NBCチャプター奈良・第4戦で3位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター奈良・第4戦に参戦してきました。前日プラクティスは仕事の疲れもあり、少しゆっくりスタートの昼前から出撃。

 

 

今回の狙いは回遊!

 

 

と、サイトメインのタックルを組んでいたのですが、天気は曇りでローライト&風…。サイトにはコンディションが悪いため、とにかくバスの居場所を掴むために岩盤や立木を探っていくとキーパーサイズはそこそこ釣れます。

 

しかし全て300g前後で、リミットメイクしても1キロ前後と試合としてはダメダメ。スタートが遅く時間が無くなってきたのでエリアを絞り、本流をメインに探っていったのですが、結局何も掴めず終了。

 

 

そして大会当日。

 

 

エリアが違うのか?、釣り方が違うのか?…。おそらく両方違うのだろうと思い、向かったエリアは前日チェック出来なかった大又川上流域。

 

このエリアでの岩盤絡みからチェックしていくと前日同様300g前後のキーパーサイズはイージーに反応してきます。釣り方もやはり変える必要があることを確認し、状況を再度自分なりに分析し、狙うレンジを下げることに。

 

 

理由は水温低下。

 

 

土曜日の時点で1℃、大会当日に更に1℃、と下がり続けている状況からバスとベイトのレンジが下がったのでは?と予測しました。

 

そして、サイトメインの予定で使ってなかった魚探の電源を入れて探っていくと、水深5〜6m付近にベイトの反応を発見。アクティブ・RSトーナメント1/11ozのダウンショットの一点シェイクでバスからの反応を待つと、

 

 

“ グッ ” と重くなるバイト!

 

 

明らかに今までとは違う引きを感じながら、慎重にランディングしたのは800gのキッカーフィッシュ!

 

この1本で予測が確信に変わり、同じレンジを狙うとバイトは少ないもの今までよりはサイズアップし、アクティブ・フィッシュスケールを使いながらウエイトアップを図っていく事に成功!

 

 

 

 

結果、3本・1,815gで3位に入賞する事が出来ました。

 

 

 

 

更に嬉しい事に2位と4位にもチームアクティブのメンバーが入賞しました!

 

また、今大会がNBCチャプター奈良の最終戦でしたので年間成績が発表され、後半戦2戦連続お立ちで捲り、年間総合順位も3位入賞!

 

 

 

 

この勢いで近畿ブロックも頑張ります!!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター池原・第3戦で3位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター池原・第3戦に参戦してきました。

 

前日に、いつもボート昇降をお世話になっているY企画さんで準備をしながら状況をリサーチすると、魚影の濃いのは白川筋とのこと。

 

池原ダムは広大なエリアで、自分の15馬力では到底全エリアをチェックするのは難いので事前情報は重要です。

 

早速、白川筋上流に向かい、まずはスポーニング絡みのバスをサイトで探しながら、並行してバスの回遊ルート、ベイトの固まっているエリアをチェックして行きました。

 

そしてスポーニング絡みで池原らしい丸太のような60UPとベイトが大量に溜まっており、そのベイトに良型のバスが付いているエリアを見付けることが出来ました。

 

このエリアを当日のメインエリアと考え、残り時間はバックアップパターンとしてこのエリア周辺をチェックしプラクティスを終了。

 

 

そして、大会当日。

 


比較的早いフライトだったので、まずは前日に見付けていた60UPのポイントへ。

 

先行者はおらず無事に入ることが出来たのですが、残念ながらお留守で変わりに40cmぐらいのバスがお留守番をしてました。

 

しかしスプーキーな状態で反応させるには時間が掛かりそうだと判断し、早々にベイトが溜まっていたエリアへ移動。

 

すぐにスクールを発見し、並走しながらコンタクトポイントになりそうなポイントへアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャストし、狙い通りバイト!

 

 

 

 

ラインが3lbだったので沖に誘導し、慎重にやり取りして無事にランディング!

 

アクティブ・フィッシュスケール2kgで計測すると1,500gのナイスキッカーでした。

 

 

続けて同じサイズを掛けるも、立て続けのキロフィッシュに気が焦ってしまい( 頭の中でお立ち台がチラチラ 笑 )少し強引にやり取りしてしまいラインブレイク…。

 

そして、痛いミスだがチャンスはまだある!と気軽に思っていたのも束の間で、日が昇るにつれ、目で見える岸際からバスの姿が極端に減ってしまい厳しい状況に一変。

 

 

釣れない時間が続く中、突然ボイルが…。

 

周りを良く観察してみるとベイトがたまに不自然な動きをしていることに気付いた。

 

 

そう!バスのポジションは岸際から沖へ移動しており、沖からベイトを追い込み捕食していたのです!

 

それからは、岸から少し距離を置いてベイトの動きに注意して、ブラインドの釣りにシフト。

 

すると今までの苦戦が嘘のようにバイトが増え、2本目となるキーパーサイズをゲット。その後もキーパーは釣れ続け、早々にリミットメイクに成功!

 


しかし、釣れども釣れどもキーパーサイズ…。

 

 

10本以上釣ってやっと待望のキッカーを獲ることが出来たのですが、その後もキーパーの嵐。結局最後まで3本目のキッカーを獲ることは出来ずにタイムアップ。

 

 

 

 

あまりにも釣れるので「この時はいつかキッカーが混ざるだろう」と思い、単純な攻め方しか出来なかったのが反省点です。

 

 

しかし、2本のキッカーのお陰で3,150gで3位に入賞する事が出来ました!

 


七色ダム、池原ダムと2戦連続お立ち台に上がれましたが、やっぱり1番高いとこがいいんで、次は優勝報告出来るように残りの大会も頑張ります!

 

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター奈良・第3戦で4位入賞!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター奈良・第3戦に参戦してきました。

 

大会は6月26日(日)に開催されたのですが、大会会場である七色ダムにおいては4月〜6月の間はライブウェルにキープ出来る本数を1本のみと制限していることから、そのルールに則りリミット1本での勝負となる大会でした。


季節的にプリやアフターが混在して狙いが定まらず、本来ならリミットメイクするための戦略に頭を悩ますとこですが、今回は1本勝負!…となるとスポーニング絡みのデカイのを狙うしかない!と前日のプラクティスは勝てる魚を1日中探し、数が少ないながらも高ウエイトが期待出来る魚を見つけることが出来ました。


しかし、当日は参加選手を含め沢山のアングラーが湖上に居られたので、大会当日までその魚が居残ってるかどうかは時の運…。

 

 

そして、大会当日。

 

フライトは後半だったので先行者が居るのでは?と不安でしたが無事にポイントに入る事に成功。しかし、先行者も居なかったですが、狙いの魚も居らず…。


次のポイントとその次はオスのみで、メスはお留守になってしまっていたのでスルー。


4ヵ所目のポイントでやっと勝負出来る魚が残っていました。

 

アクティブ・BSトーナメント10gのテキサスリグ、RSトーナメント3/16ozのベビダン、ノーシンカー等々、手を替え品を替えするも反応せず…。

 

 

苦戦しているとスクールを発見!

 

 

スクールが向かっている先に目をやると立木があり、そこにタイミングを見計らってアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャスト。

 

 

すると、バスがルアーを追って立木へと方向転換。

 

 

立木に巻かれないようにラインでアタリを取り、一気に沖へと誘導し、無事ランディングに成功!

 

 

起死回生のキロフィッシュです!狙いを回遊バスにシフトし、ポイントをランガンしましたが入れ替え出来るバスに出会うことが出来ずタイムアップ。

 

 

 

 

シングル入賞ぐらいかな?と予想していたのですが、選手の皆さんも苦戦したようでウエイトは伸びず、1,205gで4位に入賞する事が出来ました〜。

 

 

 

 

各大会も折り返しに入ってきたので、この調子で捲って行きたいたと思います。

 

 



アクティブ・ホームページへ


七色ダムでデカバス!

こんにちは、谷口です。奈良県・七色ダムに行ってきました。

 

当日は生憎の天気で、今にも雨が降りそうな感じで、時期的にスポーニング絡みのデカバスを狙うつもりだったのですが、サイトは難しいと判断し、アフター回復系に狙いをシフトすることに。

 

 

まずは七色ダムでは定番の旧発電所跡のあるエリアからスタート。

 

 

ゴロタにアクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットをキャストし、ゆっくりダウンヒルにリグを落としていくとゴン!

 

 

気持ち良いアタリの後は強烈な突っ込み!!

 

 

瞬間的にデカイと感じ、ドラグを調整しながらエレキで沖に誘導して、慎重にやり取りして釣り上げたのは、余裕の50UP!

 

 

 

 

桟橋に戻って計測すると57.5cm、3,020gのビッグサイズでした。

 

 

幸先良くデカバスに出会うことができ、意気揚々と同じようなエリアや立木、岬をダウンショットやジグヘッドで探っていくと面白いように反応があります。

 

しかしサイズがイマイチだったので、アクティブ・BSトーナメント3/8ozのテキサスリグで岩盤エリアを狙うと少しサイズアップしましたが、ここで雨が激しくなり雷鳴が聞こえたため、ストップフィッシング。

 

結局この日のデカバスは朝イチの1本のみとなりましたが、一緒に釣行していたチームアクティブの別所さんも50UPを釣り上げていました!

 

 

 

 

この時期の七色ダムではビッグバスを狙いながらも数釣りも楽しめますので、リザーバー必須アイテムのアクティブ・リザーバーシンカーやRSトーナメントを持って皆さんも訪れてみては!!

 



アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第2戦に参戦!

こんにちは、谷口です。NBCチャプター布目・第2戦に参戦してきました。

 

前日プラクティスではダムサイトと副ダムエリアを重点にチェックしていき、副ダムエリアの沖にある橋脚跡付近でかなりの手応えを得ることができました。

 

早々にプラクティスを切り上げ、当日のタックル準備を入念にして就寝。

 

 

明けて当日。

 

 

…雨です。

 

 

しかも夜中に相当降ったみたいで、この雨が湖にどんな影響を与えているのか、、、。

 

恵みの雨でありますように!っと祈りながらスタート!

 

もちろん副ダムの橋脚跡へ。

 

 

フライトが後半の方でしたが、チームアクティブの谷岡さんに整備して頂いているエレキ(リアライズ仕様)のお陰で先行選手を追い抜き、無事にポイントに入ることに成功。

 

ここまでは予定どおりだったのですが、釣りを開始して早々に嫌な予感が…。

 

短時間でリミットメイクできるポテンシャルのあるポイントのはずが、バスからの反応が薄くバイトも浅い状況に。

 

ダウンショットのシンカー(アクティブ・RSトーナメント)を1/11ozから1/16ozにウエイトを下げて、慎重に探ると待望の1匹目!

 

しかし、期待していたサイズではなく、反応もサイズも前日から激変していました。

 

 

 

 

恵みの雨ではなかったみたいです、、、。

 

 

その変化に気付いていながらも前日のポテンシャルが頭から離れず、粘りに粘って、、、結果、、、撃沈。

 

やり切った感はあるものの、試合運びとしては最悪な結果となってしまいました。この反省を忘れずに次戦は良い結果をご報告させて頂きます!!

 

この試合で新しい「チームバグース」のトーナメントシャツを着用していたのですが、生地の伸びがあり着心地抜群でした。アクティブではオリジナルトーナメントシャツを作っていますので、皆さんもチーム等のカッコいいシャツを作ってみては!

 



アクティブ・ホームページへ


津風呂湖バスCUPに参戦!

こんにちは、谷口です。

 

先日、津風呂湖バスCUPに参戦してきました。この大会は1本の重量で競う大会で、今回で第6回目となります。

 

第2回に優勝して以降、2勝目を目指していたのですが、近年は嫁と参戦していることから自分よりも嫁に如何にデカイバスを釣って貰うかが目標になってしまっています(汗)

 

 

そんな感じで今回も嫁と2名乗船での参戦です。

 

 

プラクティスには入っていないので、自分の過去の情報から入野方面へ向かうことにし、途中のゴロタエリアから流していくと、早速デカバス発見!

 

まずはバスの反応を見るために自らルアーをキャストするとなかなか手強そうな感じだったので早々にスルーし、上流域へ流していきました。

 

すると予想外に水質が悪く、上流へ上がるほど濁りもきつくなっていき、バックシートの嫁にも「こんな水汚くて釣れるん?いつ釣らしてくれるん?まだ?」っとボヤキ口撃が…。

 

「これからや!」っと、言ったものの生命感が感じられないため、最上流までは行かず折り返すことに。

 

しかしバスからの反応はなく、桟橋が見えてくると、またしても嫁から「全然釣れへんやん、もう諦める?戻るんやったらトイレ行くっ」と諦めモード全開の口撃が…。

 

返す言葉もなかったので、心の中で最後まで諦めるかー!っと叫び、無言で桟橋を横目に鬼輪筋に入っていきました。

 

 

そして遂にチャンスが到来!

 

 

まずは自らルアーをキャストしてバスの反応を慎重に観察すると、微妙な感じ…。

 

時間があまりなかったので、バスのやる気スイッチだけ自分が入れることにし、スイッチオン状態で嫁にチェンジ。何度かミスをしましが、見事にキャッチ!

 

 

 

 

ルアーはアクティブ・BSトーナメントと新発売されたアクティブ・エアーリーチのテキサスリグ。

 

 

 

 

エアーリーチの滑らかなテールアクションと止めた時のテールの浮き上がりがヤバ過ぎです!

 

 

そして結果ですが、レディース部門で見事優勝!!

 

 

総合でも8位とシングル入賞することができ、面目も保たれました〜。来年はまた自分の2勝目を目指して頑張りたいと思います!





アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター三重・第2戦で5位入賞!

こんにちは、谷口です。
NBCチャプター三重・第2戦に参戦してきました。

青蓮寺ダムは愛艇の進水式をした思い出深いフィールドで、近年は訪れることが減りましたが数年前まではよく通っていた大好きなフィールドです。

今回は3年ぶりの青蓮寺ダムとういこともあり状況は全くわかりませんが、久し振りのフィールドに気持ちだけは高ぶっていました。

プラクティスに入れなかったので全くノープランでしたが、3年前にチャプターで来た時に布生川筋で良い釣りが出来たことを思い出し、朝イチは布生川筋に入りサイトフィッシングをメインに反時計周りに流していくことにしました。



すると早々に良型を発見!



アクティブ・BSトーナメント10gのテキサスリグをアプローチし即バイト!

キャッチ後にアクティブ・フィッシュスケール2kgで量ると1,800gのナイスフィッシュで幸先最高!


そのまま岸沿いを流していくとまたも良型を2本発見!


冠水ブッシュの奥に居る
ので取り込む時のことも考え、ルアーを送り込むラインを慎重に考えてキャストするも、着水音だけで逃げてしまいます。

しかし、時間が経つと戻ってくるので、一旦岸にルアーをキャストし、着水音を殺してアプローチを繰り返すと、遂にバイト!

小さい方だったので、一気にブッシュから引き離してランディングしたんですが、見た目より大きく1,300g。…ってことはもう1本の方は恐らく2kg前後。

はやる気持ちを抑えてラインチェックを行い、結び替えし、2kgのモンスターにアタック再開すると、難なくバイト!


しかし、ジャンプ一発でさよなら〜。


…。


戻ってくる気配がないため、気を取り直して次のポイントへ。布生川上流域で500g、立て続けに700gを釣り、入れ替えをして3,800gでリミットメイク!

何とか700gを入れ替えるためにランガンしましたが、ここでタイムアップ。





会場ではビッグバスが多数持ち込まれており、お立ち台は難しいかな?と思っていたのですが、滑り込みで5位入賞!





これからいよいよ本格的にトーナメントシーズンに入るので、この調子で頑張ります!

今回はアクティブ・フィッシュスケールでの自己計測が3,800g、大会検量でも3,800gとバッチリ! アクティブ・フィッシュスケールはトーナメンター必需品ですよ〜。



アクティブ・ホームページへ


2016年、初釣り!

皆さん明けましておめでとうございます!谷口です。

2016年の初釣りに奈良県・七色ダムへ行ってきました。1月3日(日)に訪れたのですが早朝の気温は4℃、水温も12℃と真冬とは思えない気候で、天候は初釣りには良い日となりました。

しかし、肝心の釣果は水温12℃という中途半端な状況からバスのポジションが絞れず、午前中はワンバイトのみで終了。暖冬の影響か、数こそは少ないですがシャローにまだバスの姿があり、天才君に翻弄されてしまいました。

午後からはシャローを諦めてディープに狙いを絞り、魚探とにらめっこ。良い反応があったポイントをライトキャロ(アクティブ・BSトーナメント3.5g使用)でスローに流すと待望の初バスGET!





水温がまだ高いのでディープもバスがかたまっておらず、同じポイントで複数匹釣れることがなかったので苦戦しましたが、何とか3本釣ることができ、無事初釣りを終えることが出来ました。

一緒に行っていたチームアクティブの別所さんもしっかり釣ってました。





さすが昨年のチャプター奈良の年間優勝者です。

これから寒さが厳しくなりますが、1月末にはトーナメントも始まるので皆さんが釣りに行きたくなるような釣果報告を出来るように頑張ります!

 


池原ダムで釣り納め!

こんにちは、谷口です。2015年の釣り納めとして奈良県・池原ダムで開催されたローカルトーナメントに参戦してきました。

この大会はペア戦で、チャプター布目会長と開催当初から参戦しており、初代チャンプを獲得後、2勝目を目指して今回で6回目の参戦です。

最初に向かったポイントは白川筋の下流側の屋敷跡、冬の定番ポイントです。水深7m付近にベイトフィッシュの反応があり、ダウンショットを投入すると早速バイト!


サイズは小さいながらも貴重な1本目をGET!


石垣等が点在していることから、シンカーはもちろんリザーバーでのマストアイテム、アクティブ・RSトーナメントを使用。ウエイトは低水温によるショートバイト対策として、軽めの1/16ozを使用した1本でした。

その後、同じ水深を攻めて厳しいながらもリミットメイクに成功。しかし、ウエイトが上がらず苦戦しながら付近を流していると、会長のメタルジグにキッカーがHIT!

水深は屋敷跡のフラットから一段下がった11m付近。そこから狙いを少し深めに切り替えていくと2本の入替えに成功!

バイトが遠のいた後半は上流側の屋敷跡へ移動すると、そこからプチラッシュ!微妙なウエイトをアクティブ・フィッシュスケールで入替えていき3本・3,080gでフィニッシュ。





結果は、3位入賞で目標の優勝には届きませんでしたが、良い釣り納めになりました。


バスの方はこれで釣り納めだったのですが、12月30日(水)に奈良県・布目ダムにワカサギ釣りにも行ってきましたので、少しご紹介を。

布目ダムではバス釣りだけでなく、11月から3月までの間はワカサギ釣りも盛んで、僕も毎年数回はボートからのワカサギ釣りを楽しんでいます。

今回の釣行ではワカサギの群れは少なく、移動も早かったので、狙いは湖底にべったり居ついているワカサギです。


ここで気を付けたいのが、根掛り。


ラインブレイクすると湖底に仕掛けやシンカーを残すことになりますし、たくさんの針にエサを付け直すのもストレスですよね。

僕はここ数年、ワカサギ釣りでもアクティブ・RSトーナメントを使用しています。感度と擦り抜けの良さからワカサギ釣りでも重宝しているので、是非試して頂ければと思います。


 


釣果の方は爆釣とはいきませんでしたが、まずまずの釣果で帰ってから家族で美味しく頂きました!

 




さぁ本厄も終わりますし、後厄は気合で吹っ飛ばして2016年は今年以上の釣果を上げたいと思います!

 


NBC近畿Cブロック・チャンピオンシップ、優勝!

こんにちは、谷口です。NBC近畿Cブロック・チャンピオンシップに参戦してきました。

大会会場は兵庫県・生野銀山湖で、各チャプターの年間上位入賞者だけで戦う、格式の高い大会になっています。

そして、この大会の上位5名は、NBCチャプターチャンピオンシップ・西日本決勝大会の権利を獲ることが出来るので、何としてでも権利を獲ると気合入りまくりで生野銀山湖へ向かいました。


■前日プラクティス -----

生野銀山湖には昨年のバスプロ選手権以来の1年ぶりとなりますが、毎年この時期には訪れているので、過去の記憶から各ポイントをチェックしていきました。

定番の出合橋インターセクションは船団になるのは必至なので、できればそれ以外のポイントを見つけられたらと考え、あまり他の選手が狙わないディープエリアを重点的にチェックし、下流域の島の水深12mで1本、中流域の水深16mで2本の反応を得ることができ、手応え十分でプラクティスを終了。


■大会当日 -----

56名の精鋭達の緊張感の中、フライト抽選。いつもなら早いフライトが当たれ!と祈るとこですが、今回は自分のポイントは他の選手とバッティングすることはないと思っていたので意識していなかったのですが、嬉しい第1フライト。


やっぱり欲が無い方が当たるみたいです(笑)


そして狙いのポイントへ入り、ライトキャロ(アクティブ・BSトーナメント3.5g、アクティブ・フロートリグスイベルSSS使用)で狙い通り1本目!

早い時間での1本目で、しかも予想していた魚よりサイズが良く、ライブウェルに入れた後、手の震えが少しの間止まりませんでした。

普段では味わうことの出来ない興奮はトーナメントの醍醐味です。興奮した気持ちを抑えつつ、集中力を高めていくと2本目!


キーパーぎりぎりでしたが、開始1時間で、2本。


最近の生野銀山湖の大会結果を考えると、2本でお立ちの可能性は「大」。残り時間を考えると優勝は十分狙える、と気持ちはどんどん高まります。


しかし毎度のことですが、トーナメントはそんなに甘くありません。


そこから長い沈黙。貴重なバイトも獲ることが出来ず…。試合時間も僅かになり、高まっていた気持ちが焦りに変わっていきます。残り時間が30分を切った時、魚探に良い感じにバスが映り、すぐにダウンショット(アクティブ・RSトーナメント1/11oz使用)をシューティング…。そして待望の3本目!


急いでアクティブ・エアー抜き針Lでエアーを抜いて帰着へ。


■ウェイイン -----

2本目のバスがキーパーぎりぎりだったので、検量前にキーパースケールで確認し、ウェイインへ。検量の結果、3本・957g。






■表彰式 -----

ワクワクしながら迎えた表彰式。前評判通りの厳しい湖の状況でウェイインしたのは、たったの8名。8位の選手からコールがあり、最後に自分の名前が!!





2度目となる近畿ブロックの優勝を勝ち獲るが出来ました!!





しかも2位には同じチームアクティブの生島選手が入賞し、ワンツーフィニッシュ! 





ミックス(チーム)戦はいつも布目ダムで競い合ってる3人で獲得!!





W優勝で最高の結果となりました!


これでNBCチャプターチャンピオンシップ・西日本決勝大会の権利を獲ることが出来たので、山口県・弥栄ダムに行ってきます。
そして、またここで優勝報告したいと思います。

 

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode