チャプター布目・第2戦に参戦しました!

こんにちは、生島です。チャプター布目・第2戦に参戦してきました。
第1戦では痛恨の5ポイントで、今回を外すと今シーズンが終わってしまうという絶体絶命のピンチ。タダでさえ4月の布目ダムは厳しく、魚を触ることさえ困難な時期。

前日プラクティスでも冬のポイントと春のポイントをチェックするが全くの無反応。しかしプラ終了間際にヒントを掴むことができ、大会に挑みました。

昨晩から雨が降り始め、状況変化が気になっていたが大会前には雨も止み、無事にスタート。前日に得たヒントは、水温!

初めに向かった先は、前日に最も水温が高かった副ダムエリアにある和田岬。魚探の水温を確認すると前日より約2℃下がっており、この時期の2℃低下は大きく一変した状況となった。

前日プラでは水温が暖められた終了間際に、このポイントで魚を掛けていたため、我慢の展開となった。しかしこの日の天候は、雨・強風と水温が上がる要素が無く、11時位から太陽が出るとの予報。

まずは、プリスポーンのコンタクトポイントをアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグで狙うが、開始1時間が経過しても全くの無反応…。

周りを見てもほとんどの選手が、下流エリアを狙っていたため、水温が上がるまで冬のポイントに移動。冬のピンスポットを数カ所狙うが、全くのノーバイト。だんだんと焦り始め、気が付くとヘラワンドまで移動していた。

このエリアはワンド状になっており、春のスポーニングエリアで有名なポイント。水温を確認すると、やはり前日よりも低くて副ダムエリアよりも更に低い状況でした。

まずは水深8m付近の冬の魚をダウンショットで狙う。時間は10時45分。待望のバイトがロッドを伝った!慎重にやり取りを始め、確認した魚はデカい!!

水面付近に達し、ネットを掴んだ次の瞬間、痛恨のフックアウト…。放心状態で、しばらくキャストすら出来ない状態に落ちた…。残り時間はあと2時間。すると太陽が顔を出し始め、水温が上昇し始めた。

ディープの魚から切り替え、このエリアにあるブッシュが絡むコンタクトポイントをダウンショットでサーチ。それが見事的中し、ディープの魚とはちがう真っ黒なバスをキャッチ!ネットに入った瞬間、感極まり雄たけびを上げてしまった!

アクティブ・フィッシュスケール1kgで量ると、目盛を振り切るグッドサイズ!同様の場所を狙うがタイムアウト…。結果は、1,040g6位



今後の試合に強いモチベーションを持たしてくれる大きな結果となった。同じアクティブ・プロスタッフの谷口プロも7位入賞。

チャプター池原・第1戦では優勝(2本・2,020g)し、準優勝は谷口プロ、4位には同スタッフの伊藤選手でした。





布目や池原にて、立ち木周りやブッシュ際をタイトにアクティブ・RSトーナメントで狙ったが、ほとんど引っ掛からず、バスに余計なプレッシャーを与えることなく、優れた根掛かり回避能力と高感度でストレスなく釣りに集中できたことが今回の結果に繋がったと思います。

次戦も頑張ります!


アクティブ・ホームページへ

NBCチャプター布目・第6戦、第5位。そして年間優勝!!

こんにちは!生島です。NBCチャプター布目・第6戦に参加してきました。

早いもので、今回がチャプター布目の最終戦。ここまでの結果、第1戦にゼロ申告をしたものの、第2戦・4、第3戦・優勝、第4戦・4、第5戦・3と結果を残すことが出来て、年間暫定順位も1位。2位との差は9ポイントと上々の内容でしたが気を緩めることなく、引き締めて大会に臨みました。

前日プラではターンオーバーで水質の悪い場所を避け、ベイトの多いエリアを中心にチェックをしました。まだサマーパターンを引きずっており、水通しの良いポイント攻めるとバイトを得る事が出来たが、バイト数は前回・前々回に比べると半分以下と激減し、サイズも250〜400gと小さかった。しかし、普段よりも丁寧に探るとサイズの良い魚をキャッチする事がわかり、プラクティスを終えました。

大会当日、スタート抽選で前半を引き当て、一番に入りたかったポイントに無事到着することができました。すぐさま魚探でポイントをチェックし、シューティングでバスを狙いました。リグは、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグ。

開始5分で1匹目、約650gのバスを無事キャッチ!

力んでいた気持ちも抜けて落ち着いてバスを探るが、前日よりもバイト数が更に少ない。次にポイントから距離をおき、シンカーをアクティブ・RSトーナメント1/16ozと軽いダウンショットに変更し、前日のプラで得た “丁寧に探る” ことを自分に言い聞かせながらロングキャストで攻めました。

すると約550gのバスをキャッチ。

やはり、ロングステイを中心にいつもより丁寧に攻めるとバイトが出始めた。その後、サイズは小さいが約300gのバスをキャッチした瞬間にガッツポーズ!!

年間優勝を確信した瞬間でした。

日差しが厳しくなり、リアクションバイトを得ようと、アクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットリグに持ち替え、リアクションを意識したロッドワークで攻めました。水中でクイックなアクションをさせたい時も高比重ピュア・メタル18で作られた、空気抵抗の少ないアクティブ・RSトーナメントは抜群の性能を発揮してくれます。その攻めも見事にハマり約420gのバスをキャッチしウェイインとなりました。

結果は1,620g5位と今回もなんとかお立ち台に立つことが出来ました。







そして、年間順位発表。



2年連続の年間優勝を手中に収める事が出来ました!

今年はアクティブさんのサポートを受け、今までと違った気持ちで臨んだシーズンでしたが、何とか昨年のチャプター布目を上回る成績を残すことが出来て嬉しく思っています。残り試合も少なくなってきましたが良い結果を残せるように頑張りたいと思います。

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz、1/11oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール2kg、どっちどっち(入替用天秤)


アクティブ・ホームページへ


チャプター布目・第5戦で第3位入賞!

こんにちは!生島です。先日、NBCチャプター布目・第5戦に参加してきました。
今回は、お世話になっているアクティブ様の冠大会のため、いつも以上に気合を入れて大会に臨みました。

連日猛暑日が続いており、水温も30℃を越え、水位は前回の大会よりも更に約1m減水しており、ダムの状況は最悪…。魚の状態も250〜400gまでは比較的簡単に釣れるものの、500gを越す魚は難しく、朝のモーニングバイトを逃すとリミットメイクも厳しい状況でした。

例年なら流れのあたる副ダムエリアがセオリーなのですが、今年の布目ダムは下流域にベイトを沢山捕食している魚が多い様な気がしていたので、下流域にあるカレントの効いた岬を中心にランガンし、タイミングを合わせる作戦にしました。

大会当日、最下流にあるスタンプエリアからスタートしました。アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットリグで、スタンプをタイトに攻めていき、幸先良く550gをキャッチ。RSトーナメントは、スリムな形状・高感度で作られているため、根掛かりの多いポイントでは抜群の性能を発揮してくれます。その後も攻め続けるが、釣れるのはノンキーばかりでポイントを移動することにしました。

各岬をランガンするがサイズは小さく、なんとか300g、250gを釣りリミットメイクに成功しました。しかし、全く勝負にならないウエイトに焦り始め、ウェイインには最低1,500gのウエイトが欲しいので、ワームサイズを3インチから4インチにサイズアップし、キッカー狙いに作戦を変更しました。なんとか430gをキャッチし、入れ替えに成功するが時間が経つにつれてバイト数が激減。

更にタックルを変え、シューティングに作戦を変更し攻め続けました。すると魚探に良い反応が映り、すぐさま魚に目がけてアクティブ・RSトーナメント1/11ozをセットしたダウンショットを投下。一発で決まり、今回のキッカーフィッシュ650gを無事キャッチ。RSトーナメントは高比重ピュア・メタル18で作られており比重は鉛の約2倍。空気抵抗が少ないため、シューティングにも最適です。



やはり全体的にウエイトは低く、厳しい状況にも助けられウェイインの結果は、
1,630g3位。無事、アクティブカップでお立ち台に立つことが出来ました。



次は年間優勝の懸かった最終戦。暫定1位を最後まで守れる様、アクティブプロダクツで頑張りたいと思います。

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz、1/11oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール500g、1kg


アクティブ・ホームページへ


チャプター布目・第4戦で第4位入賞!

こんにちは!生島です。先日、NBCチャプター布目・第4戦に参加してきました。

前日プラに入りましたが、ダムの状況は厳しく300〜400gまでのキーパーは釣れるものの、キッカーを釣るパターンは掴めないまま大会を迎えました。

大会当日、昨晩から降り続いた豪雨が副ダムエリアを濁らせたこともあり、少しでも影響の少ない下流・中流域で勝負することにしました。今回のパターンは、水通しの良いメインチャンネルに隣接する岬をランガンする作戦。アフターの回復した魚が多くコンタクトするポイントを中心に狙いました。

スタートミーティングが終わり、いざ出動と思った矢先にエレキが動かないトラブル発生…。前日の雨がマイクロスイッチをショートさせたのが原因でした。幸い、予備のスイッチに交換して難を逃れましたが、気持ちの整理が出来ないままスタートすることになりました。

下流域の岬から釣り始めるが全くのノーバイト…。さらに気持ちが焦りはじめ、思うような攻めが出来ない状態が続きました。気持ちを落ち着かせようとリグをセットし直し、アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットしたダウンショットで再びキャスト。RSトーナメントは高比重ピュア・メタル18で作られており、比重は鉛の約2倍。空気抵抗が少ないためロングキャストをすることが容易です。

すると、“コツッ” という小さなアタリが!

軽く巻き取ってボート際まで魚を寄せてくると突然、物凄い勢いで魚が突っ込みを始めた!

…デカイ!!!

慎重にランディングした魚をアクティブ・フィッシュスケール2kgで計測すると約1,200g!
今回の状況からして、キーパー3本分に相当するであろう貴重なキッカーでした。

あと2本でお立ち台が見えると確信し、ランガンで岬を攻めるがアタリは少なく、中流域にある大規模岬に移動しました。6〜8mに沈む立木に回遊してくる魚をシューティングで攻め、なんとか300gと280gの魚をキャッチしました。



ここでもRSトーナメントの形状が立木をスリ抜け、根がかりを回避することが容易に出来ました。その後もウエイトを伸ばそうといろいろ試みましたが、入れ替えが出来ずにタイムアップとなりました。結果は、3本・1,780g。全体的にローウエイトだったので、今回も何とか4位とお立ち台に乗ることが出来ました。



あと2戦を残して年間暫定順位1位と好位置をキープしています。これからもアクティブ・トーナメントシリーズを使い、良い結果が残せる様にがんばりたいと思います。

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール2kg、どっちどっち(入替用天秤)


アクティブ・ホームページへ


悲願のチャプター初優勝!

こんにちは!生島です。
先日、NBCチャプター布目・第3戦に参加してきました。

台風4・5号が通り過ぎ、ダムの状況が気になっていましたが、予想通り上流の副ダムからはキツい濁り水が入り込み、その勢いは中流域まで広がっていました。

前日プラでは濁りを避け、ダム全域を見て回りました。すると、数は少ないがまだネストがある状況。しかし、どれも個体は小さく、上位に絡むには難しいと判断し、戦略からは外して別のパターンを探しました。

狙いは回復したコンディションの良いアフターのバス。300〜500gまでのバスは数多くキャッチ出来ましたが、1kgを超える魚は非常に難しい状況でした。なんとか魚の濃いエリアを3ヵ所見つけ、手応えを感じて大会に備えました。お立台に上がるには、予想ウエイト2kg。外せばリミットメイクも困難、といずれにしても厳しい状況には間違いなかった。

大会当日、フライト抽選は真ん中。スタートの様子を見ると下流に向かう選手が多かったので、狙いの1つであった下流域は避け、上流のピンスポットの魚から狙うことにしました。

まず入ったポイントは、和田岬。副ダムに位置するポイントで濁りの影響を受けるが、回復した魚が回遊してくる場所。やはり濁りを避けたせいか周りに私以外に1人だけ。

幸先よく小さいながら1匹目のキーパーをキャッチ。しかし、後が続かない…。そこで今回の大本命ポイントの副ダムにある小さな流れ込みに移動。副ダムエリアで唯一きれいな水が供給されていたポイントだった。

前日、このポイントでは2匹のキロフィッシュをキャッチしていた。

アクティブ・RSトーナメント1/16ozをセットし、ダウンショットで攻める。そして第1投。フォーリングでアタリを待つとコン! っと明確なアタリに自然と身体が反応してフッキング!

デカい!

ドラグを鳴り響かせて何度も突っ込んでいく魚を無事ランディング!
キャッチした魚をアクティブ・フィッシュスケール2kgで計測すると約1,300gのキッカーフィッシュ!思わずガッツポーズ!

流れ込み周辺には多くの流木等が沈んでおり、根掛りをすると魚に余計なレッシャーを与えかねなかったが、アクティブ・RSトーナメントは一度もスタックすることなく、容易に魚を狙うことが出来た。

気持ちを落ち着かせ、再び同じポイントへキャストするが後が続かない。流れ込みを諦め、すぐ脇にあるブッシュへとキャスト。またしてもフォーリング中にバイト!!
ランディングした魚は約800gのナイスバス。

リミットメイクに成功!目標の2kgは超えた!!

開始わずか1時間での出来事だったので自分でも驚いてしまったが、1本目のバスが約350gとサイズが小さかったため、入れ替えを試みた。近くの気になるポイントをランガンするが釣れる魚のサイズが小さい…。アクティブ・どっちどっち(入替用天秤)を使い、僅かだがウエイトを伸ばした。

最下流域まで戻り3ヵ所目のポイント。明確なブレイクが絡むフラットエリア。ブレイクを魚探で確認しながらシューティングでバスを狙った。そして、魚探に反応があった次の瞬間、ロッドが大きな弧を描いた。

またしてもデカい!!

バスは一気に水面まで一直線に泳ぎ、そして大きくジャンプ!余裕のキロフィッシュ!!
しかし喜びと同時にラインテンションが無くなった…。

一瞬のことでうまくアワセが出来ていなかったのが原因のようだ。しばらく放心状態…。試合前半があまりにもうまく行き過ぎていたので、優勝の二文字が頭の中をチラチラしていたが、一気に崩れ落ちて行った…。

でも、何とかして勝ちたい!!

残り時間を同じポイントで粘り、なんとか約600gをキャッチ。そしてウェイインとなった。



検量に向かうと大きな魚体が次々と持ち込まれており、「優勝は無いな…」と落ち込んでいた。表彰式が始まり2位までの発表が終わった。そして次に自分の名前がコールされた。

チャプター初優勝!!

ようやく一番高い場所に立つことが出来ました。
残り3戦も全力で頑張りたいと思います。



先日のJB戦より、アクティブ・オリジナルトーナメントシャツを着用。キッカーフィッシュをバラした後も、最後までモチベーションをキープできたことが今回の結果に結びついたと思います。これからもよろしくお願い致します。

シンカー:アクティブ・RSトーナメント1/16oz
シャツ:アクティブ・オリジナルトーナメントシャツ
その他:アクティブ・フィッシュスケール2kg、どっちどっち(入替用天秤)


アクティブ・ホームページへ


NBCチャプター布目・第2戦で4位入賞!

初めまして。本年よりサポートを受けている生島慎太郎と申します。
よろしくお願い致します。 

4月22日(日)にチャプター布目・第2戦に参加しました。今年の布目ダムは非常に水位が高いうえに低水温と、まだまだスポーニングには時期尚早。前日のプラクティスではスポーニングエリアを中心に、少しでも水温の高いエリアをチェックし、カバーを中心にテキサスリグで攻めることによって、数は少ないが魚を確認することができた。

第1戦では5点坊主だった為、今大会は何としても1匹キャッチしポイントを獲得することを目標に設定。しかし、ノーフィッシュも考えられる厳しい状況には違いがなかった…。そこで他のパターンを試し、可能性をなんとか感じてプラクティスを終えることができた。

試合当日、フライト抽選でまさかの最終スタート…。
全選手のスタートを見送り、試合が始まった。

予想通り皆さんカバーを中心に攻めている様子。自分も入りたかったエリアにたどり着き、しばらくカバーを攻めたがノーバイト…。そこで作戦変更を試みることに。それはプラで見つけていた、もう1つのパターン…。コンタクトポイントでシャローに上がろうとしている浮いた魚をミドストで攻めるパターン。

まずは、ジグヘッドのミドスト。
試すとすぐに答えは返ってきて、350gをキャッチ。
サイズは小さいが狙っている魚が居ることを確信。

水中に沈んでいるカバーをよりタイトに攻めたかったが、根がかりで魚にプレッシャーを与えたくなかったので、アクティブ・RSトーナメント1/16ozを使ったショートダウンショットにタックルチェンジ。RSトーナメントの特徴である高比重・スリム形状が見事に根掛りを回避し、よりタイトに攻めることが出来た。

イメージ通りに攻めた結果、750gのキッカーを見事にキャッチ!
その後、もう1匹追加しリミットメイクに成功!!
残りの時間をキッカー狙いにシフトするが、タイムアップとなった。



厳しかった状況で今回ウェイインしたのは10名。
リミットメイクは私1名のみで、結果は4位!



持ち込んだウエイトは、3本・1,430gと少し低かったが、厳しい試合だったので納得の釣果となった。

本年よりサポートを受けることによって、今までにないモチベーションが保て、最高のアイテムに出会える環境に深く感謝しております。今後の大会も今まで以上の成果を挙げるよう、日々努力をしていきたいと思います。


アクティブ・ホームページへ


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode