バスをキャッチしたのも私だけと驚きの釣果にビックリしました。そしてNBCチャプター布目で3回目の優勝を飾ることが出来ました!  

 

 

                                                              

 

残り4戦 信頼できるアクティブ商品と全力で戦いたいと思います。                                                                    
                                                                    
                                                                    
≪タックルデータ≫                                                                    
シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz、1/11oz 
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール1kg、2kg

 

 



アクティブ・ホームページへ


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode