GW明けに琵琶湖へ!

皆様、こんにちは!中谷大智です。GWはいかがお過ごしでしたか?
私、中谷はGW明けの5月6日(木)に、日本最大のドリームレイク“琵琶湖”に行ってきました!

そこでの釣果を今回報告させていただきたいと思います。
まず、この日は朝から晴れで、ほぼ無風時々そよ風といった感じ。

巻き物はちょっと厳しいかな〜と思いつつも朝イチだったので、
3m〜3.5mラインをクランクベイトで流していきました。
エリアは草津川沖周辺。すると中谷には珍しいスタートダッシュに成功!

 

幸先よく40アップをゲット!さらに流していくと…



これまたグッドフィッシュ♪初めて琵琶湖が楽しいと感じた瞬間でしたw
しかし、無風ということもあってかフィーディングタイムは早めに終了。

次にエリアをさらに南に下り少しシャローレンジをサーチ。
ルアーは6インチストレートワームのノーシンカー。すると1投目に!!!



これぞ琵琶湖バス!目標のロクマルには届きませんでしたが、56cm、3kgオーバーのビッグバス!ポイントに到着して1投目だったので同船者と2人で大はしゃぎ!釣りは本当に大の大人を子供にさせてくれます。

ココでのルアーアクションはロングステイ。時折ウイードにからんだらはずして、またステイ。ステイの際は必ずラインをフリーにして、バスにラインの存在に気付かれないのが大切。

最初はラインを張りっぱなしだった同船者にはバイトはなく、私だけが釣れ続いた。途中でラインテンションのことに気付き、テンションをフリーにしたら同船者にも釣れたので、かなり重要だったと思います。

結果的には夕方まで釣れ続き、真剣にロクマルを狙いすぎて途中から写真を撮り忘れましたw 残念ながら最後まで60アップに出会うことはなかったですが、久しぶりに楽しい釣りが出来ました。

皆様もぜひ、琵琶湖へ足を運んでみてください!

また、同じACTIVEスタッフには僕の先輩・藤井大介さんが琵琶湖でガイドをしておりますので、コチラの方もぜひよろしくお願い致します。
 
≪タックルデータ(クランクベイト用)≫
ロッド:7.0f(H)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:3.5mダイバー

≪タックルデータ(ノーシンカー用)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb
ルアー:ストレートワーム 6inch
フック:5/0

≪タックルデータ(ネコリグ)≫
ロッド:6.6f(L)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 10lb
ルアー:ストレートワーム 6.5inch
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/64oz


アクティブ・ホームページへ

秋の高梁川へ行ってきました!

10月29日(木)に岡山県・高梁川に行ってきました。

前回行った時は真夏でゴロタエリアでのザリガニパターンが良かったですが、今回は秋らしく主に巻き物でグッドサイズのバスを釣る事が出来ました。



ルアーは2mダイバーのクランクと3.5mダイバーのディープクランク、そして3/8ozのスピナーベイト。フォローにはテキサスリグ。エリアは最下流域。

スピナーベイトはシャローでボイルしているバスを狙い撃ち!クランクベイトは水深に合わせて選び、ブレイクを綺麗にトレースする事が重要でした。

昼間はさすがに巻き物では厳しいので、アクティブ・BSトーナメント5g使用のテキサスリグが有効でした!

秋ということもあり、朝夕のフィーディングタイムは広範囲にバスが散っているので効率よく釣るためには、やはりファーストムービングルアーが有効かと思います。

今回の最大サイズは54cmと満足のいく釣果でした!



皆様もぜひ巻き物で高梁川バスを攻略されてみてはいかがでしょうか?

≪タックルデータ(クランクベイト用)≫   
ロッド:7.0f(MG)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb

≪タックルデータ(スピナーベイト用)≫
ロッド:6.6f(M)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 12lb

≪タックルデータ(テキサスリグ用)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 14lb
シンカー:アクティブ・BSトーナメント 5g
ルアー:ホッグ系ワーム
その他:アクティブ・パーフェクトストッパーM


アクティブ・ホームページへ

JB全日本バスプロ選手権で12位入賞!

10月17日(土)〜18日(日)に、今年最後の試合に行ってきました。

兵庫県・生野銀山湖にて試合が行われたのですが、銀山湖での釣行は約2年ぶり。エリア等はトーナメントに出場し始めた頃、北兵庫チャプターに参戦していたので、何となく記憶にありました。

…が、しかし噂通りに釣れない湖、というのがプリプラと前プラに入ってみて思った印象でした。

プラクティスでは主に魚がどういった状態かだけをチェックしました。状態としては秋ということもあり、やはりベイトフィッシュにバスがついている。しかもシャロー、ミドル、ディープそれぞれにバスもベイトも存在している感じが見受けられました。

よって考えたプランは、参加人数も多いことから、シャローとミドルはおそらくプレッシャーで潰れると考え、パス。


見い出した答えは“ディープ”。

では、どういったエリアがいいのか?


プリプラに1日しか入れなかったので、エリアの良し悪しが判断できなかったのです。そこで単純に魚が絶対回ってくるであろう場所を冷静に考えてみた。

銀山湖にはいくつか川筋があるのですが、この時期に的を絞りやすいのは川筋の中で1番狭くなっている所。ならば黒川とボディーウォーターのインターセクション手前(出合橋下)と法道谷奥の橋の下でチャンネルラインを狙った。

ベイトとバスが必ず通る場所。私が自信を持てたのはこの2ヵ所だけでした。釣り方としては、リザーバーのような根掛りが多い場所でも引っかかりにくいアクティブ・RSトーナメントを使ったダウンショットで回遊待ち。

前日プラでは、釣りはほとんどせずに周りの選手の動きだけ観察しました。結果、黒川周辺は人気エリアで人が多く集まる気配を感じられたので、本番は法道谷で勝負する事に決めました。

本番では作戦通りで人もわりと少なく、私と同じ狙い方をする選手はいなかったので、マイペースで釣ることが出来ました。

ただ予想外なことにサイズが伸びず苦しみ、初日は2本、2日目は1本という結果になりました。ノンキーパーを合わせたら2日間で10本以上は釣ったのですが、サイズに苦しめられてしまいました。

…が、総合成績は予想外の12位入賞。



先輩である藤井プロとダブル入賞出来ましたので良かったですし、何より自分だけのエリア、自分だけの釣り方で結果を残せたことが今後の自信にも繋がると思うので、12位ではありますが素直に嬉しかったです。

この試合で今年のトーナメントは全て終了致しました。来年はもっと上を目指して頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

そして、今年応援して下さった皆様、どうもありがとうございました。

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 2lb
ルアー:アクティブ・ピンテールシャッド 2.2インチ
シンカー:アクティブ・RSシンカー 1/16oz

その他:アクティブ・シザース


アクティブ・ホームページへ

JBマスターズ最終戦!

9月26日(土)〜27日(日)、JBマスターズシリーズ・最終戦に行ってきました。

今回のフィールドは、長野県・野尻湖。日本では数少ないスモールマウスが多く存在する湖です。そして、スモールマウスはラージマウスとは習性が全く異なり、気難しい魚で、私にとってかなり苦手意識のある魚です。
 
今回、プリプラには2日間入りました。2日間とも私にとっては珍しく簡単に魚は釣れ、1日で二桁は余裕の状況でした。エリアに関しても全て的中し、かなり良い感触でプリプラを終えました。

この時、回ったエリアは湖全域のバンク。野尻湖は風向きがよく変わる湖なので、それも考えつつ練習しました。

意識したベイトはエビでした。本来この時期であればワカサギを魚探で追いながら釣っていくのが主流なのですが、何故か今年はワカサギが少なく、ボトムべったりにスモールが映るケースが多かったので、エビを意識してやりました。
 
そして翌週…。

前日プラに入りましたが、予想通り、いや予想していたよりも状況は厳しく、1本釣ることさえ困難になっており、正直かなりあせりました。この日はキーパー2本、プリプラでは釣れなかったノンキーが3本。周りの選手の方々から話を聞いても中々難しい様子。とにかく明日は1本を目標にやりきろうと決心しました。
 
とうとうやってきた大会初日…。

やることは全て決まっていました。バンクでのダウンショット、シャッド、ライトキャロ。…あとはどれだけ焦らず釣りができるか。

フライトは1番。

入りたいポイントにも入れ、朝イチからキーパーを取れて勢いにのり、何とかリミットメイク出来ました。しかし、いかんせんサイズが伸びずにウエイトは1,700gぐらいで初日23位スタート。


▲初日、リミットメイクで約1,700g

厳しいという前評判でありながらも、そこはさすがにマスターズの選手達。やはり皆様、釣ってきます。

初日にリミットを揃えたとこまでは良かったのですが、一つ気掛かりだったのがサイズ。平均的に下がってしまったのです。2日目はさらに厳しくなりますが、サイズアップするために勝負にでる事を決めました。
 
そしていよいよ、泣いても笑っても最終戦の最終日…。

勝負に出ることを決めたものの、不安を胸にスタートしました。この日、どういった勝負をしたかと言いますと、初日に釣ったエリアを全て捨てたのです。

サイズが伸びる見込みがなかったので、2日目はプリプラでサイズの良かったエリアのみをラン&ガンすることにしました。

その作戦は、狙い通りではなかったのですが、初日とは風向きが正反対に変わり、初日のエリアが釣れない状況になっていたのです。

そうなれば、あとは自分を信じてやりきるのみ。

結果的にリミットを揃えることは出来ませんでしたが、3本で初日のウエイトを上回る約1,800gを出すことが出来ました。


▲最終日は、3本ながらウエイトは約1,800g
 
満足のいくウエイトではなかったのですが、作戦が成功したという事が、自分にとっては大きな価値がありました。
 
総合成績は、入賞には一歩及ばずの11位。悔しい結果でしたが、ミスはなかったので悔いのない最終戦で非常に楽しかったです。

来年こそはリベンジ出来るように頑張ります。残るはバスプロ選手権のみ。こちらも気合を入れて頑張って参りますので、応援よろしくお願いいたします。 

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
ロッド:6.0f(ULMX)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム
シンカー:アクティブ・DSトーナメント 1/16oz

≪タックルデータ(シャッド)≫
ロッド:6.4f(L)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:シャッド

≪タックルデータ(ライトキャロ)≫
ロッド:6.9f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:3インチワーム
シンカー:アクティブ・BSトーナメント 3.5g

その他:アクティブ・シザーズ、フィッシュスケール 500g、1Kg


アクティブ・ホームページへ

岡山県・高梁川に行ってきました!

8月30日(日)に、岡山県を流れる高梁川にプライベート釣行に行ってきました。

この日は日曜日ということもあって、多くの釣り人の方々が来られていました。さすが、関西を代表するメジャーリバー。しかも、今月は多くの雑誌に載っていたのでプレッシャーを心配しながらのスタートでした。

今回で高梁川に訪れたのは3回目。ルールを何とか覚えたぐらいで、エリアに関しては全然把握できていないという状態でしたので、とりあえずはスロープから下ってすぐの橋脚周りから、ペンシルポッパーで流していきました。

ベイトフィッシュは跳ねているが、いまいちトップに反応がない。そのまま下流へ流しながらクランクやスピナーベイトで流し、反応を得られるようになったものの、サイズがのびない。

ここである事を思い出しました。スロープでボートをランチングしている時に、小学生ぐらいの男の子が「ザリガニがおる〜」と言っていたのです。確かにシャローをよく観察してみるとザリガニがいる。


「コレやーーー!」と思いました。


小魚を捕食しているバスは小さい。デカい奴はザリガニを捕食している。昔から「ザリガニを食べているバスはデカい!」と、あるプロがいっておられました。ここからはバスがいそうな場所ではなく、ザリガニがいそうな場所を探しながら釣りをしました。


具体的にはヘビーカバー、リップラップです。


そういった場所をランガンし、得意のホッグ系ワームのテキサスリグで、シンカーはアクティブ・BSトーナメント5gで釣っていきました。狙っている場所が根掛かりのひどいエリアだったので、少しの軽めのシンカーでアプローチ。


…すると、答えはすぐ返ってきました。
 

今回は同行者が2人いたのですが、私1人で20本以上。最大サイズは、53cmと非常に楽しい釣行になりました。


▲たくさん釣れました!

秋に入れば、デカいバスも巻物で反応してくれると思いますので、皆様もぜひ高梁川に行かれてみてはいかがでしょうか?

≪タックルデータ(テキサスリグ)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:ホッグ系ワーム
シンカー:アクティブ・BSトーナメント 5g


アクティブ・ホームページへ

JB旭川・最終戦!

8月9日(日)に岡山県・旭川ダムで開催されたJB旭川・第4戦(最終戦)に出場してきました。

今回の試合は私、中谷にとって実はタダの最終戦ではなかったのです。
…と言うのは、ある“勘違い”をしていました。

今年の10月に“全日本バスプロ選手権(西日本)”という大きな大会が兵庫県の真ん中あたりにある、生野銀山湖にて開催されます。

この大会は誰でも参加できる訳ではなく、各JBシリーズで1戦でも上位20%以内に入れば出場権利獲得というものです。

そこで私が勘違いしていたのは…、上位20%ではなく30%だと思い込んでいたのです。そのことに気が付いたのが最終戦2日前で、しかも今年の旭川では、全く魚が釣れていなかったので、余計に焦りと不安がありました。

★試合前日のプラクティス★
今年の旭川釣行で初めての晴れ。
かなり暑かったです。

今回の試合は、選手権の出場権利獲得のためにも、“上流のみで勝負しよう”と考えていたので、前日プラでは中流、下流でバスがどういう状態であるかをチェックしました。

この日の印象では、完全に湖は夏であり、しかも雨による濁りがキツかった。しかも減水傾向だったので、濁りからバスが避難出来るカバーがほとんど無く、狙いをゴロタが点在する場所で流れがあたる場所+流れのヨレに絞ることに。


“これしかない”と思いました。


★試合当日★
朝、起きてみると、…雨が降ってます。
“これはみんな釣ってくるなぁ”と思いました。

今日のフライトはほぼ最後。…が、自分の狙うエリアはガラ空き。前述ような流れのヨレる場所でゴロタエリア。パッと見たところ、ヨレが分からないのですが、私はこの場所で釣る自信と確信がありました。

実は2戦目や前回の3戦目では、今まで経験した事がないくらい、流れのある中での試合でした。その時は釣れてなかったのですが、普段では流れのヨレが見えない場所で、その激流の試合ではヨレが見えていた。

そのとき“この場所を覚えておこう…”、“今後、きっと役に立つ”と思っていたのです。そして、今回は流れが速めではあるが、激流ではなかったので、その確信のエリアに入りました。


ココから怒涛の10分間が始まりました。


ルアーはアクティブ・BSトーナメント5gにホッグ系ワームのテキサスリグ。
2投目からバスの反応が有り、まずは400g。
4投目には余裕のキロアップ。
そして次は800g、600gと連発。
そして1本目の400gを早くも入れ替え。

あまりにも読みが的中しすぎて、前回は釣れなかった試合の経験を“生かせた”事が何よりも嬉しかったです。

しかし、この旭川でお立ち台に絡める必要なウエイトは3キロ。800gと600gをキロフィッシュに入れ替えるために走り回りました。

そして、大きな岩が点在するアウトサイドベンドに入り、アクティブ・MSトーナメント1/32ozをセットしたネコリグを流れにのせてみた、なんとその1投目に明確なアタリが有り、すかさずアワセると!


明らかにデカい!!


ドラグが止まらない!!


ラインは3ポンドで、水中は岩地獄でギリギリのやりとりで耐えるも…、


“…プツンッ”


…痛恨のラインブレイク。


旭川のビッグバスに3ポンドで挑んだところがミスやと思いました。それから何本か釣れましたが、400gフィッシュばかりで入れ替えならず、終了…。
ウエイトは2,510g(3本)で14位。
何とか“全日本バスプロ選手権(西日本)”の出場権利は獲得できました。


▲14位でした

でも、やっぱり成績としては納得がいかず、どの試合でもそうですが勝ちたかったです。もっともっと練習して頑張りたいと思います。

≪タックルデータ(テキサスリグ)≫
ロッド:6.8f(MH)
リール:ベイトリール
ライン:フロロカーボン 14lb
ルアー:ホッグ系ワーム 4inch
シンカー:アクティブ・BSトーナメント 5g

≪タックルデータ(ネコリグ)≫
ロッド:6.0f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ストレートワーム
シンカー:アクティブ・MSトーナメント 1/32oz
その他:アクティブシザーズ、フィッシュスケール 1Kg


アクティブ・ホームページへ

JBマスターズ・第2戦に参戦してきました!

皆様、初めまして。今年からアクティブ・プロスタッフに加わりました、中谷大智(なかたに だいち)と申します。どうぞよろしくお願い致します。

4月18日(土)〜19日(日)に開催された、JBマスターズ・第2戦に出場してきましたので、ご報告させていただきます。場所は山梨県・富士五湖のひとつの河口湖。平日でも釣り人でにぎわう程の超メジャーレイク。

そんなプレッシャーの高い湖で、今回私がメインにした釣りは「放流バス」のサイトフィッシング。ルアーは、アクティブ・RSトーナメント1/16ozを使用したポークのダウンショットとノーシンカー、ライトラバージグをメインに挑みました。

初日のフライトは、最終フライト…。自分の入りたいエリアに行ってみたものの、すでに入りたいピンスポットには人、人、人!仕方なく空いているスポットに入って釣りをしましたが、いいスポットに入った選手は次々とバスを釣っており、私の気持ちはあせる一方…。

「落ち着け!まだ時間はある!」と言い聞かせ、やっと1本目が釣れました。おそらくスタートして2時間は経っていたと思います。その後は、ひたすらバスを探すべくランガンしましたが、ミスが重なり1本しか追加できず、初日は63位で終わりました。


▲1日目は63位でした

自信があった試合だけにかなり悔しく、落ち込みました。

2日目は、自分の中で“必ずリミットメイクする”と、気合いを入れて試合に挑みました。この日は昨日とは違い、人のいないエリアから釣りをしました。自分へのプレッシャーを避けるためにも船団は避けたかったのです。

すると、プレッシャーを避けて落ち着いて釣りが出来たおかげか、開始3時間で4本のバスをライブウェルに収めることが出来ました。しかし、最後の一本が中々釣れない…。やはり、2日目だけに魚はかなり少なくなっている…。

だけど最後まで諦める訳にはいきません!なんとかあと1本釣るために河口湖を走り回りました。そして、奇跡が起きました!終了10分前にキーパー25cmぎりぎりのバスが釣れました!魚としては小さいですが、私の中ではリミットを達成する上で、かなり大きな魚でした!そして、急いで帰着し、ウェイインへ。

ウエイトは5本で2,200g。満足のいくウエイトではなかったのですが、2日目は16位と浮上し、総合30位でJBマスターズ・第2戦を終えました。


▲2日目は16位。総合で30位でした

初日の成績からは、マクれるだけマクれたかな?という感じでした。


▲富士山のようなでっかいバスプロになるぞ!!

第2戦を終えての感想は、まだまだ力及ばず…。しかし、これからも日々精進して頑張っていきたいと思いますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

≪タックルデータ(ダウンショット用)≫
ロッド:6.1f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ポーク
シンカー:アクティブ・RSトーナメント 1/16oz

≪タックルデータ(ライトラバージグ用)≫
ロッド:6.1f(UL)
リール:スピニングリール
ライン:フロロカーボン 3lb
ルアー:ライトラバージグ 1/16oz

その他:アクティブシザース、フィッシュスケール 1Kg

ホームページへ

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode