真鯛釣りに香川県・小豆島へ!

こんにちは、ミラクル谷田です。 

今回も釣り仲間の船長と2人で香川県・小豆島に行ってきました。朝5時30分に出船してポイントに到着すると、既に沢山のボートが浮かんでいました。
 

 



まずは魚探掛けをしながらポイントを探していきます。めぼしいポイントにアクティブ・ボンバーヘッド60gをセットした鯛サビキで探りを入れていきますが、時々アタリらしき反応があるもののなかなか釣れません。

 

 

 


釣果が芳しくないのか、他のボートが少なくなってきた頃にようやく待望のバイト、そしてフックアップ!!

 


次の瞬間、ロッドが大きく絞り込まれ、ドラグがジリジリと出ていきます。

 


それを見た船長から握手を求められましたが、そんな罠(テンションフリーでバレますから…)には引っかからないように集中して魚とのファイトを楽しみます。

 


しばらく強烈なヒキを堪能した後に、水中からボコボコとエアーが上がってきました。この勝負ミラクルに軍配が上がった様です。観念した鯛を船長が無事ネットイン!!

 


本日1本目は60UPの見事な鯛です。
 

 

ポイントに入りなおしてすぐに船長が3連チャン!ミラクルも負けじと頑張りますが2本かけて1本しか取り込めませんでした。


そんなこんなで、一日鯛釣りを楽しみました。

 

 




今回のキモは、ゆっくり巻いている中に時々演出するフリーフォール!!今回の様なバイトがないときにリアクションバイトが捕れる事がわかりました。

皆さんもバラエティー豊富なアクティブ・ボンバーヘッドを持って鯛釣りにいきませんか??



アクティブ・ホームページへ


GAM&ZAGで死角なし!

こんにちは、ミラクル谷田です。
近くの港にアクティブ・GAMヘッドアクティブ・ZAGヘッドを持って出かけてきました。

釣行日は潮上がりからの下げ潮にあたり、深夜釣行のため短時間でサクっと流して調査開始。先ずはGAMヘッドで護岸沿いを調査。すると幸先よくチビアコウが遊んでくれました。



 

次は潮の流れに乗せながらゆっくり巻いてみます。

すぐさまコン、ココンと、チビアジを追加。



 

暫くこのエリアで様子を見ますが、反応が芳しくないので別の港に移動。

次のエリアは水深が2mまでと浅くて藻が多いエリアのため、ラウンドタイプのヘッドだと藻が絡みやすく根掛かりが多発しますが、デルタ形状のZAGヘッドは藻のすり抜けが良く大活躍!!

根掛かりを恐れることなく、遠投してエリアを探ります。すると、早速バイト!!

巻き合わせしながら藻に潜られないように巻き続けます。ずっしりとした手応えで上がってきたのは、狙い通り良型のガシラです。





続いて反応のあったエリア周辺を探ると、またまたずっしりと持っていく様なバイト!!

これまた良型のガシラ。





イメージは、藻に絡ませてモゾモゾさせながら誘い、藻から外れる時のリアクションで口を使わせる感じです。

するとこれまた良型のガシラ。



 

こんな感じで楽しい釣行ができました。

GAMヘッドZAGヘッドがあれば、ウエイト選択幅が広くなり、色んな状況に対応できるので大活躍です。



アクティブ・ホームページへ

GAMヘッドでGAN・GAN釣りまくろう!!

こんにちは、ミラクル谷田です。皆さん最近寒くなって、釣り場に行かないなんてことはありませんか?寒くても魚たちはしっかりと遊んでくれますよ。

先日、深夜に近くの港にアクティブ・GAMヘッドを持って遊びに行ってきました。

ちょうど長潮の下がり初めのタイミングにあたり、外海は荒れているので湾内でも潮の流れが強く出ていました。

まずは、アクティブ・GAMヘッド0.7gをセットしたワームで、流れに乗せながらアクションすると、早速、メバル君が遊んでくれました。





暫く、メバルからの反応が続き、小さいながらも数本釣ることが出来ました。





キモは、リグを水面直下微シェイクでゆっくりと泳がせること。


続いて、風が強くて遠くまでキャストが来ないため、1.3gのGAMヘッドに変更してアプローチをしていると、モッタリと海藻が引っかかった様な手応え。ゴミだと思い、上げてみると小さなエイが掛っていました。





この後、バイトは有るもののなかなか乗らないため、小さめのワームに変更。早速アジが遊んでくれます。





アジは少し深めを意識してアプローチするとバイトが続きました。

そして、アジのバイトと思い気や、そのままロッドが絞り込まれて、即ジャンプ!!この日一番の魚はナイスファイトのセイゴ!





この1本で本日の納竿としました。

ウエイトも各種あって、色々狙えるアクティブ・GAMヘッドは、これからの必需品ですね♪

 

NBCチャプター北兵庫・第5戦で2回の入れ替え!

皆さん良い釣していますか?最近エギングが気になっているミラクル谷田です。
9月6日(日)に開催されたチャプター北兵庫・第5戦に参戦してきました。





この日の試合のためにキッチリ前プラ入りして、現在魚影の薄い生野銀山湖で最も魚の濃いエリアを探しました。

そして前プラで湖をほぼ1周し、インセク周辺が確実に魚をストックしていると判断しました。試合当日、フライト順も比較的良かったので、インセクにある巨大流木に入ることが出来ました。


前プラでバスのバイトを確認していたエリアです。


しかし、前日バイトのあった12mのディープで釣れたのはギル1本とノンキー1本。そしてバイトが続きません。回りでディープを狙っている選手も釣れている様子はなく、明らかに前日とは違います。


前日は晴れ時々曇り、当日は雨模様。…そりゃ変わりますよね!


そこで、ディープをバッサリ切り捨てて、シャローにシフトチェンジ。アクティブ・RSトーナメント1/16ozのダウンショットを岩盤沿いに沈めていきます。





すると、いとも簡単に魚は答えてくれました。ラインが走り、フッキングしてみると、本日初フィッシュとなるブラックバス!!


あがってきたのは、銀山ではナイスキーパーとなる300g超えです。


その後も、インセク周辺でシャロー絡みの場所を狙い続けて、残念な1バラシもありましたが、250g、270gとテンポよく釣れ続けリミットメイクに成功!


こうなると次の目標は、全て300g超えで揃えたくなってきます。


時間も心もゆとりがあるため、ダウンショットで丁寧に流していくと、微かなバイトを捉えて300g超えのバスを追加、入れ替えに成功です。

残るは270gを入れ替えるのみ。しかし、同じように流してもバイトが遠のき、魚の気配も少なくなってきます。ダウンショットでは釣れる気配がなくなったため、『雨の日は巻♪♪』と、次はチャターベイトでサーチ!


ボートを流しながらキャストを続けていると、その時は突然訪れます。出会橋の下にあるブッシュ下にアプローチした時、ティップに感じる違和感…。最近巻系で魚を釣っていなかったので、事を理解するのにワンテンポ遅れてしまいましたが、ナイスサイズのバイトです。


ボート際での絞り込みを交わし、ぶち抜いたバスは確実に300gを超えるナイスサイズ!





これで300g超えでリミットを揃えることが出来ました。


結果は、3本・1,008g、準優勝と少し残念な結果でしたが、その日のパターンを見切って入れ替えもできたので満足した試合となりました。





今回の試合は根掛かりの少ないアクティブ・RSトーナメント1/16ozを駆使し、リミットメイクが難しいとされる生野銀山湖で、参加選手の中で私だけリミットメイクを達成し、しかも入れ替えを2回も行うことが出来ましたよ。


リザーバ―には、アクティブ・RSトーナメント&リザーバーシンカーを忘れずに。。。

 

NBCチャプター北兵庫・第3戦で優勝!

御無沙汰しております、ミラクル谷田です。

7月12日に開催された、NBCチャプター北兵庫・第3戦で、な、なんと優勝しました。

準備万端で早朝から前プラ入りする予定でしたが、前日は急な用事で夕方準備だけになってしまいました。試合当日は晴れ模様で、時折風が湖面を揺らす程度の釣り日和。





プランはとりあえず上流域に行き、シャローに差しているであろうアフターの魚を狙うことにしました。

最上流に行ってみると、予想通り数匹のデカバスが確認できます。シェードで休んでいる個体、オープンエリアに浮いている個体。

色々と試しましたがルアーを見にきてもなかなか口を使いません。どれも一筋縄ではいかないスーパーウルトラ級の難易度です。


この魚たちにどのタイミングで食わせるか?


12時を過ぎたころ、強めの風が湖面を揺らし始めました。このタイミングで動き出したバスに表層系でアプローチを入れましたが、またまた寸止めで見切られました。


表層系は嫌いかな??


移動する魚を目で確認しながら、ワームにアクティブ・MSトーナメント1/96ozを入れて再びアプローチ。





イメージは、表層直下を弱った魚がもがいている感じでアクションさせます。すると、回遊しながら近づいてきて魚が、パックリと口を使ってくれました。


一呼吸待って、魚が泳ぐ方向とは反対側にフッキング!!


次の瞬間、巨体が猛烈に走り出します。


3lbラインのため無理は禁物ですが、カバーに入ろうとする魚を半ば強引に引き寄せながら、魚の進む方向を調整し、まずはカバーから引き離します。

落ち着いたところでネットを用意し、魚の動きに合わせてボートを誘導。何とか寄せてきて、エラ洗いで抵抗する魚を一発でネットイン!!





ネストを釣ってくる選手がいる中、アフターのデカメス1本でしたが優勝することが出来ました。

今回はアクティブ・MSトーナメントを入れたことで、スローフォールで弱った魚をイメージし口を使わせることができましたよ。

 

JB生野銀山湖・第2戦で準優勝!!

皆さん良い釣りしていますか?最近は鯛釣りに行きたくてうずうずしているミラクルです。

7月5日(日)に開催された、JB生野銀山湖第・第2戦にて準優勝しました!

 

 

この試合は何とか都合をつけ、久しぶりに前日の朝イチからプラに入りました。


前プラの感じから湖の状況は、、、

 湖は満水

 キーパーは簡単に釣れない

 ビッグではないネストが2カ所ある

 デカバスは黒川に集結している


簡単に言うと、こんな感じでした。


普段ならネストに気がいきますが、この試合で優勝を狙うなら黒川筋のサイトが有力と考え、心中覚悟でサイト一本勝負に挑みました。

試合当日はスタートして黒川上流を目指しましたが、既に先行者が数艇入っているため、まずは全体の様子を見ながらバスの着いている場所の確認します。

すると、冠水ブッシュの陰を出入りしている個体と、シャローのオープンエリア流木に出入りしている個体が多いことに気が付きました。

そして、その個体はいずれも完全にベイトを追い回しています。

表層系、中層、ボトムと色々試して見ると、ボトムに反応が良かったので、迷わずアクティブ・MSトーナメント1/96ozを入れたワームで、流木の陰に身を潜めているバスにアプローチを開始。

キャスト後、ボトムにリグが落ち着くのを待って、バスが気づくか気づかないかのビミョ〜なラインでゆっくり岩陰にリグを誘導します。

すると、今まで完全無視だったビッグバスが、スーーーッと近づいてきてボトムに逆立ち状態に。



…数秒間の沈黙の後



バクっと口が動いた様に見えたので、ドキドキしながらスィープに巻き合わせてみると、、、。岩に引っかかった様にずっしりと重たい感覚と共に、バスの動きにゆっくりとラインが動き出しました。



デカイ!!!



次の瞬間、猛烈に走り出しドラグが鳴り響きます。2.5ポンドラインが悲鳴を上げ、ブレイクしそうなため、ドラグを緩めながら主導権を取られないように必死に耐えます。

今度はジャンプで抵抗してきましたが、これもかわして何とかボート縁まで寄せてきました。

ここからが正念場。往生際の悪いバスはボート際で反対側へと猛烈に走り出し、なかなかネットを出せません。心臓をバクバクさせながら、何とかバスの猛攻に耐え、浮いてきたバスを無事ネットイン!!


これが試合中、最初で最後の1本となりました。





結果は、59cm、アフターやせ気味の1,936gで、悔しい準優勝となりました。





この試合もアクティブ・MSトーナメント1/96ozに助けられましたよ。





皆さんもアクティブ・MSトーナメントを使って、色々なアプローチ方法を考えてみてはいかがでしょうか?





釣れますよぉ〜!!

 

明石海峡でタイラバゲーム!

皆さん良い釣していますか?ミラクル谷田です。

先日、鯛を求めて明石海峡に出かけてきました。釣行日当日は、大潮上がりの中潮。日の出前に港を出港し、潮を見ながら入るエリアを決めていきます。





と言っても、釣り仲間の船頭にまかせっきりですが…。

釣りを始めてもなかなか顔を見せてくれない真鯛でしたが、ポイントを何カ所か移動した時、





釣り仲間の船頭が、アクティブ・ボンバーヘッド100gで40UPの真鯛を釣り上げました!





これは私も負けてはいられません。

アクティブ・ボンバーヘッド80gアクティブ・ボンバーリグ(ストレート)の組み合わせで、巻き上げる速度を変えながらポイントにボンバーヘッドを落としていきます。



すると、コツコツコツ、、、



まだまだ我慢です。



コンコンコン♪♪



ギュンギュンギューン!!




気持ちい良いアタリの後に、ロッドが大きく弧を描きました。ここからはテンションを緩めることなく慎重に巻き上げながら、鯛の引きを楽しみます。

途中、巻き上げを中止させるため、握手を求める船頭に目もくれず、必死に巻き上げます。巻くのを止めるとバレてしまいますからね。(船頭の意地悪です!)


しばらくしてピンク色に輝く真鯛が姿を見せました!!







その後も同じエリアに入り直し、巻き上げ速度はアタリのあった、ゆっくり目の “ 3 ” で流していくと、またまた、気持ちいいアタリが。こんな感じで、私は3本の真鯛を釣り上げることが出来ました。





午後からは波が高くなるので早めの納竿としました。

この日に使用したのは、アクティブ・ボンバーヘッド 80gゴールド)アクティブ・ボンバーリグ(ストレート、オレンジ)の組み合わせでしたが、不思議なことにバラシは一度もありませんでした。





ブルブル効果で鯛を引き付けるボンバーヘッドに、鯛を誘惑し口元をがっちり捉えるボンバーリグのおかげで楽しい釣りを満喫しましたよ。

 

アジングの予定が沢山の…!

こんにちは、ミラクル谷田です。
先日、近くの港に尺アジを狙いに行ってきました。


「明け方にエサ釣りで尺アジが釣れる」…、との噂を聞きつけてワクワクしながら暗がりの港に到着。


 準備万端で、0.4号のPEラインにリーダーを着けて、ジグはもちろんアクティブ・GAMヘッド1.3g、これにアクティブ・ピンテールシャッドを装着!!

ポイントに近づきながら気になるシモリで根魚を狙ってみると…、テトラの影からメバルちゃんがおはようの挨拶をしてくれました。





これに気を良くして暫く狙ってみましたが、続けざまのバイトをフッキングミス…。メバルラッシュは無かったようです。

気を取り直して、本命の尺アジを狙いますが、気配すらありません。エサ師の竿を気にしますが、誰一人曲がっていません。そのうち、「もう〜終わったなぁ…」の声が聞こえてきました。話を聞いてみると「今年は釣れない…」との事で、皆さん渋々帰っていかれました。


うーん残念…。しかし、ここで諦めては釣師の名が廃る…。


狙う層を変えてみたり、巻きのスピードを変えてみたりしましたが、やっぱりバイトはありませんでした…。しかし、このまま引き下がる訳にはいかないので、翌日も早朝からアクティブ・GAMヘッドを握り締めて尺アジを狙いましたが…、、、

この日、エサ師の方の「今年は終わった…」の言葉通り、アジバイトは有りませんでした。しか〜し、狙いを変えて、砂地のカケアガリに着くであろう魚を狙っていると…(私は諦めが悪いんです)、

ちゃーーーんと豆コチが遊んでくれました。





その後はバイトも無く、納竿のついでに釣り場に放置されていた沢山のゴミを拾って帰りました。





皆でマナーを守って、気持ち良い釣りをしたいですね。


アジ、メバル、コチと何でも狙えるアクティブ・GAMピンテールシャッド競轡蝓璽、皆さんも色々試してみてはいかがでしょうか?



生野銀山湖で6kg超!

こんにちは、ミラクル谷田です。

4月29日(水)に開催された北兵庫チャプター・第2戦準優勝しました!

前プラには入れなかったので、湖の状況はプリプラから推測しました。上位入賞するにはネスト絡みでメスバスを仕留める必要が有り、ウロウロしているメスバスをどう仕留めるか???


これがキーになると想定していました。


しかし試合が始まって、ウロウロメスを探しますが姿がどこにも見あたりません…。仕方なくメスを探す合間は、ネストにつくオスバスを探して釣ることにします。すると誰にも見つかっていないネストバスを見つけました。

この魚は、倒木の枝の隙間にネストを作っていて、ライトリグではラインブレイクの心配があるため、ベイトタックルでアプローチします。

リグはアクティブ・RSトーナメント3/8ozのダウンショット。枝が邪魔して思うようにアプローチできませんが、根気よくバスの気にする場所にリグを投入すると、、、!!


ようやく口を使ってくれました!


枝に巻かれないように、慎重にバスを浮かせて無事にハンドランディング!!幸先よく1本目を仕留めました!

次はプリプラでデカメスを確認していたエリアに移動します。先行者が素通りしたのでバスが抜けてしまったのか?と思いましたが、よく見ると倒木にピッタリと身を寄せてステイしていました。

このエリアも倒木が絡んでいてライトタックルでは太刀打ちできないエリア。片手を広げて指の隙間にアプローチするイメージです。

ここでも確実に仕留めるため、12lbラインにアクティブ・RSトーナメント3/8ozのダウンショットでトライします。しばらく倒木の陰から動こうとしない巨体でしたが、リグが気になるのか少しずつ反応するようになってきました。





根気強くアプローチを続けると、ボートの様子を伺いにこちらに寄ってきました。そして、その巨体にびっくり!プリプラで確認したサイズの中でMAX級のナイスサイズ!


気持ちが高ぶります!


何度かアプローチをしていくと、バスがルアーに近づき、ラインでバイトを捉えました!


流木から離れるようにロッドを操作!


足ではボートを操船!


エラ洗いで抵抗するバス!


気が抜けない格闘の末、何とかネットに頭を入れる事が出来ました!


巨体をデッキに上げて、さらにビックリ!

 
デ・カ・イ・!!



その後、気分を落ち着かせるため、おにぎりを食べてから3本目を求めて下流域にバウを向けましたが、なかなか次の魚に巡り合えません。

すると、先行者が諦めた場所に入ることが出来ました。

ココも流木がポイントを囲んでおり、ややこしい場所のため、さっきと同様にベイトタックルにアクティブ・RSトーナメント3/8ozのダウンショットでアプローチを始めます。

しかし、数回アプローチしただけで姿が見えなくなってしまいました…。

バスを探すため、様子を見ようとリグを回収したとき、ルアーの逃げるアクションにバスが反応し、カバーの中から猛烈にバイトして来ました!


3本目となるこの魚は難なくネットイン!


リミットも揃ったので、残り時間は帰着1時間前に見つけたビッグバスと格闘しましたが、口を使わせることなくタイムオーバー。





結果は、3本・6,198gで悔しい準優勝!





今回もアクティブ・RSトーナメントが大活躍した1戦となりました。

RSトーナメントは棒状になっているため根掛かりしにくく、流木等にアプローチするにはとても使いやすいシンカーです。リザーバーでの釣行には、アクティブ・RSトーナメント(またはリザーバーシンカー)を忘れずに!

 

今年もアクティブが製品大活躍です!

こんにちは、ミラクル谷田です。4月26日(日)に兵庫県・生野銀山湖まで北兵庫チャプター・第2戦のプリプラに行ってきました。

この時期は産卵期ということもあり、バスの産卵場になりそうなエリアを重点的に見て回りました。現在の銀山湖は鵜による被害が大きく、40cm以下のバスが壊滅状態にあります。そのためオスバスも少なく、産卵できないメスが産卵場周辺をウロウロしている状況でした。

この日は、メスバスの居るエリアを見て回る事に専念していたので、ほとんどロッドを振りませんでしたが、終盤になってからチョイと遊んでみると、、、





ズドーンと50up・2kgオーバーをアクティブ・MSトーナメント1/32ozのネコリグで仕留めることが出来ました。





この魚は、エリア周辺をウロウロしていた魚で、エサ場と思われる場所にアプローチを入れ、リグをストンと落とすとすぐに口を使ってくれました。

次に別のパターンを探すべく、浮きゴミカバーの中にアクティブ・BSトーナメント1/2ozアクティブ・シンカーストッパーSで固定したテキサスリグをぶち込んでいくと、、、





ゴミの中をかいくぐり、流木を越えて隙間にねじ込んだリグに生命反応が!!

カバー回りをウロウロしていたナマズと思ってごり巻きすると、出てきたのはお腹プリンのスポーンバス!!





こんな感じでプリプラは良い感じで終えることが出来ました。今年もいよいよトーナメントシーズンが開幕、アクティブ製品でビシバシ釣っていきますよ〜!

 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode