リミットメイク、入れ替え、そして4位入賞!

8月31日(日)に、兵庫県・東条湖で開催されたNBCチャプター兵庫・第5戦に参戦してきました。

前日プラでは、朝に導水路上のガレ場の水深1〜2mぐらいの所で1匹、日が昇ってから句碑岬周辺岩盤で2匹キャッチすることができ、本番は日が昇るまではシャローを中心に、それから日が昇ればディープに切り替えていく作戦に決め、当日を向かえました。

試合当日の朝イチ、前日プラで調子の良かった導水路上のガレ場を目指し、スタート。導水路には何人か入っていましたが、自分が入りたかったガレ場には普通に入ることができました。

最初にストレートワーム(3.8インチ)のネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/64oz使用)をセットし、探っていくことに。岸ギリギリにキャストし、アプローチを繰り返していくと20分位過ぎた頃に小さなアタリがっ!すぐにフッキングし、慎重にランディング。上がってきたのは、25cm(約200g)のキーパーでした。

幸先良く1本とることができ、気持ちも楽になりました。“この調子で釣れたらいいなぁ〜”と思いながら周辺を攻めていきましが、2時間ほどバイトがなく、気温も上がってきたので、“もう少し深めを狙おう”と水深4〜5mぐらいのラインを探ることにしました。

たかふ岩上流の岩盤に居ついてるバスを狙おうとストレートワーム(3.8インチ)のネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz使用)をセットし、岩盤へキャスト。すると、ステイ中に「コツッ」というバイトがっ!フッキングも決まり、27cm(約300g)のナイスキーパー。“よしっ!リミットメイクまであと1本!”と思い、日もだいぶ昇り、気温もかなり上がってきたので、残りの時間を本湖ディープで勝負することにしました。

水天宮岬、ダムサイトを攻めましたが反応がなく、赤坂沖へ行き魚探を見ると、ハンプの周辺にベイトフィッシュが写り、もしかしたら思い、ストレートワーム(4インチ)のヘビダン(アクティブ・RSトーナメント1/4oz使用)をセットし、キャスト。底をズル引きしていると、“コンッ!コンッ!”というアタリが!充分に食い込ませてからフッキング。25cm(約200g)キーパーギリギリの貴重な魚でした。

これでリミットメイク達成!!さらに入れ替えを目指し、ハンプ周辺をズル引きで探ると、またアタリがありフッキング!なかなかの重みを感じ、慎重にランディング。今度は30cm(約500g)のナイスキーパー!今度は入れ替えに成功!

まだいけると思い、粘りましたが反応も無くなり、タイムアップ。ウェイインに向かい、結果は3匹で1,095g!しかし、他のアングラーもたくさんバスを持ち帰ってきており、“上位入賞は厳しいかなぁ〜”と思いながら、表彰式を待ちました。


▲リミットメイク達成

そして表彰式で、「4位」とアナウンスされ、ビックリのお立ち台!大会を振り返り、3匹揃える大切さ、最後まであきらめない気持ちの大切さを改めて感じました。


▲佐々木プロとダブル入賞でした

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 4lb
ルアー:ストレートワーム(3.8インチ)
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz、1/32oz
フック:マス針

≪タックルデータ(ヘビダン用)≫
ロッド:6.6f
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム(4インチ)
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/4oz
フック:マス針

キャップ:フレックスフィット・カモフラ
シャツ:オリジナル・トーナメントシャツ

ホームページへ

1年振りの琵琶湖!

7月19日(土)に昨年春以来、1年ぶりの琵琶湖へ友人3人と釣行してきました。

当日は、朝から気温が高くてムシムシしていました。去年も50cmUPを何本か釣ったので、今日も50cmUPを目標に湖へ出発しました。

まず最初に木ノ浜沖に向かい、水深4〜5mのウイードエッジを狙うことにしました。最初は全体的に探りたかったので、S字系のルアーから始めましたがノーバイト。1時間後、ジグヘッドにストレートワームをセットしキャスト。

なんと、その1投目のフォール中にラインが走り、上がってきたのは35cm位のバスでした。“小っさいなぁ〜〜〜”と思いつつ、2投目をキャスト。すると、その2投目のフォール中に、またまたラインが走りました。フッキングした瞬間にドラグが走り、慎重にランディング!上がってきたのは、49cmのバスでした。“あと1cm足りないっ!”と悔しかったけど、“魚は、浮いてるな〜〜〜”と確信しました。

フォールを中心に、ジグヘッドネコリグ(アクティブ・MSトーナメント1/32oz)をローテーションしながら探っていくと、小さいながらも何匹かバスが釣れました。その後も周辺を探っていきましたが、日が昇るにつれてバイトが遠のき、集中力も切れてきたので、少し休憩…。

休憩後にアクティバ沖、下物沖、自衛隊沖を攻めていきましたが、小バスが釣れるだけで、なかなか大きいバスは釣れませんでした。そして、タイムリミットまで残り時間あと少し。朝イチに良かった木ノ浜沖に勝負をかけることに決めました。

風もイイ感じに吹いてきて、イイ感じのウイードの固まりを見つけ、釣れそうな雰囲気が漂う中、水の流れなどを考え、固まりのウイードエッジにストレートワームのジグヘッドをキャスト!

すると、またその1投目にバイト! フッキングした瞬間にドラグが走り、止りませんでした!そして、水面で暴れたバスを見て、

“ヨッシャ〜〜〜〜〜!楽勝50cmUPや〜〜〜!!!”

と、思った瞬間にウィードに潜られ、ラインを擦られ、“ヤバイッ!”と感じた時には“プンッ”という音とともに軽くなり、ラインブレイク…。

…痛恨のバラシにショックを受けましたが、“まだ、バスはいる!”と確信し、キャストを繰り返していく中、同じウィードエッジで45cmのバス、43cmのバスを立て続けにゲットし、タイムアップ。


▲1年振りの琵琶湖は、楽しかった!

50cmUPは釣れずに残念でしたが、久しぶりの琵琶湖は“やっぱり、いいフィールドだなぁ〜〜〜”と感じた一日でした。

≪タックルデータ(ジグヘッド用)≫
ロッド:6.0f(L)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 4lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
リグ:ジグヘッド 1/16oz

≪タックルデータ(ネコリグ用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム 4inch
フック:マス針
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz

キャップ:フレックスフィット

ホームページへ

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode